本日も眩しい日差しの中物品販売を行います。

思えば「つるみ臨海フェスティバル」、「紫雲祭」、「つるみ夢ひろば」で行われた物品販売は全て晴れましたsun

今年は晴天に恵まれています!

Dsc_0828復興支援に関する出店がとても多く、仙台の牛タンだったり青森のりんごだったり様々な特産品がありました。

私たちも気仙沼の特産品で存在感を強くアピールです!

Dsc_0839

そんな中、気仙沼でも大変お世話になっている菅原さんご夫婦が私たちのブースに足を運んでくださいました!昨年に引き続き今年の夏期活動2班のときも、バーベキューをする際お庭をご提供してくださったり、気仙沼の美味しいものを食べさせてくださったりしていて、本当にいつも感謝しております。

本日は横浜にご予定があったそうで、同日つるみ夢ひろばが開催されていることをお聞きしてお越しくださったとのことです。遠方よりご足労頂きましてありがとうございました。

Dsc_0834

さて、参道での物品販売をしてみて思ったのですが、同じ参道で行われた文化祭とはまた違った雰囲気を味わうことができました。

それは文化祭と比べ、夢ひろばは様々な年齢層のお客さんが多いということです。参道もお祭りのような賑わいで、沢山の人々がいましたが足を止めてくださる方々も多数いましたhappy01

Dsc_0852

今年の物品販売はこちらで最後となります。

ですからメンバーはいつもよりも大きな声で呼びかけを行います。手作りのホヤぼーやサブレの看板を持って宣伝していると、「ホヤぼーやって知ってる」、「あれはなんだろう、ホヤが入っているの?」と興味を持って話しかけてくださる方が何名もいらっしゃいましたnotes

そしてその興味からご購入してくださる方も沢山いらっしゃいましたsign03

夢ひろば終了後には食品類が完売となりとても嬉しかったですcrying

本日はつるみ夢ひろばにお越しくださってありがとうございました!

気仙沼の物品販売に加えて、本団体の活動支援をお願いすべく募金活動も行わせていただきました。物品をご購入していただき、そして本団体へのご支援ご協力もしていただき大変感謝しております。

そのご支援を励みに気仙沼での活動はもちろん、視野を広げて様々な活動にも取り組み頑張っていこうと思います。

ブログ上ではありますが、いつもいつも皆さまにはお力添えをいただき、心から感謝を申し上げます。

紫雲祭2日目sign01

この日は沢山のメンバーが物品販売に参加してくれましたhappy01

Dsc_0815

昨日に比べて少し肌寒い日中でしたが、それでも参道は今日もたくさんの人々で賑わっています。

紫雲祭実行委員の方々も足を止めてマンボウのストラップに興味を示していました。

可愛いと盛り上がり2匹ご購入winkありがとうございます!

Dsc_0804

ホヤぼーやサブレやマドレーヌなどのお菓子は親子連れに大人気でした。

気仙沼で愛されているホヤぼーやはこちらでも人気ですhappy02

Dsc_0811

しばらくすると参道になんと我が大学マスコットキャラクターのつるみん・つるたんが!

学校中を巡回しているようですが、彼らはどこにいってもアイドルですねhappy01

Dsc_0820

「気仙沼の商品を販売しております!」と声掛けを行っていたら、「私気仙沼出身なの」と声をかけてくださる方もいました。

ホヤぼーやを知っていたり私たちの活動に興味を持って下さったり、最後に「頑張ってね」と言っていただけた時は本当に嬉しかったです。

鶴見の方に気仙沼のことを知っていただけるのも嬉しいことの1つですが、気仙沼出身だったりゆかりのある方からお声を掛けていただけるのも嬉しくて、もっと頑張ろう!という気持ちになります。

楽しんで物品販売を行うことができて、無事文化祭を終えました。

ご来店致しました多くの方々に感謝を申し上げます。

ありがとうございました。次回の物品販売は11/3の「つるみ夢ひろば」です。

こちらも總持寺の参道にて行われますのでお楽しみに!

いよいよ始まりました紫雲祭sign01去年の紫雲祭は悪天候でしたが、今年は晴天sun

無事晴れて良かったです。

Dsc_0752

紫雲祭は今年で50回目でもあり、紫雲祭実行委員の方々も気合が入っていました。

他の部の学生も様々な屋台を立ち上げて接客の準備に取り掛かります。私たちも自分たちのブースの準備を着々と進めていきました。

Dsc_0759

そして完成!shine

Dsc_0764

この紫雲祭で「あんでねっと」さんの商品も新たに追加されたので、机の上には様々な気仙沼の商品が並べられましたhappy01

参道は鶴見大学の学生だけでなく、地元の方もたくさんいらしていて様々な人に気仙沼の商品を紹介することができたと思います。

Dsc03751

教室でも展示を行いました!

メンバーが作った力作の夏期活動報告ポスター&春・夏のイベント展示です。

1班鹿折・大谷↓

P1000008

2班鹿折・大谷↓

P1000010

P1000050(イベント展示) 

さて、ここでわたくし井水と歯学部の山口さんは横浜創英大学まで出張です。

同日横浜創英大学でも文化祭が行われていて、そちらでは気仙沼のコッペパンや私たちのお取り寄せした物品(主にあんでねっとさんの商品)を協力して販売してくれています。

お礼も兼ねて、創英大学の文化祭はどういうものなのか少し見学させていただきました。

Dsc03758

「東日本ボランティア」ブースでは夏期活動の写真がプロジェクターで流されたり、創英大学が担当した夏のイベントの展示、夏期活動報告の手作りポスターなど様々な形で活動の紹介がされていました。

Dsc03761

Dsc03762

そして創英大学をあとにしてまた鶴見大学へと戻ります。

本日は13時から大学会館で福島に関するドキュメンタリー映画も行われるので、参道での物品販売を大学会館に移し、私たちはそこで映画を鑑賞することになりました。

Dsc_0770

(受付のお手伝いをする森さん。)

本日上映される映画は「遺言」というもの。

震災が起きた翌日から約3年間記録をし続け、福島での生活を送る人々のありのままを描いたドキュメンタリー映画です。

こちらの映画、なんと3時間45分という超大作となっており非常に内容の濃いものでした。震災によって被害を受けた方々の本音が詰まったとてもリアルな作品です。

今までに様々なドキュメンタリーを見てきましたが、この映画を見て福島のありのままの現状が直に伝わってきました。とにかく臨場感があって見入ってしまいます。

どんなに過酷な状況下でも生きるためには笑顔で、そこに心を揺さぶられました。強さを知って元気をいただける、そんな映画だと思います。

Dsc_0788

Dsc_0799

会場には監督さんもいらっしゃって、この映画を作った背景や現在の福島の状況、福島の方々に密着取材をして・・・等々興味深いお話をお聞きすることができました。

このような機会を設けてくださった飯田先生に心から感謝を申し上げます。映画上映のご招待をしてくださってありがとうございました。

その後は物品販売を大学会館で再開です。

こちらでも気仙沼グッズの売れ行きは上々でした。ご購入された皆さまありがとうございました!

本日は午前のみ参道での販売ができなかったので、明日は全力で私たちの存在をアピールしていこうと思います。

よろしくお願います。

今年も鶴見区弁天町の入船公園にて「つるみ臨海フェスティバル」に参加させていただきました。

私たちは模擬店で気仙沼の物品販売を行います。

取り扱わせていただく商品は、「いさみや」さんのホヤぼーやサブレとマドレーヌ、そして新商品に潮騒サブレ、なんとサブレの中にワカメが練り込まれています!

「ギャラリー縁」さんのブックカバーやランチバック、ビン玉ストラップ等の小物品、そしてこちらも新商品のヘアゴムも入荷されましたsign03

最近は寒い日が続いていましたが、この日は晴天に恵まれてとても暖かい気温で、臨海フェスティバルに足を運ぶ方々も多かったと思いますhappy01

Dsc_0687

去年に続き今年も横浜創英大学のメンバーが物品販売に参加してくれましたsign03

朝早くからありがとうございます!

Dsc_0713

時折、通りがかるお客さんに「私去年もここでホヤぼーやサブレ買ったのよ」とお声掛けしてくださる方がいらっしゃって嬉しかったです。去年の気仙沼物品販売を覚えていてくださったとはcrying

じっくりと鶴見区に私たちの活動が馴染んできていて、このような時にやりがいを感じます。

Dsc_0729

メンバーの頑張りもあって、久々の物品販売でありながらもこの日は沢山売ることができました。

物品販売を通してつるみ臨海フェスティバルに参加された皆様には、少しでも気仙沼のことを知っていただけたらなと思います。

Dsc_0686

商品をご購入してくださった皆さまありがとうございました!

次回の物品販売は、我が鶴見大学の文化祭「紫雲祭」にて販売させていただきます。

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS