3月17日午後、本学キャンパスにおいて春のオープンキャンパスが開催されました。本学科では田辺教授による情報学コースの模擬授業が行われました。そのせいか個別相談でも情報学のレベルやコンピュータ操作に関する質問が多かったです。一年生でのスタートラインでは皆同じです。いきなり難しい課題が出てくるわけではないので安心して受験してくださいね。本学科の学生に貸与されているノートパソコンも展示して、在学生や実習技術員(本学科にはパソコン活用の補助のために2名の実習技術員が配置されています)からタイピング練習用ソフトの紹介などを行いました。

 書誌学コースの展示として古典籍(明治時代以前の古い書物)を展示していたところ、本学マスコットキャラクターのつるみんが遊びに来てくれました!

Photo

 3月12日、2018年度特別実習Ⅱで台湾研修に参加した学生15名の帰国後の成果報告会が学内で開催されました。既に本ブログで滞在中の活動記録は報告されていますが、今回の報告会では主に9日間に訪問した8種類の図書館の中から、特に印象的だった図書館について、その機能やサービス、日本の図書館との違いなどについてグループごとに発表を行いました。

 しかし、参加学生は全員1、2年生なので、実は日本の図書館についてもまだまだ勉強中の身です。彼の国の図書館の姿を見て、あらためて日本ではどうなっているのか、自分の知識と経験の不足に気づいた人も多かったことでしょう。異文化に身を置くことの価値はまさにそういうとところにあるのかもしれません。 

 図書館訪問以外でも、今回研修を受け入れてくださった台湾世新大学の学生さんとの交流、教職員のみなさんのご指導とご支援、街中で触れ合った台湾の方々の心の温かさや親日的な態度を印象的に受けとめた学生も多かったように思います。また、たまたま目にした台湾のゴミ収集の仕組みに関心を持って調べてみたり、図書館施設・デザインについての自分なりの気づきや発見を得たりと、それぞれにとって、視野を拡げ、これからの大学生活の中でさらに学ぶべき針路を定める機会となったのではないかと思います。

Taiwan_presen201903