高校生の皆さん、こんにちは。ドキュメンテーション学科 教授で、図書館長 book元木です。

皆さんの中で、司書資格を取りたいと思っている方がいると思いますが、本 book に関わることをしてみたいと思っている人もいると思います。

元木研究室情報バリアフリー推進会が、シナリオと朗読、作画を担当したマルチメディアDAISY図書『ねこじた』(神奈川県〔標準語テキスト版〕 (日本昔話の旅シリーズ))が、2019年5月に公開され、伊藤忠記念財団「わいわい文庫」として、全国の1,201団体へCDが配布されました。全国の学校図書室や公共図書館、大学図書館等に配られています。

20190525_11_03_17_compressed

もちろん、我々の大学図書館にも到着しています!lovely

折しも、衆参両院それぞれで、「障害者読書環境整備推進法(通称、読書バリアフリー法)」が可決し、視覚障害や肢体不自由、識字障害がある人たちの読書環境を整備することが推進されることになるはずです。

我々が作ったマルチメディアDAISY図書である『ねこじた』が、全国の子どもたちを中心に、読書の機会を増やすきっかけになってくれればと願っています。

Nekojitaamis

上の図は、マルチメディアDAISY図書の再生ソフトウェアの一つである AMIS で、『ねこじた』を再生した画面例です。

あなたも、我々と一緒に、マルチメディアDAISY図書を作ってみませんか?

こんにちは。情報バリアフリー推進会顧問で、鶴見大学図書館長 book元木です。

数年前から我々は、「NPO認定法人ことばの道案内」(ことナビ)と一緒に活動をしています。それらの活動は、タウンニュース[鶴見版]の記事【鶴大生が「ことばの道案内」駅から大学の道のり音声で】として紹介されています。

今年度に入ってから、新しい活動のお手伝いを始めました。ことナビは、言葉だけで道案内をする「ウォーキングナビ」に加えて、駅構内を言葉だけで道案内をする「ことばで分かる駅情報」というサービスも提供しています。

今回、我々(元木研究室情報バリアフリー推進会)が、お手伝いしたのは、東京メトロの3つの駅構内の道案内です。平成31年4月28日(日)は、大手町駅、令和元年5月1日は、飯田橋駅、令和元年5月3日は、早稲田駅です。ゴールデンウィーク中ではありますが、みんなで頑張って、調査とデータの入力をしました。

今回の調査では必ず、腕章を付けています。

20190428_10_09_20_a_3

駅利用者の邪魔にならないように配慮しながら、晴眼者ブラインドの人が協同で「ことばの道案内」を作成します。目的地や次の経路について、クロックポジションを使って説明します。

20190501_10_06_44_a_2

その後ろを追いかけるように、ロードメーター(我々は「コロコロ」と呼んでいますが)で距離を計測します。

20190501_10_26_18_a_2

そして、表現方法について協議もします。

20190503_10_43_10_a_2

さて、次は、どこの駅に行くのでしょうか。

今回の調査において、ブラインドの理事長のIさん、ブラインドのNさん、晴眼でベテランのTさんに支えていただきました。本当に、ありがとうございました。そして、今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

こんにちは。鶴見大学大学院 文学研究科 ドキュメンテーション専攻 教授で、図書館長 book元木です。

当方、点字毎日活字版の定期購読者なのですが、久しぶりに震えました。

京都府立盲学校の岸 博実先生が連載されている「歴史の手ざわり・もっと!」97の【乱歩の「二銭銅貨」点字表記の誤り】(2019年(平成31年)1月31日木曜日第1050号)を拝読致しました。

江戸川乱歩が「二銭銅貨」において、点字のルールに基づき、文章の暗号化を行った訳ですが、その理解が完全ではなかった可能性があります。『ビブリア古書堂の事件手帖』第4巻(三上延、メディアワークス文庫、2013年)で、そのことや訂正の件が指摘されていたのですが、岸先生の凄いところは、「二銭銅貨」が掲載されいる図書を28冊集めて、確認・分類をなさったことです。ここからは本誌をお読みください。

さて、ここからが本題なのですが、この記事を私と一緒に読んでいた大学院生のHYさんも驚嘆しまして、今回のプロジェクト(エイプリルフールネタ?)を思いついて、超絶お役立ちプログラムをHYさんと実装しましたので、ここで説明してみたいと思います。

題して、

南無阿弥陀仏を点字にしちゃうましーん

です。ネーミングセンスですか? そんなもん、放っておいてください。

皆さんは、「二銭銅貨」を読んでいて困ったことはありませんか? 「陀、無弥仏、南無弥仏、・・・」って、あんたなぁ、分からへんわ(ま、暗号やからね)。とか言っている場合ではありません。 そんなあなたに、鶴見大学元木研究室が総力を結集して(あんな原稿や、こんな申請書の締切に目を瞑って)実装した「南無阿弥陀仏を点字にしちゃうましーん」を、お届けします。

先ずは、某所のWebページへアクセスします。そして、ユーザ名とパスワードを入力しますと、そこには!!!(ジャジャーソ!)【段々、面倒くさくなってきた】

1

そして、そこにおられるお困りの「二銭銅貨」読者が、入力すれば、あれよあれよと!

2

まぁ、なんということでしょう。そこには、みんなが読み慣れた墨点字(凸点)が表示されるのです(棒読み)。【だいぶ、疲れてきた】

3

許してください。疲れていたんです・・・OTZ

とても、お久しぶりです。鶴見大学 図書館長 book元木です。

2年振りのブログを、ことナビのネタで再始動できるというのは嬉しい限りです。

まだ、完成しておりませんので、どこの道案内なのかは書けないのですが、ことナビの理事長 I さんと点字ブロックを辿る旅を再開することが出来ました。本当に、ありがとうございます。

先ずは、JR鶴見駅東口改札前から調査をスタートしました。

20190330_8_58_12_blog

そして、部長のMRさんは、I 理事長の移動支援をしつつ、一緒に点字ブロックの情報を確認します。

20190330_15_02_34_blog_2

その後ろを、MNさんがウォーキングメジャーで追いかけつつ、距離を計測します。SYさんは、みんなの情報をまとめて記録します。

HYさんと私は、サポートや記録をします。

さぁ、今度は、どんな「ことばの道案内」が出来るのか、楽しみですね。

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 book pc 情報学コースで、コンピュータ部 pc と情報バリアフリー推進会の顧問をしている元木章博です。 普段から、コンピュータ pc やインターネット等のICTを活かして、図書館 book をはじめとする情報提供施設の活動について考えを巡らせています。

情バリが、認定NPO法人「ことばの道案内」と一緒に作成した「鶴大版 ことばの道案内」の活動の様子が、タウンニュース鶴見区版に掲載されました。

★ 掲載Webページ → 『鶴大生が「ことばの道案内」 駅から大学の道のり音声で』

--2017/08/07追記【本家「ことばの道案内」のWebページにリンクいただきました】--

ご協力いただいたメディアの紹介へのリンク(2017年のリスト)

--2017/08/07追記【本家「ことばの道案内」のWebページにリンクいただきました】--

--2017/07/31追記【本家「ことばの道案内」のfacebookでも紹介されました】--

ことナビのfacebook記事へのリンク

--2017/07/31追記【本家「ことばの道案内」のfacebookでも紹介されました】--

以下の写真は、タウンニュースの記事とは異なる調査シーンの写真です。

20170707_16_44_41_blog

以下は、実際に作成した「鶴大版 ことばの道案内」です。 是非、リンクをクリックしてみて下さい。

★1 ことばの道案内「鶴見大学・鶴見大学短期大学部〔JR 鶴見駅〕」

★2 ことばの道案内「鶴見大学・鶴見大学短期大学部〔京浜急行本線 京急鶴見駅〕」

実は2017年6月に、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されました。

Banner_riha26_320x90

この研究発表大会には、視覚障害の方も参加されました。 情バリは、この大会までには絶対に「鶴大版 ことばの道案内」を完成して、公開しよう!と、取り組んで来ました。 今回の記事にもあるように『出席した視覚障害者からは「道案内があって心強かった」「経路がイメージできて助かった」といった感謝の声が寄せられた。』と、お声掛けいただいたこともあり、今後の活動も今まで以上に頑張っていきたいと思いましたrock

元木先生がサボっているおかげで、ブログでは、まだ作っている途中の記事([情バリ/PJ-A] ブラインドの方々に助けていただいて(その1))しか書いてありませんcoldsweats02 が、頑張りますsweat02

この活動の一部は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費の支援を受けていました。

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!


平成29年 8月 6日(日) 10:00~ 
平成29年 8月26日(土) 10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日) 13:00~

全学科同時開催 申込不要

Kakenhilogos

New_tate_color

科研費の成果を元に、小学校5・6年生向けに、2017年8月5日(土)9:40-16:20「点字の秘密を探る! ~自分の名前の3DCG点字を、コンピュータで作ってみよう~」というプログラムを開催します。 このプログラムには、去年の紫雲祭で開催したワークショップの内容も含まれています。 小学生も参加したこのワークショップの様子は、こちらのブログ記事(「[情バリ] 白黒反転点字名刺作成ワークショップ@紫雲祭2016」)で、ご覧ください。 このプログラムは、鶴見大学日本学術振興会との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンスの事業として実施されます。 このプログラムは、横浜市教育委員会横浜市鶴見区の後援を受けています。

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

おひさしぶりです。ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コース教員の元木です。

情バリ、できました。

Dsc_5108_a

学生支援センターカウンター前のサークルポストに、とうとう我々のポストが現われました!

