本会議の3日目(624日)は、マイクロソフト研究所の主席研究員であるカーティス ウオンさんのキーノートスピーチで始まりました。ウオンさんは長年にわたりウェブ上でのデジタル美術館のプロジェクトなどを主導されており、オンライン学習に関する英国の学術賞なども受賞されています。最近では、WorldWide Telescopeのような宇宙の様子を視覚的に認識しやすいシステムを構築する仕事などをされており、デモンストレーションを通じて分かりやすく示されていました。デジタルライブラリはデジタル情報源を整理して利用可能とするものであると説明されていました。

各セッションでの研究発表がなされたあと、夕刻に閉会式が行われ次の開催国が紹介されました。

北米を中心とするJCDL20116月にカナダのオタワで開催されることになりました。

また、アジアを中心とするICADL201110月に北京の精華大学で開催されることになりました。

Nexticadl2011beijing20111024282

ドキュメンテーション学科 教授 長塚 隆 記)

Nextjcdl2011ottawacanada_2

Keynote32