入学式

2019/04/05

入学式が行われました.新入生はもちろん,ご家族の方にも多数ご参加をいただきました.

Tmp1

今週前半は寒い日が続きましたが,今日はお天気も良くて暖かく,入学式日和になりました.空が青いですね.

Dsc04560

毎回ご紹介していますが,今日も情報バリアフリー推進会の皆さんによる字幕作成が行われました.「情報保障」ということを詳しくお知りになりたい方はどうぞこちらへ.

Dsc04565

Dsc04567

4月は新社会人の季節でもあります.先月ドキュメンテーション学科を卒業して,鶴見大学職員として就職したTさんが,入学式場で元気に働いているのをみかけました.Dsc04570

入学式後は,学科に分かれて専任教員挨拶,記念撮影の後,解散となりました.

明日のクラブオリエンテーションで,準備の一週間も終わり,来週月曜からは授業が始まります.頑張りましょう.

4月になりました.ドキュメンテーション学科でも新入生73名を迎えます.入学式は明後日4/5ですが,その前の4/1から,大学ではいろいろなオリエンテーションやらクラス分けテストやらを実施しています.

今日は「教員オリエンテーション」の日でした.

大学は (多くの) 高校までとは違って,目的や好みや取ろうとする資格に応じてひとりひとりが自分の時間割を組みます.自由度が高いのですが,その分,いろいろなことを考えなくてはなりません.そのためのさまざまな注意事項を説明しました.

Dsc04533

教室の窓から外を見ますと,桜が実に見事に咲いています.(写真はあまり見事ではないですが...)


Dsc04550

各教員が10人前後の学生を担当しますが,そのクラスに分かれて,担任からの説明を聞いた後,昼食として軽いサンドイッチが配られました.


午後は自己紹介です.クラス毎に壇上に並んで一人ずつ自己紹介をしました.今年は,「話しかけてください」を禁止ワードにしてみたので,新入生のみなさんさまざまに工夫 (苦労?) をしていました.

Dsc04546
最後に在学生からの歓迎 (とサークル勧誘) のあいさつで締めくくりました.

 3月17日午後、本学キャンパスにおいて春のオープンキャンパスが開催されました。本学科では田辺教授による情報学コースの模擬授業が行われました。そのせいか個別相談でも情報学のレベルやコンピュータ操作に関する質問が多かったです。一年生でのスタートラインでは皆同じです。いきなり難しい課題が出てくるわけではないので安心して受験してくださいね。本学科の学生に貸与されているノートパソコンも展示して、在学生や実習技術員(本学科にはパソコン活用の補助のために2名の実習技術員が配置されています)からタイピング練習用ソフトの紹介などを行いました。

 書誌学コースの展示として古典籍(明治時代以前の古い書物)を展示していたところ、本学マスコットキャラクターのつるみんが遊びに来てくれました!

Photo

 3月12日、2018年度特別実習Ⅱで台湾研修に参加した学生15名の帰国後の成果報告会が学内で開催されました。既に本ブログで滞在中の活動記録は報告されていますが、今回の報告会では主に9日間に訪問した8種類の図書館の中から、特に印象的だった図書館について、その機能やサービス、日本の図書館との違いなどについてグループごとに発表を行いました。

 しかし、参加学生は全員1、2年生なので、実は日本の図書館についてもまだまだ勉強中の身です。彼の国の図書館の姿を見て、あらためて日本ではどうなっているのか、自分の知識と経験の不足に気づいた人も多かったことでしょう。異文化に身を置くことの価値はまさにそういうとところにあるのかもしれません。 

 図書館訪問以外でも、今回研修を受け入れてくださった台湾世新大学の学生さんとの交流、教職員のみなさんのご指導とご支援、街中で触れ合った台湾の方々の心の温かさや親日的な態度を印象的に受けとめた学生も多かったように思います。また、たまたま目にした台湾のゴミ収集の仕組みに関心を持って調べてみたり、図書館施設・デザインについての自分なりの気づきや発見を得たりと、それぞれにとって、視野を拡げ、これからの大学生活の中でさらに学ぶべき針路を定める機会となったのではないかと思います。

Taiwan_presen201903

卒業式

2019/03/14

今日は鶴見大学の卒業式でした.

