受験生のみなさん、在学生のみなさん、卒業生のみなさん

ドキュメンテーション学科教授の角田裕之です。授業「特別実習Ⅱ」の第七日目(3月9日、月曜日)は、國立台灣圖書館と台灣大学の校史館や圖書館を見学しました。

國立台灣圖書館は台湾にある3つの国立図書館のひとつで、台湾総督府の図書や文献資料を引き次いでおり、歴史的文献をたくさん所蔵する図書館です。汚破損の古文書なども多いので台湾図書医院という文献修復施設があります。

 

Nlt20 (国立台湾図書館)

Img_221320 (特別展示の説明をうける鶴見大学の学生)

Img_223720 (台湾図書医院での文献の修復作業)

台灣大学の校史館は、大学の歴史を展示した博物館です。日本の統治時代に設立された台湾帝国大学から現代に至るまでの歴史が一目でわかります。同大学の圖書館は台湾の図書の他、学術的価値の高い日本の貴重な図書や資料も多く所蔵する図書館です。同大学の社会学系の図書館は昨年建設された近代的な図書館です。森林をイメージする柱と流線形に配置された書架がとても美しい図書館です。

 Img_225620

(貴重書室で説明をうける鶴見大学の学生)

Img_226520_2 (社会学系図書館で説明をうける鶴見大学の学生)

                                 

  鶴見大学文学部 試験入学試験【4期】

大学入試センター試験利用入学試験【4期】

の追加実施   

                            

春のオープンキャンパス

平成27年3月22日(日) 13:00~16:00(15:30受付終了)

全学科同時開催 申込不要

ご希望の学科別に、学科紹介→入試概要説明→模擬授業→施設見学(→個別相談)の順にご案内いたします。 13:00にお越しいただくと、すべてのプログラムに参加できます。

ドキュメンテーション学科のまなびの内容を詳しく紹介しますので、関心をお持ちの方はぜひ参加ください。

ドキュメンテーション学科教授 角田 裕之 記 ドキュメンテーション学科ホームページ 

 

1日目 2日目 3日目 4日目 

5-6日目

7日目 8日目

日時:2015/03/10 08:43授業

このページのトップへ