春季学びーば8活動前日、三月二十四日のことになります。

私達学生ボランティアチームは震災から3年が経つという事もあり震災学習プログラムの一環とし岩手県大船渡市の三陸鉄道・南リアス線で運行されていた震災学習列車に乗ってきました。乗車したのは今活動に参加したメンバー、そして鶴見大学副学長の前田先生も乗車されました。

Dsc_0583

マスコットキャラクターのつるみんも一緒に乗車happy01

この時電車につるみんとつるたんのプレートを付けさせていただきましたshine

Dsc_0588

この震災学習列車は四月五日に三年ぶりに運行再開された三陸鉄道・南リアス線の盛駅~吉浜駅間を走ります。運行再開を控えて路線は試験運行車両が走っているのですが、その中に震災学習列車も走り、車窓からの沿岸部を見つつ、その土地での震災時のお話を聞かせていただくというものです。

Dsc_0608

私達が乗った時ガイドしてくれたのは三陸鉄道南リアス線運行部運行部主任をされる熊谷松一さん。

Dsc_0607

初めに今の状況をお話しして頂きました。

復興は進んでいるが未だ瓦礫が撤去できただけで以前はJRが主な交通手段だったが気仙沼線(柳津~気仙沼間)”及び”大船渡線(気仙沼~盛間)”の仮復旧として代わりとなる交通手段がBRT(バス高速輸送システム)なっているそうです。電車と違いバスなので一度に乗れる旅客数は減ったのですが本数が増えているとのこと。

次にお話して頂いたのは太平洋セメントさんが瓦礫撤去をするための設備を作り活動されていると言うお話でした。

石灰石を混ぜて1日の300tのコンクリを作っていて3月には瓦礫撤去が終わるそうです。

まるまる三年かかったことになります。

Dsc_0643

南リアス線の盛駅~吉浜駅間はトンネルが多く14ヶ所もあり7割がトンネルと橋だそうです。このトンネルと橋の復旧には108億円の復旧費用がかかる計算だったのですが青森自衛隊の線路が瓦礫撤去した事により実際は92億円の復旧費用になったそうです。

津波の被害で使えなくなっていた線路を新たに作ろうとしたとき縄文遺跡の貝塚が見つかったため当初の場所より100m離れた所に作る事になりました。

昨年の2月に新車両を3両作るが津波で3両とも壊れてしまいましいた。それを知りクウェートが400万バレルの原油を支援しそれを被災3県で分けました。レトロ列車も含め4両400億円をクウェートの支援で作製することが出来たそうです。

感謝の意味を込めて国旗を車体に入れることを申し出るもわざわざ入れなくていいと言われせめて紋章だけでもと申し出ると紋章を入れることを容認して頂いたので電車の前にクウェートの紋章が入っています。

Dsc_0761

電車には感謝の言葉も入れられてました。

Dsc_0742

綾里についてもお話しして頂きました。綾里では数十年に一度は大津波が来るそうです。そのため誰もが一度は津波を経験するそうです。

綾里に住んでいるおばあさんは3回も経験しているとも言っていました。

綾里の小学校についてのお話も聞きました。綾里小学校では当時子ども達は全員学校に居たのですが駅に集合して山側土手に避難した時ガイドの熊谷さんの長男(6年生)が「寒かった」と言っていたそうです。綾里小学校では「津波」の劇があり(3.11より以前)津波に対する意識が高い子ども達が多い一方で、大人たちの方が意識が低く海を見に行ってしまい被害に遭ってしまう人もいたようです。

Dsc_0712

綾里湾は陸の孤島になる地形のため防潮堤は壊れたままで孤島になる地形ため支援物資が届くのは3日後(3.11より)でした。そのため熊谷さんは3日分の食糧が必要と言っていました。当時はプロパンガスの世帯がほとんどだったためガスは使えたという幸運もあったようです。

特に苦労したのが安否確認、家族で最終避難場所を決めておくべきだと言っていました。

Dsc_0739

小石浜駅についてお話しして頂きました。小石浜駅は傾いた場所にあったため駅は元々ありませんでした。小石浜にはホタテの養殖所があったのですが津波で壊されてしまいましたが、今は8割回復しているそうです。しかし青年会の人が小石浜ブランドのホタテを復活させました。小石浜駅にはホタテの貝殻に復興の願いが書かれています。

Dsc_0758

今は恋し浜と言う駅名になっています。

Dsc_0768ほれい地区では海が近いので家屋が津波、押し波、引き波で壊されることもあるそうです。それでもほれい地区にあった松は津波にあっても生きていました。

ほれい地区では防潮堤の工事をしていて3mだった物のを新たに10mに作り直しました。第二の防潮堤も国から認められお金もでています。

復興が進むことで工場や造船所が稼働するようになっても、設備投資がなかなか出来ないと言っおられました。仕事は多くともそれが落ち着けば以前の仕事量に戻ります。だからこそ軽々に人を雇うことはできないそうです。

被災地では正規雇用する事業者が少ないとは聞いておりましたが、なるほどと思わされるお話です。

Dsc_0816

三陸駅で黙祷をさせていただきました。三陸駅ではアパートや下宿は全て流されてしまったそうです。沿岸部の被害はやはり想像を絶します。

越喜来(オキライ)地区では津波がまっすぐ入ってくるので被害が大きく駅の中まで浸水しました。「そろ」と言う老人施設では50名近くの方が亡くなられ、埼玉から来られた生徒さんも車いすの避難の手伝いをしていたが間に合わなかったそうです。なんとも痛ましいお話で言葉がありませんでした。ご冥福をお祈りします。

Dsc_0931

越喜来地区では今防潮堤の工事をしていて住民の意見で10~14mの高さの防潮堤を作っています。高すぎると湿気がこもってしまいますが、10m以上はないといけないそうです。

地震の影響で地上の地形が変わり海中も同様に変わってしまいました。そのことで潮の流れが速くなり漁に出られなくなる日が増えたそうです。

 どこにも、誰にも震災の今も明確なかたちで影響が残っていると感じます。

よしやて地区のお話もして頂きました。よしやて地区は奇跡の集落と言われていて、流された家が4件で亡くなられた人が1人とまさに奇跡だと思いました。しかしそれにも理由があります。沿岸部なのに何故これほど被害が少ないというと明治に「ここより低いところには家を建ててはいけない」と決められていたそうです。

低い場所は元々農地として使用していたため県道より下には建設しなかったそうです。

先祖の教えを守ったおかげで被害が少なくてすんだ、私たちも地元で言い伝えや経験談を見つめなおす必要があるのでしょう。

Dsc_0938

ちなみに終点の吉浜駅では志村けんさん1日駅長さんをしたとのこと。

志村さんにならって復興願い敬礼confident

Dsc_0949

今まで気仙沼を中心に活動してきましたが、岩手でまた震災を見つめなおし、地元で活かすことを考えなおすことができました。

三陸鉄道南リアス線、北リアス線が運行再開したのは地元の皆さんの大きな喜びだったでしょう。

震災以前の風光明媚な景色は車窓から見える津波の爪痕が残る景色でも想像することができました。いつか美しい三陸の海をまた三陸鉄道から見てみたいと思います。

この度、お世話になりました三陸鉄道の皆様ありがとうございますhappy02

 紙谷

学びーば8 in 大谷、最終日となる四日目。

春季活動は今日で終了となります、四日間という短い活動でしたがそれでもいろいろなこと起きるものです。

00omenkyuu おめんも完成できた子もいれば途中までしかいけなかった子も。

これはおめんがなかなか乾かないというのが最大の原因でした。

事前のリハーサルでやっていたとおりにいかず次回の反省点としねばなりません。

01omenenpitsu それでも完成したおめんはどれもで大人がつくったものよりクオリティが高いsign03

”独創的”とは子どもたちが誰もがもっているものなんじゃないのか、そう思います。

02omenkansei

この完成までいけなかったおめんは次回のイベントで活用できる方法を考えられればと思っています。

04omenyellowneko でもやっぱり完成できなかったおめんも完成品が見てみたかったweep

04omentachi2 今回の学びーば8 in 大谷では六年生もかなり参加してくれています。

六年生というか卒業生ですね。開催期間中には中学校一日体験もあったようです。

それでもそれが終わると学びーばきてくれます。

彼ら彼女らがこの体育館を使うのもこれが最後になるのかな。

でも”学びーば”卒業生にもまた顔をだしてほしいのです。

05taiikukan2 最終日ということで閉校式を開催。

今回、大谷小学校班長が急遽帰らざるを得ない事情があったため閉校式は前代表が取り仕切りさせていただきました。

会場スペースを確保するためのお掃除や机、椅子の片付けも六年生を中心に子どもたち、スタッフ一緒になって短時間で終わらすことができました。

子どもたちに感謝crying

06heikoushiki 畠山校長にも学びーば閉校式にてお話をいただきました。

畠山校長は第四回学びーば、そのころはまだ大谷小学校のみの開催でありました頃に着任されずっと学びーばを見守ってくださいました。鶴見大学にもお越しいただいたことがございます。

07heikoushikikoucyou 残念なことにこの度、校長先生は大谷小学校を離任されることになりました。

前代表は先生の子どもたちへの思いや教職にあるものとしての心構えをお聞きして勇気づけられたことがあると話しておりました。学生のやることで先生方から見れば不備も多かったやもしれません。それでも学生たちへも温かいまなざしで見守ってくださる校長先生です。

畠山校長先生、本当にお世話になりました。先生のご厚情をメンバー一同忘れることなくがんばってまいりたいと思います。

07kyoutousyuzai そして阿部教頭先生も離任されることになりました。

阿部先生は3.11、東日本大震災被災直後の大谷小学校に着任され、これまで実施された八回の学びーばのすべてを見てこられた先生です。

未曾有の大災害にみまわれた小学校にて前代未聞の”学びーば”という支援プログラムを受け入れてくださいました。

子どもたちのことを第一に考え行動する先生です。

他の先生方もですが子どもたちを”信頼”する先生です。

活動日は毎日手作りのおいしい昼食をご用意くださる心の温かい先生です。

大谷小学校の雰囲気、先生方と子どもたちの姿をみていると”信頼”というものが心に浮かびます。

学びーばは長期休みを利用した普段大谷にいないメンバーによるプログラムですから先生方、子どもたちがつくってきた関係がきっと学びーばの”子どもたちの居場所”づくりの大きな基礎となってきたはずなのです。

前代表も阿部先生の叱咤激励を受け嬉しかったと申します。

先生は子どもたちだけでなく、メンバーにも遺産を残されました。

「学校は地域の光にならねばならない」というお言葉は今も胸に残っています。

先生方への尊敬と感謝を胸に学びーばは続けていきたい、そう思います。

08kurikisyoujyou 閉校式ですので皆勤賞も授与happy02

09itousyoujyou アットホームな雰囲気の中、笑顔の授与式でしたgood

10memberaisatsu2 最後には参加メンバーによる子どもたちへご挨拶、子どもたちにも感謝でいっぱいですbearing

閉校式を終えたらしっかりお掃除です。ここは子どもたちの、大谷の住まわれている皆さんの大切な小学校。ボランティアは”来た時より帰った時のほうがきれいに”というボランティアアドバイザーの飯田先生の言葉を実践します。

12zoukingake2

さてここで最終日の思いがけない、嬉しい出来事を紹介させてくださいconfident

掃除をしている際、教室としてお借りしていた図工室が締め切られました。

13kokuban01 (写真撮影は子どもたち)

図工室は六年生が使っていた教室、高学年担当メンバーも班長(代理)も入れてもらえません。

いったい中で何をしているのやらと思っていると、高学年担当メンバー二人が目をつぶったまま黒板側の反対、教室おくまで手を引かれ連れていかれたそうです。

「目を開けてもいいよ」

二人が目を開けると・・・

16kokuban04黒板にはメッセージが書き込まれてありました。

「大谷小6年 ドングリ&しおり 帰んないでくれー、ありがとう!!」

三年前、三年生から学びーばにきてくれていた卒業生よりのサプライズでしたnote

14kokuban02_2(やっぱり写真撮影は子どもたち)

高学年担当メンバー曰く、「反則だcrying

15kokuban03_2

やっぱり子どもたちってすごい!

高学年担当メンバーのひとり伊藤さんは今春大学を卒業。まだ支援プログラムがはっきりしていないときから参加してきた人です。

この活動が被災地に、子どもたちに何かを残せてきたのではないか、そう思えた瞬間でしょう。

17last

これにて『学びーば8 in 大谷小学校』は閉幕です。

最後になりましたが子どもたち、先生方、保護者方々、地域の皆様に深く御礼申し上げます。

多くの方に愛され、必要とされる活動となるべく今後とも一同がんばってまいります。

 石川

学びーば8 in 大谷、三日目。

今日は鹿折小学校での学びーばが午前中だけお休みということで、鹿折メンバーも一緒に大谷へ。代表や鶴見大学メンバーは昨年秋季復興支援物品販売イベントでお世話になったお店にご挨拶に向いました。

久々に大谷小学校の先生方にご挨拶できたメンバーもいたでしょう。

001 今日より東京都市大学の六人の初参加メンバーも大谷小学校にきていますnew

まるっきり心配はしていませんでしたがすんなりと大谷・学びーばの雰囲気に馴染めた様子。

午前中は勉強をする子もいれば引き続き工作イベント「おめん作り」をする子もいるので一挙にいろんな対応が迫られることになったでしょうか。

でもだいじょうぶ子どもたちが学びーばのなんたるかを教えてくれますhappy02

002 ちなみに大谷の子どもたちはそろばんをやっている子も多いです。

そろばん教室の宿題もしっかりやるなんて立派だなと感心。

003 シャンティ国際ボランティア会(SVA)のスタッフも全日程ではありませんが応援にきてくださっています。

長年、大谷地区で生活され地元の事情にも精通されるSVAの方々は大きな助けとなってきました。

004 休憩時間にはピアノを子どもたちと一緒に弾くのは横浜創英大学より参加のメンバー。

大谷・学びーばがもう三回目のメンバーもおります。

古参メンバーも頼りにするすでに学びーばの主力good

004piano 体育館での一コマ。

東京都市大のお兄さんは一緒に遊びながらも子どもたち全体を気にかけていました。

005undou 工作イベント「おめん作り」も引き続き進行中

06_2 材料は数種ですがなかなかに難しい、細かい作業です。

じっこりやっていこうねconfident

06asagyou01おめんがきちんと乾けば軽い材質の紙粘土で顔の部品をつくります。

06b_omen01 おめんが下地が乾いていれば紙粘土をおめんにくっつけることができますが、乾き具合にむらがある子は先に紙粘土で顔のパーツだけを作製してもらいます。

06c_omenbuhin お姉さんと一緒に作るのも楽しいのですflair

07omensagyou06 そろそろ色付けもはじまる子たちも、低学年ははじめて作る子が多いのでこだわりの作品がたくさんsign03

08omensagyou07 色もかたちも子どもたちで全然違います

09omensagyou02 動物だったり、空想上の生き物だったり・・・

10omensagyou03 髪の毛までかぎられた材料で再現していたり、大人にはない自由さを感じますflair

11omensagyou04 おめんじゃなくて紙粘土をつかってこんなカワイイものを作る子もsign03

12chickenhiyoko 古参メンバーのひとり、高学年担当のお兄さんはなぞの作品を六年生からプレゼント(きのこ?)されていましたsmile

13itoukouyou_present その日の学びーばが終われば大谷小学校にてミーティング。

今日の気付いた安全面に関する気付きや子どもたちのこと、初参加メンバーには感想も話してもらいその日のうちに共有をはかります。

14meeting01 ひとりがした経験を団体としての財産としていくために、活動集合直後にこうしたミーティングはとても大事。

15meeting02

今日はとても改善点、反省点が多い一日だったようです。

明日は最終日しかも大谷小学校は午前中に離任式があるため午後だけの開催になります。

最後まで気を抜かないこと、そして何より”笑顔”でhappy02

夕飯は地元支援者のお宅にお呼ばれしております。

その模様は鹿折三日目でご覧下さい。

学びーば8 in 大谷、二日目。

古参メンバーで卒業生の小林君と震災当時二年生だった現五年生たち。

時の流れを感じさせる一枚の写真です。

00

今日も基本的には工作イベント&体育館での運動がメインの日です。

01 今回学びーば初参加のメンバーも二日目は受付を自然とこなしてしまいます。

02

これは子どもたちのほうが受付や名札に慣れてくれているおかげでもあります。

通算八回目、三年目をむかえた学びーばで歴代メンバーがつみあげてきた歴史を感じるところです。

03

中学年教室の朝

「起立、礼! おはようございます!!」

こちらでも初参加メンバーが号令をかけて、学びーばのお約束をみんなで唱和happy01

04

一時間目は学習とおめんの時間。

低学年の教室では横浜創英大学のお姉さんとの穏やかな時間が流れます。

05_5

彼女は今回中学年のリーダーを務めています。

物腰柔らかな雰囲気に、芯の強さも感じさせるそんな人です。

子どもたちからの信頼も厚いリーダーっぷりでありました。

春休みだから宿題はないけれどもしっかり勉強したい子もいます。

お姉さんもわかりやすく教えられるようがんばるよhappy02

06

中学年、高学年教室ではみんな机にむかっていました。

07

絵を書いていたり、おしゃべりしたり・・・誰にとっても居心地の良い空間になっていれば。

08

もちろんおめん作りも引き続きやっています。

実は今回、低中高学年で製作進度にかなりの差が。

09

もちろん完成させなければいけないというわけではないですし、別におめんを作らなければいけないといわけでもない。

学びーばが提案する工作イベントはそんなものです。

子どもたちが満足するところまでやれればそれで良いのです。

午後はお姉さんたちと一緒に体育館へ。

もちろん救急箱も持ってね。

10

子どもたちは運動に夢中!

11

ちなみに今回も初日より大谷小学校の阿部教頭先生にお昼をご馳走になっておりますnote

おこわや三陸産のわかめの味噌汁shine

実は食べるのに夢中で写真を撮っていませんのでお見せできないのが残念。

いつもご馳走様です。

鹿折メンバーにもお土産をいただいてしまったり、先生方のお心遣いにはいつも感謝しておりますcrying

大谷小学校での活動を終え、宿舎としてお借りしてもおります鹿折小学校に戻りますとお客様が。

12

いつも活動の度に差し入れをくださる地元支援者の及川さんでしたconfident

今回も被災地に来るのがはじめてのメンバーがおりますし、東日本大震災の起きた2011年のお話から現在の気仙沼のことまでお話いただきました。

経験豊富なメンバーもおりますが、三年経過してはじめて被災地の土を踏むメンバーいますその意識と知識には差が確かにあります。

そしてどうしても震災の記憶は風化していくものです。

気仙沼で活動していく私たちにとってこうして被災当時のお話、現在の気仙沼のお話を伺い、考えていくことは必要なことなのです。

及川さん、学びーばへのご支援そして貴重なお話をありがとうございます。

13 及川さんと現代表・森 春奈。

鹿折小学校落成式際に贈られたマグカップも頂きました、ありがとうございますconfident

幸せなことに今も学びーばは先生方、保護者の方々、地元の方々そして子どもたちに支えられております。

学びーば8大谷小

3月25日学びーば初日。大谷小学校での学習支援『学びーば』も三年目にはいり通算8回目。

三年経とうときれいな花が手向けられている地元駐在さんの碑に活動するメンバーに黙祷をささげます。

そしてこれからお世話になる大谷小学校の先生方にご挨拶し、子どもたちを迎える準備へ。

 

Dsc_0033

初日ということで開校式から『学びーば』開始です。開校式では初めに畠山校長先生にご挨拶いただきました。校長先生が着任されたとき『学びーば』はすでに四回実施されており、八回目となる今回でこのご挨拶も4回目。いつも私たちを快く受け入れて下さる校長先生ですhappy01

Dsc_0058

今回は普段医療支援でお忙しいボランティアアドバイザーの飯田先生も大谷小学校へいらしてお出ででしたのでご挨拶いただきました。

Dsc_0059

そして今回大谷小学校班長をはじめて務めることになったのが紙谷君。彼は大谷小学校での経験は四回で低中学年を中心の活動をしてきました。緊張もあったでしょうか堂々と挨拶をつとめました。

Dsc_0063

そして忘れてはいけない学びーばのお約束。黒板に書いて子どもたちと一緒に読み上げます。

開校式を終え最初のコマは学習の時間でした。中学年の男の子たちは教材よりも迷路の様な副教材に夢中になっていました。

勉強も大事だけど春休みだから迷路したいよねcatface

“子どもたちの居場所”になっている学びーばはそんな場所。

 

Dsc_0070

3,4時間目にはイベントをしました。今回のイベントは新聞紙と紙粘土でお面を作るという企画。そのお面の土台をつくるが今日の目標。三時間目にちぎった新聞紙片を入れる箱を新聞紙で折って用意します。中学年で箱の折り方を教えたのですが女の子は作り方を知っている子が多いものの、知らない子もおり全体のペースが合わせるのが難しいのです。

それでも子どもたちは勝手に楽しんでいたりします。

新聞紙をちぎる作業ではこどもが人物を切り抜いて友達同士で交換していたりして楽しそうnotes

4時間目は千切った新聞紙を風船に貼る作業でした。薄めた洗濯のりを風船に塗って新聞紙を厚く々貼っていくことでお面の外形ができていきます。貼っていく新聞紙片は曲面をつくるため、均一に貼っていくのに適度な大きさが良いのですが、この作業では男の子達が大きくちぎっていました。これでは完成したときの形が悪くなるので小さくちぎるよう呼びかけ、軌道修正。

うまくできるかなsmile、完成がとても楽しみです。

Dsc_0075_2

5時間目は学習でした。卒業しているのにも関わらず私達の活動に参加してくれ、そして一日中学校体験があるのに来てくれてとても嬉しかったです。本当は学習だったのですが6年生は次の日、一日中学校体験という事もあり6年生が運動したいという事で急遽体育館での運動としました。運動の内容はドッチボールでした。6年生だけでドッチボールをしてとても活き活きとしていて楽しんでいました。

中学校に行っても大谷っ子として元気に楽しくやってほしいものですscissors

Dsc_0204_01

五時間目が終われば学びーばの一日は終了。しっかり挨拶をして子どもたちは学校を後にするわけですが、掃除も手伝ってくれる子どもたちがたくさんいます。

Dsc_0264_01_2

いつもお兄さん、お姉さんは助かってますhappy02

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS