文学部国際交流委員会の交流事業の一環として,ドキュメンテーション学科では毎年海外から第一線の研究者をお招きしています.その際,公開授業の実施をお願いしています.主な対象は当学科の学生です.

今年は,ハワイ大学コンピュータ情報科学部図書館情報学科から,安里のり子先生とアンドリュー・ウェルトハイマー先生をお呼びしました.(公式には安里先生をお呼びしたのですが,両先生のご厚意で,たまたま同時期に海外出張をするご予定だったウェルトハイマー先生も同行して授業をしてくださることになりました.安里先生,ウェルトハイマー先生,どうもありがとうございます.)

今日は,5限の時間に,安里先生に「図書館員と知的自由」というタイトルで授業をしていただきました.主に聴講したのは当学科1年生のみなさんです.

Dsc_0007

授業では,アメリカで,図書館における知的自由という概念がどのように発展し,根付いてきたか.また,この美しい概念が,現実からどのような挑戦を受け,図書館員達がどのように対処してきたか,をお話しいただきました.ある概念の発展を,理解し易く説明していくのは簡単ではないと思うのですが,安里先生のお話は論点が整理され,しかも印象に残る出来事をキーとして話が展開していきました.図書館学が専門ではなく,不案内な筆者にもわかりやすく,とてもおもしろく聞かせてもらいました.

明後日11/22(水) 5限には,ウェルトハイマー先生による「図書館と偽情報」の授業が予定されています.こちらも楽しみです.

 本日11月7日よりパシフィコ横浜で、日本最大級の図書館関連展示会第19回図書館総合展が開催されています。本学科では、前期より本ブログでも数回ご紹介させていただいておりますヨコハマトリエンナーレ2017関連展示に関わる「特別実習Ⅰ」の成果報告のポスター発表を行っております。学生たちは昨日夕方から会場で展示の準備作業を行いました。

本学科を志望してくださる受験生の皆さんの中には、近年「本に関わる仕事がしたい」という思いを持つ方が増えています。「図書館総合展」の会場では、図書館、出版社、新聞社、IT関連企業のほか、図書館備品(保存用のフィルムなど)や書棚等の家具のメーカー、地方自治体やNPOに至るまで、「本に関わる業種ってこんなに多いのか!」と感嘆するほど多様な展示やフォーラムに接することができます。日本で唯一の図書館展示会が、本学の地元横浜で毎年開催されることは、学生たちの就職活動上も恰好の情報収集の機会であり、自らのキャリアを考える上で大きな刺激にもなっているようです。入場無料で事前申し込みも不要です。ぜひ会場で本学科の展示をご覧になってください。

Pict1

Pict3



ひとつ前のブログ記事で、ヨコハマトリエンナーレ2017関連展示「ひろがる源氏 つながる古地図」という、前期と後期、2回に分けた貴重書展をご紹介しました。

このうち、とくに「ひろがる源氏」に関しては、本学科の専門科目「特別実習Ⅰ」を履修している3年生が、展示資料の準備や調査、解説執筆などを行っています。

また、日時によっては、学生たちが、展示会場で、口頭でのご案内や、解説を行っていることもあります。

事前授業の様子は、例えばこちらのようでした。

09

10

11

12

13

学科の専門科目として、このような授業内容にすることができましたのは、ひとえに、ヨコハマトリエンナーレ2017主催者の皆さまと、横浜美術館の皆様、同美術情報センターの皆さまから、多大なご理解、ご尽力をいただくことができたからです。

ご関係の皆さまに、心より御礼申し上げます。

学生たちが頑張って、一生懸命に取り組んだ展示です。ぜひ展示会場の、横浜美術館美術情報センターに足をお運びいただき、ご覧いただけましたら幸いです。

14

また、先ほども触れましたように、日時によっては、解説担当の学生が待機している場合があります。

学生は、スタッフ用のIDカードを身に付けていますので、見かけましたら、お気軽にお声がけの上、ぜひ質問攻めに(^^)していただければ、とも思っています。

それがまた、学生にとっての、恰好の勉強の機会にもなりますので。

ちなみにこちらは、展示品の解説のために、学生が作成した複製品です。豆本の出来映えも、なかなかです(学生が待機している時のみ、ご覧いただけます)。

15

ともあれ、重ねて、どうぞよろしくお願いします!^^

16

こんにちは。

ブログでのご案内が遅くなってしまいましたが、現在、

ヨコハマトリエンナーレ2017 島と星座とガラパゴス

の関連企画として、

鶴見大学×横浜美術館美術情報センター「ひろがる源氏 つながる古地図」

という貴重書の展示を行っています。

01 詳しくは、上のリンク先をご覧いただければと思いますが、「ひろがる源氏」が前期の展示で、ただいま開催中9月13日(水)までとなっています。

一方「つながる古地図」が後期の展示で、9月15日(金)から11月5日(日)までの開催予定です。

展示会場は、横浜美術館内の、美術情報センターの閲覧室です。

02

03 今回の展示は、鶴見大学図書館が収蔵している、和・漢・洋たくさんの貴重書群のうち、源氏物語に関する古典籍(こてんせき)類と、16世紀以降に制作された古地図とを、前後2期に分けながら展示するものです。 

さて、その展示の様子を、少しだけですが、画像でご紹介してみたいと思います。

04

05

源氏物語の貴重書展…?何だかちょっと、むずかしそうな、と思われる方も、あるいはおられるかもしれません。

でも、くずし字で書かれた、文字だらけの本ばかりでなく、このように、

06_2

07

08 カラフルだったりユニークだったりと、眼でみるだけでも十分に面白いものを、画像のように、多数展示していますので、どなたでもお楽しみいただけるのでは、と思っています。 

暑い盛りではありますが、横浜美術館美術情報センターまで、ぜひお越しいただければ幸いです^^

お久しぶりです。ドキュメンテーション学科 情報学コース元木です。

高校生・受験生の皆さんは、この夏をいかがお過ごしでしょうか。 鶴見大学は、オープンキャンパスでも皆さんをお待ちしています!

8月6日(日)は、好天に恵まれ、オープンキャンパスにたくさんの方にご来場いただきました。 ありがとうございました。

今回もドキュメンテーション学科に関する学科説明模擬授業などは、図書館 book で実施しました。 4年間の学びを確認したり、3つのコース(図書館学コース、書誌学コース、情報学コース)を理解したりできたのではないでしょうか。

Img_3316_compressed

学科説明は、在学生3年のOさんと2年のBさんが頑張ってくれました。

Img_3340_compressed

参加された高校生・受験生の皆さんは、いつも驚いています。 ですが、皆さんが入学した後、自由に使うことが出来る訳ですから、もっと驚きですね!

模擬授業は、図書館学コース河西教授「読書へのアニマシオン体験講座」というタイトルで、スペイン発の読解力育成メソッドについてお話ししつつ、来学者の皆さんに実際に体験していただきました。

Img_3326_compressed

そして、展示では、見て触れることができる、何百年も前の書物を、たくさん並べています。

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!


平成29年 8月26日(土)10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日)13:00~

全学科同時開催 申込不要

次のオープンキャンパスで、高校生や受験生の皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

こんにちは。暑いですね。

ご報告が少し遅くなってしまいましたが、7月23日(日)午前10時から、鶴見大学の第3回オープンキャンパスを開催しました。

本学科では、図書館2階のやや広めのスペース(学修支援スペース)で、学科紹介や、

R1078441 図書館学コースの模擬授業「図書の分類」を行ったり、

R1078476 毎回恒例、何百年も昔に作られた書物を、実際に取り扱ってもらえるコーナー、などを設けたりしました。

R1078419

今回も、大勢の生徒さん、ご家族・ご関係の方々にご来場いただきました。本学科のオープンキャンパスは、いかがでしたか?

R1078481_2 また、この夏休み期間中のオープンキャンパスでは、学食の無料体験も行っています。このような様子で、こちらも大盛況でした(念のため、少しボカシを加えています。ご了承下さい)。

Img_731701

Img_733701

8月に入ってからも、6日(日)と28日(日)のさらに2回、オープンキャンパスが開催されます。詳しくはコチラをご覧下さい。

オープンキャンパスを通じて、本学や本学科に対する関心を深めてもらえれば、と願っています。どうぞ、ぜひまたお越しいただけましたら(^^)/

本日・7月8日(土)昼過ぎから、本学科に関する3つのイベントを催しました。

まず現3年生向けの、来年度(4年次)所属ゼミの説明会。

R1078213ゼミ選択の参考となるようにと、各教員が、それぞれのゼミの研究内容や、指導方法、注意点などを説明しました。

R1078214

次いで学科内にある「ドキュメンテーション学会」の総会です。これは学科の学生さん全員が会員となっているもので、予算や活動についての報告などを行いました。

R1078223

それから最後に親睦会。会場を学食に変え、昼食や飲み物を用意して、学生さん同士の交流の場としました。

R1078242

R1078236

たくさん食べて、たくさん話していたようで、何よりでした^^

6日目の午前中のプログラムは、書誌学コースで担当しました。

まず、漢字をもととした日本の仮名の成り立ちや、日本での漢字の発音などについて、インターンシップ生の皆さんの名前などを実例にしながら、レクチャーしました。

R1078196

皆さんの笑い声が何回も、展示準備中の隣の教室にまで届いていましたので、とても楽しんでもらえたようです^^

続いて、隣の教室に移動し、本学科などが所蔵している、古い書物に触れてみる、という時間にしました。

R1078185

いずれも、本学科で、教材として使っている和古書類ですので、今回のインターンシップでも、基本的なマナーをレクチャーした上で、皆さんに自由に取り扱ってもらいました。

R1078200

何百年も前の古い書物に、実際に自分自身の手で触れてみて、どうだったでしょうか?

R1078206

言葉や文字、書物を通じ、互いの文化や歴史などについて、お互いに、より深く理解していく、その新たなきっかけになったようでしたら、幸いです。

4日目の午前中のプログラムは、鶴見大学図書館体験でした。

Img_3882

1階メインカウンターの前で説明を受けます。

Img_3888

二階建ての個室閲覧室はセンセーションを巻き起こしました!

Img_3903

貴重書の展示では、百人一首の紫式部の文字を判読した学生さんもいました!お互い漢字文化圏のヒトであることを実感するひとときでした。

Img_3908

後半はILL(Inter-Library Loan: 図書館間相互貸借サービス)の業務体験で、雑誌論文探しと複写サービスを体験しました。

その後、新着図書にラベルと貸出期限表を貼る装備作業を体験し、自分が手がけた図書の貸出・返却手続きにトライします。

Img_3919

折柄、七夕飾りの下、カウンターで貸出システムを操作します。

Img_3925

カウンター脇ではつるみん・つるたんが温かい目で見守ってくれました。

このあと記念撮影をして午前中のプログラムは終了となりました。

図書館の皆様、通訳を務めてくださった国際交流センターの皆様、ありがとうございました!

午後は,「情報学の時間」ということで,前半はインターン生対象の授業,後半は川崎の東芝未来科学館に見学に行きました.

授業は「数独をSATソルバー (というものがあるのです) で解く」という内容のものです.講義資料 を置いておきますので,ご興味のある方はどうぞ.この授業は高校生向けに用意している「文学部出張授業」をアレンジしたものです.宣伝めいて恐縮ですが,こういうのを聞いてみたい,という人は先生を通して申し込んでください.(もちろん日本語でやります)

Sudoku1 前に出て問の答を説明するインターン生

Sudoku2 積極的に授業に参加してくれました

東芝未来科学館は,インターンシップのプログラムで良く使わせていただいていますけれど,とても興味深い展示がいろいろあります.小学生が楽しむものばかりではないんです.

Toshiba1 からくり人形とか

Toshiba2 自動改札機の内部とか (写真が下手ですみません)

Toshiba3 リニアモーターカーの原理とか.

なお,今日の午後は,4年生1名とともに,卒業生の方がおひとり,自分から申し出て,午後のプログラムを通して,写真撮影・引率など,いろいろと助けてくださいました.卒業した後もこうして学科のプログラムにかかわってくださって,とてもありがたいことだと思っております.

国際インターンシップ第3日目は,「図書館学の日」といった趣です.

午前は,「ドキュメント処理概論II」を受講している学生との共同授業です.

Dsc03567 場所は図書館の地下ホールです.

ドキュメンテーション学科の学生が,この授業で実践をおこなった図書館での展示内容をプレゼンしました.

Dsc03572 相談するドキュメンテーション学科の学生達

Dsc03580 スライドももちろん英語で用意します.

グループは5つあり,グループごとにいろいろなスタイルでのプレゼンでしたが,自分たちの展示内容を伝えようという気持ちにあふれたものでした.人によって英語の得手不得手はあるのですが,みなさん,自分の分担を立派にこなしていました.

引き続いて,北京,世新大学の学生の自己紹介です.

Dsc03587 北京大学の皆さん

Dsc03593 世新大学の皆さん

その後,各グループに分かれ,インターン生に入ってもらって,自由に会話を楽しみました.大いに盛り上がって終了時刻を過ぎても話がはずみ,スケジュールがタイトなこちらは少々心配することに.

そんなわけで大急ぎで昼食をとって,午後は国立国会図書館の見学に出かけました.

Dsc08176 国会図書館正面入口前にて

Dsc08179

Dsc08181 地下書庫より

このページのトップへ