国際インターンシップ、本日7月8日(金)午前には、書誌学コース担当の授業に参加してもらいました。

前半は、教員の伊倉が、ひらがなの成り立ちについての講義を行いました。

R1076173

R1076183

また、インターンシップ生全員の名前の漢字表記を、日本の音でひらがな表記してみせたプリントを配布しました(例えば「高」さんでしたら、日本語では「こう」さんと書きます、というような)。

その上で、ひらがな1文字ずつのゴムスタンプを、皆さんそれぞれに集字してもらい、自分の名前のスタンプを作って、捺す、ということもしてもらいました。

簡単な(ゴム性)活字印刷体験、ということころでしょうか。

R1076188

R1076190

後半は、教員の久保木が、隣室で和本類の展示を行いました。大学院生1名、学部生1名にも手伝ってもらいました(ふたりとも、ありがとう!)。

オープンキャンパスと同様に、今回も、原本そのものを、実際に取り扱ってもらえるようにしてみました。

R1076191

漢文の本、漢字やアルファベットが多めの本、絵入りの本、豆本、カラフルな一枚刷、明治時代の古新聞、西洋古典籍の断簡などなど、比較的親しみやすいかな?と思われたものを中心に陳列しました。

R1076202

R1076205

R1076195

日本の言語文化、書物文化をより詳しく知る、きっかけのひとつになってくれれば、と思っています。

日時:2016/07/08 13:16

このページのトップへ