1年生の皆さん!

 入学して早くも3カ月が経ちましたが、大学生活を楽しんでいますか。

 あと3週間もすれば、待望の夏休みです。しかし、その前に定期試験や期末レポートなどのことが気になることと思います。高校までと違って、中間テストがなく、広い範囲のことを復習しなければならないので、どこから手をつけたらよいか、不安に思っている人も多いことと思います。

 4月の最初の授業で、この授業ではこのような内容について、このようなスケジュールで授業をしますとお話しがあったと思います。また、成績評価はこのようにしますという内容についてもお話しがあったと思います。今一度、自分が履修している授業について、入学してすぐに大学から配布された『平成22年度授業概要』(今年は紫色しています)を、見てみましょう。

 教科書や配布プリント、自分のノートを見ながら、復習をしてみてください。そして、分からないところがあったら、先生に質問しましょう。勉強の仕方がよく分からなかったら、6号館2階の合同研究室や担任の先生を訪ねてください。きっと良いアドバイスがいただけると思います。

 大学の試験は範囲が広いので、一夜漬けはききません。コツコツと勉強することが大切です。今なら間に合いますよ!

              (ドキュメンテーション学科主任 原田智子)

 横浜市金沢区にある博物館、神奈川県立金沢文庫に行ってきました。

Photo_5

 金沢文庫はそもそもは、鎌倉幕府に仕えた金沢北条氏四代の蔵書のことです。その、かつての金沢文庫の旧蔵本や、北条氏の菩提寺だった称名寺に伝えられた文化財などを保存・研究・展示公開しているのが、現在の県立金沢文庫というわけです。

 今回金沢文庫を訪れたのは、所蔵されている古い資料を閲覧させていただくためです。事前に閲覧申請し、栄花物語や今鏡などの、鎌倉時代に作られた写本の断簡を調査することができました。特に栄花物語の断簡は、今回の調査でやっと正確な寸法が分かり、有益でした。ご対応下さった皆様、ありがとうございました。

 調査後に、現在開催中の企画展「金沢文庫発見ものがたり」も拝見しました。貴重な文化財の数々について、発見時の新聞記事などを添えつつ展示するという、とてもユニークな趣向でした。

 ついでに隣接する称名寺にも足をのばして、少しだけ散策。

Photo_6

 むし暑くても、梅雨の晴れ間はよいものです。亀も甲羅干しをしていました。

Photo_7

 (久保木記)

学生よ、本を選べ!」という記事を書いてから、1ヶ月半ほど経ちました。

鶴見大学図書館では、「学生選書ツアー」というイベントを定期的に行っており、学生自身がお薦め(読みたい!?)本を書店で選び、大学図書館が調達します。2010/06/19(土)に実施された選書ツアーの結果、265冊の新刊が大学図書館ロビーに展示されたそうです。

鶴見大学図書館ブログの記事「学生選書ツアー本の展示が始まりました!」には、選書ツアーに関わった学生さん達が協力して、展示作業を行ったそうです。

さぁ、次は誰かのお薦め本を、アナタが読む番です。

元木