Dsc04476

良く晴れた暖かい日になって良かったです.

Dsc04477

卒業式は10時から体育館で行われました.写真は(後ろからですが) ドキュメンテーション学科卒業生総代のお二人です.

Dsc04494

今年は,ドキュメンテーション学科の3年生が在校生代表挨拶を行いました.

Dsc04506

恒例になりました,情報バリアフリー推進会の皆さんによる字幕表示も行われました.ドキュメンテーション学科の学生も多数参加しています.

Dsc04482

Dsc04478


その後,学科に分かれて,1人ずつ,卒業証書が手渡されました.これでみなさん学士様ですね.

Dsc04508

4年間,楽しかったこと,苦労したこと,たくさんのことがありました.それらを通して人間的にも大きく成長してくれたと思います.これからの活躍に期待しています.時々は母校に遊びに来てくださいね.

みなさん,こんにちは.世新大学での研修も6日目,つまり,あと1日を残すだけとなりました.

参加している学生の皆さんは,週末は,グループ毎に世新大学の学生といろいろなところに出かけて楽しんでいました.

今日午前中は,明日のプレゼンテーションの準備です.世新大学の学生とビデオを作成します.ドキュメンテーション学科の学生は,主に材料を提供する役回りで,特に,Virtual Studio で,カメラの前に立って研修の紹介をする,というのが大きな仕事です.その原稿書きが週末の宿題として出されていました.グループ毎にいろいろ工夫をして,収録に臨んでいました.(こちらも忙しくて写真を取り損ねてしまいました.)

午後は,新北市立図書館の見学に行きました.

Dsc_0035

ここは4年ほど前にできた新しい図書館で,9階建ての広いフロア,自習室は24時間オープン,これまた24時間稼働の自動貸出機など,意欲的な取組みを行っています.

Dsc_0031

さて,明日は最終日.ちょっと朝が早いです.今夜は帰国の支度もしなくてはいけません.みなさん早く休むことができるでしょうか.

こんにちは.情報学コースの田辺です.元木先生と今回の台湾での実習の引率をしています.今日3/1は,その5日目となります.

昨日に引き続いて台湾は休日です.とうことで,今日も世新大学の学生が自主的に案内を買って出てくれました.

台北市立図書館の北投(べいとう)支所を見学しました.北投は,台北市の中にある温泉地で,駅を降りると目の前に「温泉会館」といった建物がたくさんあります.

Dsc02675

Dsc02677

Dsc02679

3フロアすべてにテラスがあり,椅子にすわって本を読むことができます.台北の2月~3月は雨が多いのですが,今日は良い天気で,気持ちよく過ごすことができました.

Dsc02685

見学後は,グループに分かれて,引き続き世新大学の案内で市内を散策しました.明日・明後日の週末の予定も,いろいろたてているようです.

こんにちは。旅の疲れが少し出ている元木です。

本日(2月28日)は、台湾の祝日です。にも関わらず、世新大学の学生の皆さんによるアテンドが続きます。感謝の念が絶えません。本当に、ありがとうございます。

少しゆったりしたスケジュール(と言いつつ、連日、電車と徒歩移動なのです)です。午前中は、國立故宮博物院へまいります。翠玉白菜と肉形石は、それぞれ、台中とオーストラリアで展示されているそうで、拝見することが出来ませんでした。また、台湾に来る宿題ができました。:)Dsc02663_compressed

鶴見大学の学生たちの中にも、少し疲れの色が出てきておりましたので、一部の学生とホテルへ戻りました。残りの学生は、世新大学の学生たちと淡水へ夕日を見に行きました。残念ながら曇り空で夕日には出会えなかったそうですが、英語、中国語、日本語が入り乱れる会話をしながら親睦を深めていたようです。

こんにちは。障害者サービスに、とても興味を持っている図書館長 book元木です。

学生たちは、最終日(2019/03/05)の Final Presentation に向けて、世新大学の学生たちとチームを組んでいます。初日、2日目と短い時間ですがオフラインでの打ち合わせをしつつ、LINEグループで連絡を取っています。

今日(2019/02/27)は、午前も午後も図書館三昧のプログラムです。Final Presentation に向けた取材も兼ねている場合がありますので、気が抜けない時間が過ぎていくのでした。

午前は、國家圖書館(National Central Library) book の訪問です。館内の写真は、お見せできませんので、入館シーンをどうぞ。

20190227_10_05_34_compressed

ここでは、貴重書を中心に、ご説明いただきました。加えて、國家圖書館は日本の国立国会図書館と同様、納本制度に基づき、国内の図書が集まって来るそうです。

午後は、國立臺灣大學へ向かいます。Gallery of NTU Historyで、臺北帝國大學からの歴史を含めた話を頂戴しました。そして、ここで出会ったカード目録ですが、多くの学生の興味を惹いたようです。Dsc02640_compressed_2

Dsc02653_compressed

続いて、杉並木ならぬヤシの木並木の椰林大通(Royal Palm Boulevard)を抜けた突き当りにあるのが、國立臺灣大學圖書館です。臺北帝國大學のシンボルの一つとして作られ、その位置付けは今でも変わりません。建物は別でしたが、自動化書庫の出納手続きや閉架書庫への入庫も叶いました。

Dsc02656_compressed

Dsc02660_compressed

どちらの図書館も、ご案内のキーワードは「デジタル」と「古典籍」でした。まるで我々の学科の説明の一部を聞いているような気分になりました。

そろそろ、旅にも慣れてきて、疲れが出始める頃です。気を付けましょう。

こんにちは。点字図書館 book が好きな鶴見大学図書館長 book元木です。

さて、台湾にやってきて最初の朝を迎えました。朝食を済ませて出発です。台湾メトロの松山新店線で、世新大学最寄り駅の景美(G05)に向かいます。

午前中は、Chihfeng Lin先生による講義 “Introduction to the Library in Taiwan” です。話題は台湾内に留まらず、世界を視野に入れた図書館の立ち位置について考察します。

Dsc02556_compressed

午後は、世新大学の Radio Station と、Studio への訪問から始まりました。オーディションを突破した学生だけが、実際に放送されるラジオ番組を制作することができるそうで、説明してくれた学生さんの熱の入り方に圧倒されました。

Dsc02565_compressed

Dsc02571_compressed

Studioはいわゆるスタジオなのですが、クロマキー合成が可能な設備が整っています。

Dsc02577_compressed

Dsc02585_compressed

続きまして、本命の?世新大学図書館です。わくわくしながら図書館までまいりましたところ、入口の電光掲示板にメッセージが!

20190226_16_25_09_compressed_2

早速、館内を図書館のスタッフにご案内いただいた訳ですが・・・Lin先生が講義でおっしゃっていたGLAMRの一つである “Gallery” 的要素が現われました。台湾の歴史や建造物の情報についてVRを使って紹介いただきました。ヘッドマウントディスプレイで体験しているシーンです。

Dsc02590_compressed

学生数が約1万人という世新大学ですので、図書館の蔵書も潤沢でありました。

Dsc02598_compressed

このあとは、最終プレゼンテーションに向けて、世新大学鶴見大学の学生同士が、打ち合わせをしました。グループ毎に話し合いが行われていましたが、一旦始まると止めるのが大変なくらい盛り上がっていたのが印象的でした。

Dsc02607_compressed

実は、このあと、世新大学の別の授業にお邪魔して、そこでピザパーティーがありました。なかなか、移動も含めてハードな1日でしたが、へこたれている学生は見当たりません。頼もしい限りです。

このページのトップへ