新年度になり、準備期間?が終わり、鶴見大学課外活動公認団体として、新入部員獲得に向けて初めて活動を実施しました。 その辺りの話も、また何れ・・・

Kakenhilogos

New_tate_color

科研費の成果を元に、小学校5・6年生向けに、2017年8月5日(土)9:40-16:20「点字の秘密を探る! ~自分の名前の3DCG点字を、コンピュータで作ってみよう~」というプログラムを開催します。 このプログラムには、去年の紫雲祭で開催したワークショップの内容も含まれています。 小学生も参加したこのワークショップの様子は、こちらのブログ記事(「[情バリ] 白黒反転点字名刺作成ワークショップ@紫雲祭2016」)で、ご覧ください。 このプログラムは、鶴見大学日本学術振興会との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンスの事業として実施されます。 詳細情報は、後日、改めてアナウンスさせていただきます。 お申し込み・お問い合わせ等は、教育研究支援課 045-580-8318(ひらめき☆ときめきサイエンス担当)まで、ご連絡ください。

2017年6月10日(土)と11日(日)、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されます。

Banner_riha26_320x90

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!

平成29年 5月28日(日) 13:00~ オープンキャンパス詳細
平成29年 6月18日(日) 13:00~ 
平成29年 7月23日(日) 10:00~ 
平成29年 8月 6日(日) 10:00~ 
平成29年 8月26日(土) 10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日) 13:00~

全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

受験生高校生の皆さん、こんにちは! 情報バリアフリー推進会およびコンピュータ部 pc 顧問で、ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コースの元木です。

視覚障害者の方々に対する情報保障方法の一つとして、「ことばの道案内」があります。 我々は、本学への交通アクセスに関する情報保障をするために、認定NPO法人「ことばの道案内(通称:ことナビ)」の皆さんと「鶴見大学のことばの道案内」作成作業を継続しています。 以前のブログ記事([情バリ] NPO「ことばの道案内」の皆さんへのプレゼンテーション)で報告しましたが、学年対抗!?で情バリメンバーが「鶴見大学のことばの道案内」を考えて(そして、実際に歩きながら調査して)プレゼンテーションを実施しました。

さて、そのプレゼンテーションを受けて、2017年1月某日、ことナビの皆さん(全盲の方2名と晴眼の方々)が、現地調査の為、来学下さいました。 全盲のIさんがサングラスを取ると、そこには満面の笑顔が隠れていました。

Storageemulated0dcimcamera148496157

続いて、実地調査前の打ち合わせをします。 ことナビ理事長のOさんから自己紹介が始まり、続いてディスカッションに入ります。

Storageemulated0dcimcamera148496158

もちろん、学生(発言中なのは、2年生のHさん)も質疑応答に加わっていきます。

Storageemulated0dcimcamera148496281

これから行う実地作業は、晴眼の人だけで作った「ことばの地図」を、全盲の方に【見て】いただいて、意見を頂戴しながら、【見えない方/見えづらい方にとって】有用な「ことばの地図」へ修正していく作業が待っています。

全盲で、ことナビ副理事長のKさんやIさんに助けていただいて、「鶴見大学のことばの道案内」が出来上がっていきます! ありがとうございます!

さて、実地調査やデータ入力は、この後どうなったのか!? 次回をお楽しみに!

この活動は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費による事業の一部です。

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されます。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!

平成29年3月19日(日) 13:00~16:00
全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。情バリ情報バリアフリー推進会)とコンピュータ部 pc 顧問で、情報保障について研究しているドキュメンテーション学科 pc book 情報学コースの元木です。

先日、 good ←こんな絵文字をみつけました。

コレって、GOODっていう意味だったり、いいねだったりしますよね? 私も、その様に理解しています。

さて、神奈川県横浜市鶴見区にある鶴見大学ですが、実は、神奈川県手話言語条例を持っていることを、皆さんはご存じでしょうか? 手話は2006年の国連総会で採択された「障害者権利条約」において言語として規定されました。 そのことを受けて、日本は障害者基本法の改定の際、「言語(手話を含む)という記述をしました。 そして、2014年12月25日、神奈川県議会において手話言語条例が成立しました。 手話等の普及に関する施策の推進等を目的として作られたものです。

ところで、元木先生、実はちょっと前から地元(東京都某所)の手話講習会に通っております。 初級コースでは先ず、自己紹介をするために最低限必要なことを学んでおります。 手話を学びつつ、ある日、気が付いたのですが・・・

手話で good は、NGダメという意味である

ということでした。

え゛~coldsweats02

新しい言語を学ぶというのは、新しい文化に出合うということなんですね。 もちろん、手話は手の形だけで表現できないこともあります。口形や表情といった情報も組み合わせながら、様々な手話を理解しましょう。

ついでに書いておきますと、指文字で good は、という音です。

手話を学ぶと言うことは、ろう者の文化を学ぶことでもあります。 そこで、おすすめの本がこちら! 鶴見大学図書館に、あります!

【書名】手話でいこう : ろう者の言い分聴者のホンネ

【配架場所】開架一般 【請求記号】369.276/A

聴者では簡単には分からない、ろう者の常識や気持ちを、ちょっとだけ理解できた気がします。

それから、特に初学者には必須の手話辞典(指文字もあるよ)は、こちら! 私も使ってます!

【書名】わたしたちの手話 : 学習辞典

【配架場所】開架参考 【請求記号】378.28/W/1

情報バリアフリー推進会では、様々な情報保障活動を実施するにあたり手話の勉強もしています。 あなたも一緒に手話の勉強、してみませんか?

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催される予定です。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、とうとう出ました! 

平成29年3月19日(日) 13:00~16:00
全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 情報バリアフリー推進会コンピュータ部 pc 顧問で、ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コース元木章博です。

-- [2017/01/24追記] ここから --

NPO法人「ことばの道案内」のfacebookで、本ブログ記事をご紹介いただきました。 早速のご紹介、ありがとうございました!

-- [2017/01/24追記] ここまで --

鶴見大学への交通アクセスを考えてみましょう。 もちろん、大学は地図情報をお出ししています。 鶴見大学のトップWebページ「アクセスマップ」のリンクがあります。 きっと、高校生・受験生の皆さんも、ご覧になったことがあるんじゃないでしょうか? その図を頼りに、鶴見大学へ来たことがある人も、いますよね?happy01

以前のブログ記事(「[情バリ] ガイドによる視覚障害者移動支援活動@サイトワールド2016」)で書きました。 視覚障害者自身による図書館へのアクセスについて、視覚障害者誘導用ブロック(通称:点字ブロック)やエスコートゾーンなど、様々な取り組みが全国で見られます。 それに加えて、言葉での道案内をなさっているNPO法人があります。 特定NPO法人の「ことばの道案内」です。

今回は、我々・情報バリアフリー推進会各学年のチームで、JR鶴見駅と京急鶴見駅から鶴見大学への「ことばの道案内原案」を作成し、A原稿(晴眼者が考える「ことばの道案内」)を、ことばの道案内の皆さんにプレゼンテーションしました。 みんな、気合いが入っていましたpunch もちろん、ドキュメンテーション学科の学生の皆さんは、貸与されているノートPC pc を、ここでも活用します!good

このプレゼンテーションの模様(その1その2)は、「ことばの道案内」のfacebookでご紹介いただきました。 ありがとうございました!happy01

先ずは、2年生チームです。 Oさんが、頑張っています!(ビシッ up

1

続きまして、3年生チームです。 4人が順番に発表しましたが、今回の写真は日本文学科Oさんです!(ビシッ!punch

2

そして、最後のチームは、1年生を代表して、Hさんです(ビシッ!sign03

3

学生ならではの新しい視点に基づいた道案内の提案に、「ことばの道案内」の皆さんから、ご意見を頂戴しました。 理事長のOさん、Kさん、ありがとうございました!think

4

さて、A原稿の原案を考えてみましたが、次はブラインド(視覚障害の区分でいうところの全盲)の方々からのご意見をいただくことになります。 果たして情バリは、駅から鶴見大学へことばのの道案内を作ることが出来るのか!? ご期待ください!

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催される予定です。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、とうとう出ました! 

平成29年3月19日(日) 13:00~16:00
全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

受験生高校生 pencil の皆さん、明けましておめでとうございます! コンピュータ部 pc と情報バリアフリー推進会の顧問で、ドキュメンテーション学科 book pc 情報学コース教員の元木章博です。 新年、最初の記事ですが、以前の記事(「[PJ-A/情バリ] 日本点字図書館オープンオフィス2016に行って来ました!(その1)」)の続きです。 その際、一緒にレポートしてくれたWさんですが、今回もお付き合いいただきます。

元木先生 「では、Wさん、今回のレポートも、お手伝いをお願いします。 この活動で、視覚障害者等(法律用語)に対する情報保障についての新しい知見が得られることを期待しています。」

Wさん 「前回も、ご一緒させていただきましたドキュメンテーション学科4年、情バリメンバーで元木研ゼミ長Wです。 今回も、宜しくお願い致します happy01

元木先生 「前回の記事では、DAISY図書の出納や発送作業の体験談でしたね。 1年生のBさんが写真に写っていましたが、もちろん他の学生さんたちも体験しましたね。」

Wさん 「はい、もちろん、私も体験しましたhappy01 他にも、白杖や盲導犬体験、iPhone/iPadやパソコン pc でDAISY図書を読んでみたり、点字カレンダーや点字付き名刺の作成など、自分で体験しながら学ぶことができるコーナーが数多くありました。 イベントも盛りだくさんの日本点字図書館オープンオフィス2016の報告が既に記事になってます。 実は、私もちょっとだけ写真に写ってますscissors

元木先生 「じゃぁ、そろそろ、我々が体験したことについて、レポートしていきましょう。」

Wさん 「はい、分かりました。 【サピエ調査隊!~レファレンス係のスタッフになって、本を探してみよう~】のコーナーでは、3年生のHさんYさんがキーワードを頼りに図書の検索をしていました。 図書の種類が幾つかありますので、みつけた!と思っても、点字図書 じゃなくてDAISY図書だった、なんてことがあったみたいです。」

Storageemulated0dcimcamera147900216

元木先生 「利用者からのリクエストに応えるためにレファレンス係は頑張っているんですね。 さて、次のレポートは何でしょうか?」

Wさん 「はい、次は白杖体験です。 1年生のHさん視野狭窄のゴーグルを着けて、歩行訓練士の島田さんにご指導いただきながら、日本点字図書館内のフロアや階段、そして館外の歩道で歩行訓練を体験しました。 通称点字ブロックを頼りに頑張って進んでいました。」

Dsc_4281_a_blog

元木先生 「Hさんは、盲導犬体験の時も褒められていました。 素質あるんですね(何の?)。 そういえば、毎年頂戴している点字カレンダーですが、【体験・点字カレンダーをつくって使おう!】コーナーで使っているアルミ板って、どうやって作ってるんですかね?」

Wさん 「そうなんですよね、私も???と思ってました。 それがですね、先生、あったんですよ。 ブレール・シャトルという名前の全自動点字製版機械です。」

Dsc_4285_a_blog

元木先生 「あ! あの【ギョッギョッギョッギョッ】って言いながら、アルミ板に打点していく優れものの機械のことだね。」

Wさん 「先生の言われている擬音語の表現はさておき、1年生のBさんHさんが見とれていましたね。 私も同じでしたけどcoldsweats01 凄いですよね。 パソコン pc に入力したデータを基に、打点していただけるんですものね。」

元木先生 「さて、そろそろ、この記事も終わりに近付いてきました。 Wさん今回の日本点字図書館オープンオフィスは、いかがでしたか?」

Wさん 「先ずは、日本点字図書館の皆さんにお礼を申し上げたいと思います。 いつも、楽しいオープンオフィスを開催いただき、ありがとうございます。 元NHKの迫田さんのご講演「視覚障害の皆さんから教わったこと」に参加させていただいた時、気が付いたのですが、手話通訳がついていました。 「日点で手話!?」と思うかもしれませんが、実際に会場で手話を使っている方々をおみかけしましたし、様々な場面で情報保障が必要なんだな、と思いました。 私は普段、元木先生情バリのメンバーと手話の勉強をしていますが、ますます頑張ろう!と思いました。 こういったことを通して、初めてこのイベントに参加した学生はもちろん、何度か訪れている学生でも1日楽しむことができました。 でも、毎年思っていますが、1日では廻りきれないですね。 いつも来年が楽しみです!happy01

元木先生 「Wさんは4年生ですので、来年度は在学生として参加することはありませんが、また、ご一緒出来たらいいですね。 日本点字図書館の業務は確かに【図書を貸し出す】ことに原点があることは間違いないと思います。 しかし、現在の視覚障害者を取り巻く環境は多様化していて、ただ単に図書を貸し出すだけではなく、リハビリテーションやサポートのサービスを提供する必要が出ています。 司書は、図書をはじめとする貸し出す物を通して、その先にいる利用者のことを、もっとよく考えることが出来るようになっていただきたいと考えます。 その答えの一つとして、奉仕の心があると思います。」

この活動は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費による事業の一部です。

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催される予定です。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、もうすぐ詳しい情報が出ますので、楽しみにしてて下さいね。 受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01