遅くなりましたが、3月に行いました活動を書かせていただきたいと思います。

いよいよ始まりました、春期学びーば!今期の活動は鹿折小学校のみで2日間の活動となりました。

鶴見大学・横浜創英大学・東京都市大学の3大学で行い、各大学から初参加のメンバーも加わり活動参加者はなんと約40名!今までは2校開催だったので人が分散して1校10~20名ほどの学生でありましたが、今回は1校に40名ほどの人間が集まり活動を行うのでまた一味違う学びーばを堪能することができました。

初日は移動日です!鶴見はいつも通り車での移動となりますが、早朝にも関わらずOBの方や学生が見送りに来てくれましたcryingありがとうございます!

今代表の井水を筆頭にみな気合を入れて活動に臨みます!頑張ります!

P1050149

今回の宿泊場所は鹿折小学校ではありません。地元の方のご協力あって、鹿折小学校から車で5分・歩いて15分ほど離れたところにある宿舎をお借りいたしました。

活動における宿泊所の確保というのは困難なものなのですが、私たちの活動にいつもお手を貸してくださり今回も快く宿泊所を提供してくださった菅原さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

この場をお借りして御礼申し上げます。

大人数での宿泊だというのに、広くきれいなお部屋をお貸しいただきありがとうございましたconfident

おかげで皆元気よく学びーばに臨むことができて、活動中体調を崩す学生は出ませんでしたsign01

鶴見組が一番最初に到着し、荷物の整理を行います!ただ、新しい環境での初作業ですからたくさんの戸惑いもありましたcoldsweats01

しかし皆で協力し合って作業分担して行えばあっという間です!とても助かりましたconfident

そこへ前日現地入りしていらっしゃった飯田先生・大房先生がご挨拶に宿舎へ訪れ、到着したメンバーに活動へ対する活を入れてくださりました。飯田先生のお言葉に気が引き締まります。

P1050209

その後他大学の方々と合流し、早速ミーティングです。安全対策や明日のイベントについて改めてしっかり話し合い、皆がみんなきちんと認知できているよう入念に行いました。

Dsc_0007

明日はいよいよ鹿折小学校での学びーばです。

今回は初参加のメンバーも多いので、下準備が何よりも大切になると思っております。焦らず、慎重に・・・頭では分かっていてもいざ実戦に立ってみると、想像を絶する困難や決断が待ち構えていました。

それでも色々な人の支えあってここまで来たのですから、絶対成功を胸に秘めて活動を行いました。

後方支援で手を貸してくれた学生、鶴見から気仙沼まで運転してくれたドライバー、OGOBの方々からのご声援、先生方のご協力…出発までにかけて色々な方の手助けあっての活動が成り立っていますから、それが私の気持ちを奮い立たせられました。そうやって短くも濃い学びーばを乗り越えてきましたので、ぜひこの先のブログでご覧くださいませ。

代表・井水


今期の活動は鹿折小学校のみで2日間の活動となりました。

Dsc_0035

わかくさホールで朝のミーティングを終え児童に配る名札や飲料の準備をしていると、リュックサックを背負い水筒をぶらさげた児童が1人2人と次々に「おはよう!」と挨拶しながら登校!

ですが実はこの時期にはインフルエンザが流行していて2年生が学級閉鎖でした。そのため今回は念には念をと学生メンバーも児童と接する際にはマスクを着用し、登校してきた児童にも配布することとなりました。学年閉鎖の2年生は学びーばにも参加することができず、「嫌だ、学びーば行きたい」という声が多かったと小学校の藤村校長先生も仰っていました。私自身も昨年の夏に会った児童と会えなくて残念でした......

8時45分にはほとんどの児童が集まり、9時からいよいよ学びーばが始まりました!まずはじめに今回のリーダー井水さんからのお話し!

Dsc_0137

「私のこと覚えている人~」と問いかけるとほとんどの児童が大きく腕をあげていましたいました!さすがリーダーです!私自身、その光景が物凄く羨ましかったです!

続いて毎回お馴染み学びーばのお約束を全員で唱える時!やっと児童の前に立てるんだとわくわくしながら登場しみんなと大きな声でお約束を確認しました!

Dsc_0148

1日目の学びーばは2時間目に学習をし、3時間目と4時間目にイベント(低学年は野菜スタンプでお手紙、高学年はガラクタUFO作り)で5時間目に学習という流れです。学習の時間は春休みの自由課題に取り組む児童が多く、漢字の書き取りや算数や理科と様々な勉強をしていました。毎回学習中に児童が立ち歩いたりすることはなく勉強しているのですが、今回は更に集中力が増していて、前回よりもよりスムーズに進み学生一同驚いていました!

