活動最終日は、1.2時間目にイベント『傘袋ロケットを飛ばそう!』を行いました。

体育館に全学年が集結し、個性あふれる色とりどりなロケットを子どもたちと一緒に作りました!

Dsc02028

熱中症にならないよう、扇風機を設置し、こまめに水分補給の時間をとることを忘れずにイベントを進めました。

ロケットの柄にこだわる子どもたちもいれば、ロケットの羽の部分を工夫する子どもたちもいて、みんなが一生懸命にロケットを作る姿勢がとても輝いていました。

自分でつくったロケットを、点数が書かれている的めがけて投げる子どもたちの笑顔は、イベントをやって良かったと心から感じることのできるものでした。

飛ばす時間になると夢中でロケットを飛ばす子や2個目のロケット制作に夢中な子供たちもいました。低学年を中心に持ち帰って遊びたいという声も多くあり、怪我なく無事終えることができて、本当に良かったと思います。

Dsc02120

先生や学生を含めた皆さんの協力のもと、イベントを成功させることができました!

 

3時間目には閉校式を行いました。

今回の活動で学生をまとめた班長、学びーばの活動をいつも献身的に支援してくださっている大蔵先生、鹿折小学校の校長先生からのお言葉をいただき、皆勤賞の授与などを行いました。

活動中に校長先生から頂いたお言葉に「鹿折小学校の子ども達の人生に関与してくれてありがとうございました」というものがありました。

この学びーばの活動は、小学校の子どもたちや活動に参加してくれている学生を含めて、人を育てる活動だと思います。

この学びーばという活動があることによって、学生や子ども達がお互いに影響しあい、このような貴重な経験を通して大いに成長を感じてくれていることでしょう。

この活動がそのような場所であることをとてもうれしく思いました。

Dsc02195_2

学校を出る前には、鹿折小学校を使わせてもらったすべての人たちで学校の大掃除を行いました。

このボランティアチームのモットーとして、お借りした時以上に綺麗にしてお返しするというものがあります。

その心を持って学生一同、真剣に掃除をさせていただきました。

最後に日直の先生に見回りをしていただいた時には、「こんなに綺麗にしていただいてありがとう!」とのお言葉も頂きました。

 

午後は震災学習を行いました。

ガイドさんに、気仙沼の各地を案内していただき、要所要所で震災当時や震災直後のお話をしていただきました。

Dsc02217

中には、当時のことをとても切実に語ってくださる場面もありその語り手の上手さから、涙を流す学生の姿も見られました。

最近では、こういった語り手さんが震災直後と比べてどんどんと少なくなってきているそうです。

自分の目で現地を見て、感じたことを周囲の人に伝えるということが「当時のことを忘れない」ということにつながるのかなと思いました。

 

最後に、震災から五年たった現在でもこのような活動ができることに心から感謝します。

それもこれもすべて、いままでこの学びーばを作り上げてきてくれた全ての人の想い、支援のおかげであると思います。

いままでに積み上げてきたこの素晴らしい活動が、これからもっともっと盛り上がり、鹿折小学校や大谷小学校の子どもたちと僕達学生をつなぎとめてくれることを期待して、これからも活動を続けていきたいと思います。

 

岸康祐

8月18日は台風も去り活動をすることができました。そして子ども達に会うことができました。

開校式では鶴見大学の大藏先生、班長の岸康祐、また鹿折小学校の教頭先生である村上先生からの話をいただき、鹿折小学校での夏の学びーばが開校されました。

 

Dsc01758

今回の活動では、「学びーばの冒険」という企画を取り入れました。

「学びーばの冒険」とは、学習をするごとにマスを進めることができるというすごろくのようなものです。

Dsc01769

子どもたちは、学校の宿題やこちらが準備した教材などを積極的に取り組んでいるように感じました。

Dsc01782

四時間連続の学習というでこと不安もありましたが、鹿折小学校の子どもは学年問わずとても集中しており、学生一同驚くとともに関心いたしました。この「学びーばの冒険」が積極性や集中力に繋がっていればと思います。

 

Dsc01818

最後の五時間目では各学年ごとにレクを行いました。

低学年では聖徳太子ゲーム、中学年では連想ゲーム、高学年では人間知恵の輪をしました。

子どもたちは長い時間、勉強に集中していたこともあってか、レクを楽しんでくれていたように感じました。

鹿折小学校の子どもは、集中するときはする、楽しむときは楽しむといったメリハリを持っていると強く感じました。

活動は、前日に時間をかけ内容を練れたこともあり、余裕を持ちながら子どもと接することが出来ました。

また、安全はもちろん熱中症にも気をつけながら、活動をしました。

その結果、大きな怪我もなく、体調を崩した児童も少ないまま、活動を終えることができ、本当に良かったです。

 

 

最後に、鹿折小学校の教員の方々から児童のみなさん、子どもたちを参加させていただいた保護者の方々、宿泊先の提供して下さった菅原さん、お世話になった全ての人に感謝しています。

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。

 

活動1日目は、台風の直撃により異例となる活動中止となりました。

 

そこで、午前中は活動拠点としてお借りしている菅原友子さん宅で安全面での確認や担当学年ごとに分かれての打ち合わせを行いました。

Dsc01697

初参加の学生が多い中でミーティングに時間をあてられたのはとても良かったと思います。

 

午後は天候も良くなり、全員で海の市の二階にあるシャークミュージアムに足を運びました。

Dsc01688

施設名からしてサメの生態についてのみの施設かと思いましたが、入ってみると震災についての展示が多くあり、シアタールームでのVTRはテレビでは中々見られないようなもので、とても考えさせられるものでした。

熊本地震もあり、東日本大震災には中々スポットが当てられなくなってきていますが、起きたことはどれだけ時間が経っても変わるものではありません。

どんなことが起きたのかを自分の目や耳で知っておくことが大事だと思います。

 

明日からはいよいよ小学校での活動です。

様々な思いを胸に、善処していきたい思います。

 

近藤拓朗

 

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS