天気にも恵まれた4月28日。
国際展示場駅を降りると結構な人の波が会場となっている東京ビックサイトへと列が連なっております。
Dsc_0006
それもそのはず、28日がビックサイトで開催されている東京ホビーショーの最終日。
気仙沼でお世話になった『あんでんねっと』さんがブースを設けられ、復興アクリルたわしを販売されておられるとのことなので報告会でのチャリティ販売用のアクリルたわしの仕入れも兼ね、ご挨拶に伺うことにしたのです。
Dsc_0058
メンバーの中には春季の活動で大谷の『あんでねっと』のお手伝いに参加した者もおり、東京まで販売に来られている『あんでねっと』の方々にお会いできるのを楽しみしていたのですが、さて”再会”は叶うのか。
Dsc_0008

Dsc_0062
ブースにたどり着くと盛況の模様。
それぞれの町のシンボル、あんでねっと@山田町で作られた「山田町のホタテ」、あんでねっと@小本で作られた「イカした小本」、 あんでねっと@大谷「大谷のマンボウ」がお出迎え。

Dsc_0179
今回の東京ビックサイトでの販売では、「大谷の海の仲間たち ストラップ」も出品されてます。
写真はホヤですが他にもクラゲ、ウニ、マンボウと色とりどりのなんともユニークな代物が。
手作りの作品だけに一つずつが微妙に表情が違うのです。

Dsc_0088
ブースではお手伝いする埼玉から来た小学生もsign01
大人顔負けの売り子っぷりsign03
丁寧に説明してくれてありがとうhappy02

Dsc_0116
”再会”のほうも果たせました。
春季活動で『あんでねっと』のお手伝いに参加したメンバーは特に嬉しかったようです。
お手伝いの際に仲良くしていただいて、こうして東京ビックサイトでお会いできた・・・なにか人と人とのつながりを感じました。

Dsc_0122

現地にてお世話になっているSVA(シャンティ国際ボランティア団体)の職員の方も応援にこられており、事前にSVAのほうより『あんでねっと』事務局ご連絡いただいていたお陰でストラップも購入することができました。
Dsc_0085
ものによってはもうすでに売れ切れていたものも。
それもそのはずアクリルたわし、ストラップともに精魂込めてつくられた、すべて一点物sign01
報告会では仕入れたアクリルたわし、ストラップをチャリティ販売いたしますので楽しみにしていてください。

Dsc_0114
『あんでねっと』の皆様、気仙沼での縁が再会につながり大変嬉しかったですhappy01
今後ともよろしくお願いいたしますsign03

広報・石川 達哉

今回の春季活動ではシャンティ国際ボランティア会(SVA)さんのご紹介で、地元方々が被災された方々のコミュニティ、ネットワーク支援を目的して活動されている『あんでねっと』のお手伝いに参加させていただきました。
『あんでねっと』ではアクリルたわしを作り売ることで、集会所の活動資金にあてています。
Cimg0653

参加したメンバーがお手伝いさせていただいたのは袋詰め作業でしたが、アクリルたわしをひとつ編むのに慣れている方で1時間半程もかかるそうです。
商品ですからもちろん納期もあり、大変な作業です。
ですが、いきいきと楽しげに作業されておられました。
Cimg0657
大事に編んだものですから愛おしく思えてくるとお話されており、買ってくれる人のことを考えて丁寧に袋詰めもされておられました。
大谷の『あんでねっと』で作られているアクリルたわしは本吉町のシンボルの魚であるマンボウをモチーフにつくられた「大谷のマンボウ」です。
ちなみに本吉ではマンボウは共和えでいただくそうです。

「大谷のマンボウ」は東京ビックサイトにて4/26~28まで開催されている日本ホビーショーのチャリティ企画にて展示販売されるようですので、行かれる方はブースに足を運んでみてください。
Cimg0656
『あんでねっと』の皆様お世話になりましたsign03


S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS