科学の本は好きですか?児童書の売上げでも、科学の本は全体の売り上げのほんの数パーセントだそうです。物語の本とはまったく異なる科学の本の読み方、習ったことありますか?実は科学の本はそのまま読むだけでは知識をなぞるだけに終わってしまい面白くないこともあります。科学の本には科学の本の楽しみかたがあるのです。

 2017年12月20日の「読書と豊かな人間性」(ドキュメンテーション学科開講・学校図書館司書教諭資格科目)では、「理科読」(科学の本の読み聞かせと科学遊びを組み合わせて、科学の本を楽しみながらより深く理解するためのアプローチ)を体験しました。

 ゲストティーチャーとして出前授業をしてくださったのは、NPO法人ガリレオ工房の土井美香子さん。「理科読」を広めようと全国各地の学校や図書館を飛びまわり実践を重ねていらっしゃいます。

 本日のテーマは「水」。空気と同じように我々人類にはなくてはならない存在ですが、身近にあって気付かない水の不思議や特性に、教室でもできる簡単な遊びで迫ります。

Rikadoku01

普通の教室や図書館でも実施可能な科学遊びを通して不思議の世界に迫ります!

Rikadoku03_4

バラの花びらや、新聞紙、折り紙、ガムテープ、クッキングシート、クリアファイル、ガラスプレートなど、異なる素材の上に水滴を落としたらどうなるでしょうか?

Rikadoku02

実験の後は、水に関する絵本の読み聞かせです。小学校低学年向けの絵本にしておくのはもったいないような、奥深い科学の情報が詰まっていました。目の前で起こった科学の現象を、ことばで確認することで、知識として定着することをねらいとしています。

2018年度からはドキュメンテーション学科専門科目「児童サービス論」(司書資格科目)で実施予定です。どうぞお楽しみに!(ドキュメンテーション学科・教授・河西由美子)

参考文献:

滝川洋二編「理科読をはじめよう 子どものふしぎ心を育てる12のカギ」岩波書店 2010年

アンヌ・クロザ さく/こだま しおり やく「みずたまのたび」西村書店 2015年

 

(この記事は,本来22日に投稿すべきものでした.)

20日月曜日に引き続きまして,11/22(水)5限に,安里先生と同じハワイ大学コンピュータ情報科学部図書館情報学科に所属されているウェルトハイマー先生に公開授業を行っていただきました.授業のタイトルは「図書館と偽ニュース」.主な聴講者は,ドキュメンテーション学科の2年生です.ウェルトハイマー先生はかなり日本語もおわかりになりますが,講義は英語で行われました.あらかじめいただいていた原稿にもとづいて,学科教員が日本語での要約を述べる形で授業は進みました.

20171122

講義は,トランプ大統領の「真実」に対する奇妙な考え方が,図書館にどのような脅威をもたらすか,というところから始まりました.そして,市場原理により真実に到達できるという考え方への疑問を,ホロコーストの事例を引きつつ話されました.「図書館・図書館員がホロコーストを阻止することができた,というと楽観的に過ぎようが,それでも私はそのような力があると信じている.」 プロパガンダや世の風潮のようなものへの対応をめぐり,第2次世界大戦後に真剣な検討が行われたドイツと,そうではなかった米国を対比した上で,今後もこの分野における研究の深化が必要であると締めくくられました.

学生も含めた活発な質疑応答に引き続いて,記念館食堂の特別室で,交流会が行われました.参加したのは,講義を終えたばかりのウェルトハイマー先生,安里先生と,授業を受けた学生の希望者,および学科教員数名です.和やかな雰囲気で自由に意見交換をしました.安里先生は,「普段指導している大学院生はおじさん・おばさんばかりなので,若い学部学生と話す機会は貴重です」とおっしゃりながら,1時間中ずっと学生達とさまざまなお話しをされていました.ウェルトハイマー先生も,日本語もまじえつつ学生と会話してくださいました.両先生にあらためて御礼を申し上げたいと思います.

文学部国際交流委員会の交流事業の一環として,ドキュメンテーション学科では毎年海外から第一線の研究者をお招きしています.その際,公開授業の実施をお願いしています.主な対象は当学科の学生です.

今年は,ハワイ大学コンピュータ情報科学部図書館情報学科から,安里のり子先生とアンドリュー・ウェルトハイマー先生をお呼びしました.(公式には安里先生をお呼びしたのですが,両先生のご厚意で,たまたま同時期に海外出張をするご予定だったウェルトハイマー先生も同行して授業をしてくださることになりました.安里先生,ウェルトハイマー先生,どうもありがとうございます.)

今日は,5限の時間に,安里先生に「図書館員と知的自由」というタイトルで授業をしていただきました.主に聴講したのは当学科1年生のみなさんです.

Dsc_0007

授業では,アメリカで,図書館における知的自由という概念がどのように発展し,根付いてきたか.また,この美しい概念が,現実からどのような挑戦を受け,図書館員達がどのように対処してきたか,をお話しいただきました.ある概念の発展を,理解し易く説明していくのは簡単ではないと思うのですが,安里先生のお話は論点が整理され,しかも印象に残る出来事をキーとして話が展開していきました.図書館学が専門ではなく,不案内な筆者にもわかりやすく,とてもおもしろく聞かせてもらいました.

明後日11/22(水) 5限には,ウェルトハイマー先生による「図書館と偽情報」の授業が予定されています.こちらも楽しみです.

 本日11月7日よりパシフィコ横浜で、日本最大級の図書館関連展示会第19回図書館総合展が開催されています。本学科では、前期より本ブログでも数回ご紹介させていただいておりますヨコハマトリエンナーレ2017関連展示に関わる「特別実習Ⅰ」の成果報告のポスター発表を行っております。学生たちは昨日夕方から会場で展示の準備作業を行いました。

本学科を志望してくださる受験生の皆さんの中には、近年「本に関わる仕事がしたい」という思いを持つ方が増えています。「図書館総合展」の会場では、図書館、出版社、新聞社、IT関連企業のほか、図書館備品(保存用のフィルムなど)や書棚等の家具のメーカー、地方自治体やNPOに至るまで、「本に関わる業種ってこんなに多いのか!」と感嘆するほど多様な展示やフォーラムに接することができます。日本で唯一の図書館展示会が、本学の地元横浜で毎年開催されることは、学生たちの就職活動上も恰好の情報収集の機会であり、自らのキャリアを考える上で大きな刺激にもなっているようです。入場無料で事前申し込みも不要です。ぜひ会場で本学科の展示をご覧になってください。

Pict1

Pict3



ひとつ前のブログ記事で、ヨコハマトリエンナーレ2017関連展示「ひろがる源氏 つながる古地図」という、前期と後期、2回に分けた貴重書展をご紹介しました。

このうち、とくに「ひろがる源氏」に関しては、本学科の専門科目「特別実習Ⅰ」を履修している3年生が、展示資料の準備や調査、解説執筆などを行っています。

また、日時によっては、学生たちが、展示会場で、口頭でのご案内や、解説を行っていることもあります。

事前授業の様子は、例えばこちらのようでした。

09

10

11

12

13

学科の専門科目として、このような授業内容にすることができましたのは、ひとえに、ヨコハマトリエンナーレ2017主催者の皆さまと、横浜美術館の皆様、同美術情報センターの皆さまから、多大なご理解、ご尽力をいただくことができたからです。

ご関係の皆さまに、心より御礼申し上げます。

学生たちが頑張って、一生懸命に取り組んだ展示です。ぜひ展示会場の、横浜美術館美術情報センターに足をお運びいただき、ご覧いただけましたら幸いです。

14

また、先ほども触れましたように、日時によっては、解説担当の学生が待機している場合があります。

学生は、スタッフ用のIDカードを身に付けていますので、見かけましたら、お気軽にお声がけの上、ぜひ質問攻めに(^^)していただければ、とも思っています。

それがまた、学生にとっての、恰好の勉強の機会にもなりますので。

ちなみにこちらは、展示品の解説のために、学生が作成した複製品です。豆本の出来映えも、なかなかです(学生が待機している時のみ、ご覧いただけます)。

15

ともあれ、重ねて、どうぞよろしくお願いします!^^

16

こんにちは。

ブログでのご案内が遅くなってしまいましたが、現在、

ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス

の関連企画として、

鶴見大学×横浜美術館美術情報センター「ひろがる源氏 つながる古地図」

という貴重書の展示を行っています。

01 詳しくは、上のリンク先をご覧いただければと思いますが、「ひろがる源氏」が前期の展示で、ただいま開催中9月13日(水)までとなっています。

一方「つながる古地図」が後期の展示で、9月15日(金)から11月5日(日)までの開催予定です。

展示会場は、横浜美術館内の、美術情報センターの閲覧室です。

02

03 今回の展示は、鶴見大学図書館が収蔵している、和・漢・洋たくさんの貴重書群のうち、源氏物語に関する古典籍(こてんせき)類と、16世紀以降に制作された古地図とを、前後2期に分けながら展示するものです。 

さて、その展示の様子を、少しだけですが、画像でご紹介してみたいと思います。

04

05

源氏物語の貴重書展…?何だかちょっと、むずかしそうな、と思われる方も、あるいはおられるかもしれません。

でも、くずし字で書かれた、文字だらけの本ばかりでなく、このように、

06_2

07

08 カラフルだったりユニークだったりと、眼でみるだけでも十分に面白いものを、画像のように、多数展示していますので、どなたでもお楽しみいただけるのでは、と思っています。 

暑い盛りではありますが、横浜美術館美術情報センターまで、ぜひお越しいただければ幸いです^^

お久しぶりです。ドキュメンテーション学科 情報学コース元木です。

高校生・受験生の皆さんは、この夏をいかがお過ごしでしょうか。 鶴見大学は、オープンキャンパスでも皆さんをお待ちしています!

8月6日(日)は、好天に恵まれ、オープンキャンパスにたくさんの方にご来場いただきました。 ありがとうございました。

今回もドキュメンテーション学科に関する学科説明模擬授業などは、図書館 book で実施しました。 4年間の学びを確認したり、3つのコース(図書館学コース、書誌学コース、情報学コース)を理解したりできたのではないでしょうか。

Img_3316_compressed

学科説明は、在学生3年のOさんと2年のBさんが頑張ってくれました。

Img_3340_compressed

参加された高校生・受験生の皆さんは、いつも驚いています。 ですが、皆さんが入学した後、自由に使うことが出来る訳ですから、もっと驚きですね!

模擬授業は、図書館学コース河西教授「読書へのアニマシオン体験講座」というタイトルで、スペイン発の読解力育成メソッドについてお話ししつつ、来学者の皆さんに実際に体験していただきました。

Img_3326_compressed

そして、展示では、見て触れることができる、何百年も前の書物を、たくさん並べています。

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!


平成29年 8月26日(土)10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日)13:00~

全学科同時開催 申込不要

次のオープンキャンパスで、高校生や受験生の皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

こんにちは。暑いですね。

ご報告が少し遅くなってしまいましたが、7月23日(日)午前10時から、鶴見大学の第3回オープンキャンパスを開催しました。

本学科では、図書館2階のやや広めのスペース(学修支援スペース)で、学科紹介や、

R1078441 図書館学コースの模擬授業「図書の分類」を行ったり、

R1078476 毎回恒例、何百年も昔に作られた書物を、実際に取り扱ってもらえるコーナー、などを設けたりしました。

R1078419

今回も、大勢の生徒さん、ご家族・ご関係の方々にご来場いただきました。本学科のオープンキャンパスは、いかがでしたか?

R1078481_2 また、この夏休み期間中のオープンキャンパスでは、学食の無料体験も行っています。このような様子で、こちらも大盛況でした(念のため、少しボカシを加えています。ご了承下さい)。

Img_731701

Img_733701

8月に入ってからも、6日(日)と28日(日)のさらに2回、オープンキャンパスが開催されます。詳しくはコチラをご覧下さい。

オープンキャンパスを通じて、本学や本学科に対する関心を深めてもらえれば、と願っています。どうぞ、ぜひまたお越しいただけましたら(^^)/

本日・7月8日(土)昼過ぎから、本学科に関する3つのイベントを催しました。

まず現3年生向けの、来年度(4年次)所属ゼミの説明会。

R1078213ゼミ選択の参考となるようにと、各教員が、それぞれのゼミの研究内容や、指導方法、注意点などを説明しました。

R1078214

次いで学科内にある「ドキュメンテーション学会」の総会です。これは学科の学生さん全員が会員となっているもので、予算や活動についての報告などを行いました。

R1078223

それから最後に親睦会。会場を学食に変え、昼食や飲み物を用意して、学生さん同士の交流の場としました。

R1078242

R1078236

たくさん食べて、たくさん話していたようで、何よりでした^^

6日目の午前中のプログラムは、書誌学コースで担当しました。

まず、漢字をもととした日本の仮名の成り立ちや、日本での漢字の発音などについて、インターンシップ生の皆さんの名前などを実例にしながら、レクチャーしました。

R1078196

皆さんの笑い声が何回も、展示準備中の隣の教室にまで届いていましたので、とても楽しんでもらえたようです^^

続いて、隣の教室に移動し、本学科などが所蔵している、古い書物に触れてみる、という時間にしました。

R1078185

いずれも、本学科で、教材として使っている和古書類ですので、今回のインターンシップでも、基本的なマナーをレクチャーした上で、皆さんに自由に取り扱ってもらいました。

R1078200

何百年も前の古い書物に、実際に自分自身の手で触れてみて、どうだったでしょうか?

R1078206

言葉や文字、書物を通じ、互いの文化や歴史などについて、お互いに、より深く理解していく、その新たなきっかけになったようでしたら、幸いです。

このページのトップへ