そして3時間目はイベントです!UFOを作ろうを担当したのは今年大学を卒業する井水さん!彼女自身「最後の学びーばになってしまうかもしれないので悔いなくやり遂げたい」と言っていました。野菜スタンプでお手紙は島村さんが中心となって行いました。

まずはUFOを作ろうについてです。

この工作はペットボトルのふたやストロー、洗濯バサミ、ビーズなどなど普段は組み合わせないようなものたちを組み合わせ、銀色のスプレーでコーティングするというものです。

Dsc_0410

6人一組のテーブルにUFOの土台となる紙皿と発泡スチロールと装飾用の材料を配って

いよいよお待ちかねの工作の時間です。

Dsc_0454

装飾は自由なのでみんないろいろなものをくっつけて楽しんでいました。

Dsc_0482

Dsc_0478

使うものはほとんど同じなのにどれもこれも創造力あふれるものばかりでただただ私たち学生は驚いていました。(一緒に学生も作りましたが全然面白くないものができたのでここには掲載しません)

装飾が終わった子から最後の仕上げコーティングです。この工程は学生が手伝いながら行いました。そして乾かして出来上がったものがこちらです。

Img_1077

Dsc_0741

どの作品もカッコよくできて子どもたちもうれしそうでした。いつもはごみにしてしまうものも見方を変えれば楽しめるものになりました!

次に野菜スタンプでお手紙のイベントについて。これはにんじん・ピーマン・オクラ・レンコン・ほうれん草を使いハガキにスタンプをして日頃の感謝を伝えたい人へ送ろうというイベントです。当日、準備の際に児童たちが積極的に「お姉ちゃん手伝うことない?」と声を掛けてくれたので、絵具をトレーの出してもらうのを手伝ってもらいました!

今回は赤・青・黄・緑の4色を使いました。

Dscn2942

初めに宛名を書くのですが、事前にイベントの告知をしていたので、自分の住所と送る先の住所を調べている児童もいれば郵便番号だけが分からない子もいました。そこで、学生が事前に学区の〒を調べていたのですぐに対応する事ができました。

Dscn2961

いよいよハガキにスタンプを押します。1グループ6人程度なので仲良く野菜スタンプを譲り合いながら楽しそうにスタンプしていました!色が4色だったので、スタンプしているうちに「紫をつくりたい」「黄緑にしたい」とどんどん色を重ねていって児童たちがアイディアを出しながら作っていました。他にも1つの野菜だけでスタンプしたりと私たちでは思いつかないようなことをしている児童をみることができて「やはり児童の想像力は凄い......」とイベント担当者の1人である神澤さんが言っていました。

Dscn2963

ハガキができあがったあとは1グループみんなで画用紙にスタンプしました。学生も参加してスタンプしていたのでより楽しそうにアイディアをだしながらスタンプしていました!お昼をはさみ午後はハガキにメッセージを書く時間でした。何を書くか悩んでいる児童もいましたが、学生がサポートしながら書いていました!

ハガキが終わったあとは藤村校長先生が今年度でご退職されるので、校長先生へのメッセージも書いてもらいました!児童が書いてくれたメッセージは学生がかわいいアルバムにしました!そしてメッセージを書き終えたところで......みんなでレクリエーションをしました!友達のハガキを持って、話さずに自分のハガキを渡すゲームです。レクのルールを聞いて、やりたい気持ちが大きくなったせいか目がキラキラしてみえました!レクが始まり、「1人か2人友達同士で話し始める子がいるだろうな」と思っていましたが誰1人として話す子はいませんでした!みんなルールを守って楽しそうにレクをしていました!

Dsc_0638

その日の活動が終わった頃......島村さんが小学校の近くにある鹿折郵便局へ児童たちのハガキを出しに行きました。郵便局の方も児童たちのハガキをみて「凄い!!」と驚いていました!児童たちが書いたハガキには鹿折郵便局限定の日付印をおして送って頂きました!スタンプを作っている間、「お母さんに送るんだ!」「お友達に送るんだ!」と明るく元気な声が飛び交っていて、児童も「おもしろい!」「もっとスタンプおしたい」と食いついてくれていたので私たち学生側も様々なことを感じて成長できたと思いました。

そして5時間目の学習も大きなトラブルが起きることなく終わり、児童が下校する際に「また明日ね!」「ばいばい!」と児童と言葉を交わし無事に1日目の学びーばを終えました!

明日が最後ですが気を引き締めて活動したいと思います。

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS