昨日、定例会が行われました。

20110928_1810917_2

 今回の定例会を以て、私たち東日本大震災救援ボランティア対策委員会 学生対策ボランティアチームは、冬季活動に向けて新体制へと移行いたしました。

 写真の4人が新しい体制の代表、事務長、副代表、副事務長です。

 代表と副代表を紹介させていただきます。

 代表の今泉直也(歯学部4年)

Photo_3

 副代表の太田杏奈(歯科衛生科1年)

Photo_4

 この2人に加え、事務長菅沼、副事務長近藤を中心に私たち学生災害ボランティアチームは冬季活動、写真展、シンポジウムに向けて動いてまいりますので、ご支援のほど、よろしくお願い致します。

916日、鶴見大学主催のもと、ボランティアチームの慰労の意をこめた茶話会が開かれました。

ボランティアチームからは30人ほどが参加しました。

たくさんの先生方、関係者の方も参加され、学長先生や各先生方の挨拶のあと歓談となりました。

久しぶりの再会でもあり、懐かしく思いながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

この茶話会を企画してくださった木村学長先生、及び前田副学長先生に深く御礼申し上げます。引き続きご支援を賜れますことを、お願い申し上げます。ありがとうございました。

Photo

このあと、場所を移して活動全体の反省会を開催。

活動報告書の作成や今後の活動の方向性を話し合いました。

Photo_2

反省会は、菅沼副代表のもと執りおこなわれました。

冬期に向かい準備を進めていく中で、たくさんの意見が交わされました。

910日、大本山総持寺の大祖堂にて行われた「東日本大震災 被災物故者追善法要 復興祈願法要」に参加してまいりました。

 法要につづき、福島県宗務所所長 吉岡棟憲老師の特別講演「被災地からのメッセージ」が催されました。

講演にて棟憲老師は、人間は一度亡くなったあと人々に存在を忘れられる二度目の死が起こるというお話をされ、過去の出来事が風化して忘れ去られてしまう事の多い今の時代に、この東日本大震災が忘れられることなく人々の心の中で生き続ける事を願うと参加した方々におっしゃっておられました。

写真は、大祖堂の前にて撮影した山根先生と会計係の丸尾です。Photo_5 

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS