5月26日(日)午後1時から、鶴見大学第一回オープンキャンパスが開催されました。大勢の高校生と保護者の方々にご来場いただきました。今回は、鶴見大学のマスコットキャラクタである「つるみん」の図柄のクリアファイルのグッズも入試資料と共に配布されました。 

 ドキュメンテーション学科の会場では、初めにスライド・ビデオ・在学生による学科紹介と入試説明が行われました。次に伊倉史人先生による「昔の本を読んでみよう!」というタイトルで、お蕎麦屋さんの暖簾(のれん)などに今も使われている不思議な文字、くずし字で書かれた古い書物についての楽しい模擬授業が行われました。展示会場にもたくさんの古い書物が展示され、手にとって見ることができます。初めて古い書物に触れた高校生も興味深く見入っていました。

 この他、オープンキャンパスでは、学科の内容などについての教員や在学生による個別相談、AO入試のAO面談のエントリーも開催しています。早速AO面談でエントリーした受験生もいます。AO面談を受けてエントリーしていただくと、課題をお渡しいたします。これから、9月の出願日までじっくりと課題に取り組むことができます。AO入試を考えている受験生は、6月15日(土)、6月23日(日)、6月29日(土)、7月以降も土曜日あるいはオープンキャンパスでAO面談を実施していますので、是非早めにエントリーされることをお奨めします

 ドキュメンテーション学科では、在学中全員にノートパソコンを貸与して、文学部でありながらコンピュータの知識や技術が学べます。情報システム、データベース、ネットワーク、マルチメディア、文書の電子化などが学べる情報学コースがあります。また図書館司書資格取得が専門科目として学べる図書館学コースもあります。さらに、この日の模擬授業でも紹介されたように、江戸時代以前の本物の古典籍に触れて学べる書誌学コースもあります。これらの3つの分野は、現在のマルチメディア時代にふさわしく統合的に学習できるようになっています。

 次回のオープンキャンパスは、6月23日(土)午後1時からです。たくさんの方々のご来学をお待ちしています。

P1070321 P1070329_3

平成25年度第二回オープンキャンパス

6月23日(日) 13:00~16:00 ※15:30受付終了
高校1・2・3年生と、保護者の方を対象としたオープンキャンパスを開催します。ドキュメンテーション学科のまなびの内容を詳しく紹介しますので、関心をお持ちの方はぜひ参加ください。

本学科の内容を詳しくお知りになりたい方は、ドキュメンテーション学科紹介ビデオをご覧ください。

 

               ドキュメンテーション学科 原田智子