本日、これまで何回かにわたり告知をさせていただいていたボランティア夏季活動報告会が行われました。
 多くの方に来ていただけるはこびとなり、予想以上の盛況で、来場して下さった方、我々の団体に関係した全ての方々に感謝いたします。

 来場して下さった方々の中にも、我々の団体がどういう活動を行ってきたのか、今まで口コミで説明していても、伝わらなかったような事を「メンバーの発表スピーチを聞いて、興味を持った。」とおっしゃって下さった来場者の方がいらっしゃいました。

 また質問で、「ボランティア団体が被災地で迷惑をおかけしたりしてないだろうか?」といった質問の際に、ゲストの大谷小学校の阿部教頭先生から私たちの団体に謝意を述べて下さった一幕もあり、もともと今日のシンポジウムは私たちの団体にとってとても大きな行事だったのですが、さらに団体として、かけがえのない一日になったと思います。
 冬季活動に向けても、大きく前進したと思います。

 学生ボランティアチームはまだ発足したばかりです。
 これからも被災地での学習支援を中心に、邁進してまいりたいと考えております。
 よろしくお願いいたします!

 またお話しいただいた、大谷小学校の阿部教頭先生、シャンティ国際ボランティア会気仙沼事務所緊急救援担当の東さやか様、神戸常磐大学短期大学部の足立了平様、本当にありがとうございました。改めて謝辞申し上げます。


Dsc_0171


S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS