高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 book pc 情報学コースで、コンピュータ部 pc と情報バリアフリー推進会の顧問をしている元木章博です。 普段から、コンピュータ pc やインターネット等のICTを活かして、図書館 book をはじめとする情報提供施設の活動について考えを巡らせています。

情バリが、認定NPO法人「ことばの道案内」と一緒に作成した「鶴大版 ことばの道案内」の活動の様子が、タウンニュース鶴見区版に掲載されました。

★ 掲載Webページ → 『鶴大生が「ことばの道案内」 駅から大学の道のり音声で』

--2017/08/07追記【本家「ことばの道案内」のWebページにリンクいただきました】--

ご協力いただいたメディアの紹介へのリンク(2017年のリスト)

--2017/08/07追記【本家「ことばの道案内」のWebページにリンクいただきました】--

--2017/07/31追記【本家「ことばの道案内」のfacebookでも紹介されました】--

ことナビのfacebook記事へのリンク

--2017/07/31追記【本家「ことばの道案内」のfacebookでも紹介されました】--

以下の写真は、タウンニュースの記事とは異なる調査シーンの写真です。

20170707_16_44_41_blog

以下は、実際に作成した「鶴大版 ことばの道案内」です。 是非、リンクをクリックしてみて下さい。

★1 ことばの道案内「鶴見大学・鶴見大学短期大学部〔JR 鶴見駅〕」

★2 ことばの道案内「鶴見大学・鶴見大学短期大学部〔京浜急行本線 京急鶴見駅〕」

実は2017年6月に、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されました。

Banner_riha26_320x90

この研究発表大会には、視覚障害の方も参加されました。 情バリは、この大会までには絶対に「鶴大版 ことばの道案内」を完成して、公開しよう!と、取り組んで来ました。 今回の記事にもあるように『出席した視覚障害者からは「道案内があって心強かった」「経路がイメージできて助かった」といった感謝の声が寄せられた。』と、お声掛けいただいたこともあり、今後の活動も今まで以上に頑張っていきたいと思いましたrock

元木先生がサボっているおかげで、ブログでは、まだ作っている途中の記事([情バリ/PJ-A] ブラインドの方々に助けていただいて(その1))しか書いてありませんcoldsweats02 が、頑張りますsweat02

この活動の一部は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費の支援を受けていました。

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!


平成29年 8月 6日(日) 10:00~ 
平成29年 8月26日(土) 10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日) 13:00~

全学科同時開催 申込不要

Kakenhilogos

New_tate_color

科研費の成果を元に、小学校5・6年生向けに、2017年8月5日(土)9:40-16:20「点字の秘密を探る! ~自分の名前の3DCG点字を、コンピュータで作ってみよう~」というプログラムを開催します。 このプログラムには、去年の紫雲祭で開催したワークショップの内容も含まれています。 小学生も参加したこのワークショップの様子は、こちらのブログ記事(「[情バリ] 白黒反転点字名刺作成ワークショップ@紫雲祭2016」)で、ご覧ください。 このプログラムは、鶴見大学日本学術振興会との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンスの事業として実施されます。 このプログラムは、横浜市教育委員会横浜市鶴見区の後援を受けています。

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 book pc 情報学コースで、コンピュータ部 pc と情報バリアフリー推進会の顧問をしている元木章博と言います。 普段から、コンピュータ pc やインターネット等のICTを活かして、図書館 book をはじめとする情報提供施設について試行錯誤しています。

さて、今回は文学部鶴見大学の学生に対するキャリア(就職活動やインターンシップ等)支援活動の紹介です。

今週金曜日(2017年5月26日)には、2018年卒業生対象の学内合同企業説明会が開催されます!

4年生の皆さんは、スーツを着て、是非、参加しましょう!good

机の向こう側には、皆さんの先輩方(鶴見大学の卒業生)が座っているかもしれません。

そして、こういった情報は、記念館地下1階にある【キャリア支援課】の前に、たくさん揃っています!

加えて、6号館元木研究室のドアには、ところ狭しと「合同企業説明会」「会社説明会」「ハローワーク等の学外就職支援」「インターンシップ」といった情報のチラシが貼ってありますsign03

20170522

逐次更新していますので、お見逃しなく!scissors

平成29年度の鶴見大学オープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!

平成29年 5月28日(日) 13:00~ オープンキャンパス詳細 
平成29年 6月18日(日) 13:00~ 
平成29年 7月23日(日) 10:00~ 
平成29年 8月 6日(日) 10:00~ 
平成29年 8月26日(土) 10:00~ ※歯学部一日体験入学有(要申込)
平成29年 9月10日(日) 13:00~

全学科同時開催 申込不要

Kakenhilogos

New_tate_color

科研費の成果を元に、小学校5・6年生向けに、2017年8月5日(土)9:40-16:20「点字の秘密を探る! ~自分の名前の3DCG点字を、コンピュータで作ってみよう~」というプログラムを開催します。 このプログラムには、去年の紫雲祭で開催したワークショップの内容も含まれています。 小学生も参加したこのワークショップの様子は、こちらのブログ記事(「[情バリ] 白黒反転点字名刺作成ワークショップ@紫雲祭2016」)で、ご覧ください。 このプログラムは、鶴見大学日本学術振興会との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンスの事業として実施されます。 詳細情報は、後日、改めてアナウンスさせていただきます。 お申し込み・お問い合わせ等は、教育研究支援課 045-580-8318(ひらめき☆ときめきサイエンス担当)まで、ご連絡ください。

2017年6月10日(土)と11日(日)、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されます。

Banner_riha26_320x90

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

受験生高校生の皆さん、こんにちは! 情報バリアフリー推進会およびコンピュータ部 pc 顧問で、ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コースの元木です。

視覚障害者の方々に対する情報保障方法の一つとして、「ことばの道案内」があります。 我々は、本学への交通アクセスに関する情報保障をするために、認定NPO法人「ことばの道案内(通称:ことナビ)」の皆さんと「鶴見大学のことばの道案内」作成作業を継続しています。 以前のブログ記事([情バリ] NPO「ことばの道案内」の皆さんへのプレゼンテーション)で報告しましたが、学年対抗!?で情バリメンバーが「鶴見大学のことばの道案内」を考えて(そして、実際に歩きながら調査して)プレゼンテーションを実施しました。

さて、そのプレゼンテーションを受けて、2017年1月某日、ことナビの皆さん(全盲の方2名と晴眼の方々)が、現地調査の為、来学下さいました。 全盲のIさんがサングラスを取ると、そこには満面の笑顔が隠れていました。

Storageemulated0dcimcamera148496157

続いて、実地調査前の打ち合わせをします。 ことナビ理事長のOさんから自己紹介が始まり、続いてディスカッションに入ります。

Storageemulated0dcimcamera148496158

もちろん、学生(発言中なのは、2年生のHさん)も質疑応答に加わっていきます。

Storageemulated0dcimcamera148496281

これから行う実地作業は、晴眼の人だけで作った「ことばの地図」を、全盲の方に【見て】いただいて、意見を頂戴しながら、【見えない方/見えづらい方にとって】有用な「ことばの地図」へ修正していく作業が待っています。

全盲で、ことナビ副理事長のKさんやIさんに助けていただいて、「鶴見大学のことばの道案内」が出来上がっていきます! ありがとうございます!

さて、実地調査やデータ入力は、この後どうなったのか!? 次回をお楽しみに!

この活動は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費による事業の一部です。

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催されます。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、以下の日程で開催します!

平成29年3月19日(日) 13:00~16:00
全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 情報バリアフリー推進会コンピュータ部 pc 顧問で、ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コース元木章博です。

-- [2017/01/24追記] ここから --

NPO法人「ことばの道案内」のfacebookで、本ブログ記事をご紹介いただきました。 早速のご紹介、ありがとうございました!

-- [2017/01/24追記] ここまで --

鶴見大学への交通アクセスを考えてみましょう。 もちろん、大学は地図情報をお出ししています。 鶴見大学のトップWebページ「アクセスマップ」のリンクがあります。 きっと、高校生・受験生の皆さんも、ご覧になったことがあるんじゃないでしょうか? その図を頼りに、鶴見大学へ来たことがある人も、いますよね?happy01

以前のブログ記事(「[情バリ] ガイドによる視覚障害者移動支援活動@サイトワールド2016」)で書きました。 視覚障害者自身による図書館へのアクセスについて、視覚障害者誘導用ブロック(通称:点字ブロック)やエスコートゾーンなど、様々な取り組みが全国で見られます。 それに加えて、言葉での道案内をなさっているNPO法人があります。 特定NPO法人の「ことばの道案内」です。

今回は、我々・情報バリアフリー推進会各学年のチームで、JR鶴見駅と京急鶴見駅から鶴見大学への「ことばの道案内原案」を作成し、A原稿(晴眼者が考える「ことばの道案内」)を、ことばの道案内の皆さんにプレゼンテーションしました。 みんな、気合いが入っていましたpunch もちろん、ドキュメンテーション学科の学生の皆さんは、貸与されているノートPC pc を、ここでも活用します!good

このプレゼンテーションの模様(その1その2)は、「ことばの道案内」のfacebookでご紹介いただきました。 ありがとうございました!happy01

先ずは、2年生チームです。 Oさんが、頑張っています!(ビシッ up

1

続きまして、3年生チームです。 4人が順番に発表しましたが、今回の写真は日本文学科Oさんです!(ビシッ!punch

2

そして、最後のチームは、1年生を代表して、Hさんです(ビシッ!sign03

3

学生ならではの新しい視点に基づいた道案内の提案に、「ことばの道案内」の皆さんから、ご意見を頂戴しました。 理事長のOさん、Kさん、ありがとうございました!think

4

さて、A原稿の原案を考えてみましたが、次はブラインド(視覚障害の区分でいうところの全盲)の方々からのご意見をいただくことになります。 果たして情バリは、駅から鶴見大学へことばのの道案内を作ることが出来るのか!? ご期待ください!

2017年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催される予定です。

Banner_riha26_320x90

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、とうとう出ました! 

平成29年3月19日(日) 13:00~16:00
全学科同時開催 申込不要

受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

高校生・受験生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コース元木章博です。 私は、図書館 bookbuilding に、ICT(Information and Communication Technology)を、どんな風に活かしていくことが出来るのかを、ずーーーーーっと考えています gawk 受験生の皆さんも、高校生の皆さんも、私や少しだけ先輩の大学生たちと一緒 gemini に、パソコン pc やコンピュータ pc と図書館 bookbuilding のことを考えてみませんか? happy01 いつもよりは、ちょっと真面目!?に考えてみました。

日本図書館協会図書館政策特別委員会による「公立図書館の任務と目標」における、第2章「市(区)町村立図書館」2「図書館サービス」にある以下の記述に注目しました。 一部、引用します。

-- 引用(ここから)--

18.高齢者の人口比や社会的役割が増大しているいま,高齢者へのサービスについては,その要望や必要に応じた資料,施設,設備,機材の整備充実に努める。さらに図書館利用の介助等,きめこまかなサービスの提供に努める。
19.障害者をはじめとして図書館の利用を疎外されてきた人びとに対して,種々の方途を講じて図書館を利用する権利を保障することは,図書館の当然の任務である。

-- 引用(ここまで)--

こういった、高齢者・障害者の方々へ、図書をはじめとする資料へのアクセスを保障することは、もちろん非常に重要なことです。 ただし、ここでは、高齢者の介助等の必要性については述べられています。 しかし、それよりも手前の図書館自身へのアクセスを保障することも重要です。 それについては、日本図書館協会(製作責任、障害者サービス委員会)が公開されている「図書館における障害を理由とする差別の解消の推進に関するガイドライン」における5「基礎的環境整備」(3)施設設備の整備には、以下の記述があります。

-- 引用(ここから)--

障害者・高齢者が円滑に図書館を利用できるよう、施設・設備の改善と整備に勤める。

①図書館までのアクセス: 最寄り駅からの視覚障害者誘導用ブロック、障害者用交通信号付加装置(音響式信号機等)等

-- 引用(ここまで)--

(3)施設設備の整備において、図書館の施設や土地の外側に対する言及が行われているのは、視覚障害者による図書館への交通アクセスという観点において、素晴らしいことであると特筆するべき内容だと思います。 委員会の皆さんのご努力が伺えます。

もちろん、こういったハードウェア面での基礎的環境整備が必要であることは言わずもがなと思います。 そして、この次に整備を行いたいのは、ソフトウェア面での取り組みです。 多くの視覚障害者の皆さんは、活字からの情報取得が難しかったり、出来なかったりします。 しかし、それとは別に、他の問題もある場合があります。 彼らは、移動困難者でもあります。 もちろん、晴眼者でも怪我をしたりすれば、同様に移動困難者になります。 国立民族学博物館・准教授で、日本宗教史や触文化論がご専門の広瀬浩二郎先生は、ご著書「身体でみる異文化 目に見えないアメリカを描く」のp.75-76で、以下のように述べられています。

-- 引用(ここから)--

出張二日目の昼食をとるため、ホテルのフロントで「近くにあるレストランを教えてください」と尋ねた。僕が自力で行って帰ってくるためには、なるべく近距離で、直線移動できるレストランが望ましい。目と鼻の先にあるはずのレストランに、なかなかたどり着けない。こんなことはしばしばある。鼻と耳を頼りに、僕は寒いボストンの町中をふらふら歩く。・・・(中略)・・・さらに歓迎すべきことに、レストランの店長が僕をホテルまで送ってくれるという

-- 引用(ここまで)--

広瀬浩二郎先生のご著書は、鶴見大学図書館でも借りることが出来ます。

身体でみる異文化 : 目に見えないアメリカを描く / 広瀬浩二郎著 配架場所は「開架 一般」で、請求記号は「369.275/H」です。

こういった手引きは、移動困難者である視覚障害者にとって、とても良いサービスであることは間違いありません。 司書をはじめとする図書館スタッフによる、こういった移動支援の実施が望まれると思います。

さて、長くなりましたが、情報バリアフリー推進会では、こういった考え方に基づいて、加えて、日本点字図書館からの応援要請もあり、視覚障害者向け総合イベントであるサイトワールド2016に、学生6名(3年生:3名、2年生:3名)が視覚障害者移動支援活動のお手伝いに行きました。

晴眼者の方も来場しますので、こういった看板での誘導も行います。

Dsc_4231_a_blog

Storageemulated0dcimcamera147815003

それから、エレベータの前では、誘導に加えて、フロアのご案内も声を出して実施します。

Storageemulated0dcimcamera147814280

そして、視覚障害者の移動支援も、もちろん実施します。 駅の改札口前で待機していて、来場者と思しき白杖を持っている方々へお声掛けします。 そして、以前のブログ記事(「[PJ-A/情バリ]「視覚障害を理解する!」講演会+視覚障害疑似体験@紫雲祭2016」)でご紹介しましたが、紫雲祭の時に学んだ誘導を実践します。

来年6月には、鶴見大学で、視覚障害リハビリテーション協会第26回研究発表大会が開催される予定です。 その時にも、力を発揮できると思います!good

Banner_riha26_320x90

来年、サイトワールド2017が、2017/11/01-03で開催予定です。 また、情報バリアフリー推進会が、お手伝い出来るように頑張っていきたいものです。 日本点字図書館さん、我々へのお声掛け、ありがとうとざいました!happy01

平成29年の鶴見大学春のオープンキャンパスですが、もうすぐ詳しい情報が出ますので、楽しみにしてて下さいね。 受験生・高校生の皆さんに、お会いできることを、楽しみにしています。 では、また。happy01

受験生高校生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 pc book 情報学コースの教員で、ICT(Information and Communication Technology)を図書館に活かすには、どうしたらいいんだろう?と考え続けている元木章博と申しますthink それは、ドキュメンテーション学科で、学生全員に貸与されるノートパソコンの活用についても同じように考えています。

それは、鶴見大学の課外活動で、コンピュータ部 pc や情報バリアフリー推進会での取り組みにおいても、学生さんたちと一緒に、ずっと考えていることでもあります。 受験生、高校生の皆さん、是非、在学生や私と一緒に、考えながら、活動しませんか!?

と言いつつ、今回の記事は、それらの活動が始まるほんのちょっと前、朝のキャンパス風景のお話です。

我々の大学である鶴見大学は、総持学園と言うグループの一員です。 キャンパス自身は、曹洞宗大本山總持寺の境内の一部にあります。 とても広い敷地で、その緑溢れる禅苑の片隅で、学生と教職員が一緒に学び合っています。

總持寺の参道は、お山から見て大まかに東を向いており、朝、出勤する時には、こんなに素敵な日の出 sun に出合うことが出来ます。 何だか、とても有り難く感じてしまい、ご来光と書きたくなってしまいそうです。

Dsc_4376_a_blog

そして、總持寺の参道を振り返って、見上げた空には・・・空を埋め尽くすうろこ雲 cloud

Dsc_4377_a_blog

maple ですねぇ・・・

ところで、【鶴見大学入試課公式】受験生応援ブログ記事「『冬のキャンパス見学会』を開催します!」でも、ご紹介していますが、12月17日(土)「13:30~」と「14:00~」、鶴見大学冬のキャンパス見学会を実施します。 キャンパスツアーのあと、入試相談コーナーもありますので、どうぞいらして下さいね。 お待ちしてます。

受験生・高校生の皆さん、こんにちは。 ドキュメンテーション学科 book pc 情報学コースで、情報バリアフリー推進会コンピュータ部 pc 顧問の元木です。

以前、認定NPO法人「ことばの道案内」打ち合わせと現地調査にお邪魔させていただいた件についてブログ記事を書きました。 その後、鶴見大学でも、色々な人たちの(交通)アクセスについて、もっと考える、そして具体的に行動する必要があることに気が付いて、情バリとして、次の一手を打つことにしました。 その為の前哨戦として、「ことばの道案内」の皆さんと打ち合わせを行いました。 ドキュメンテーション学科 book pc 3年生のHさん(情バリの部長さん)も、打ち合わせで議論に参加しつつ、貸与されているノートPC pc で議事録を作成するためにメモを取ってくれていました。 貸与PC pc は、こんなところでも大活躍ですね!

「ことばの道案内」のfacebookでも、今回の打ち合わせをご紹介いただきました。 ありがとうございました。

Img_1777_a_blog

色々な場所へ移動する際、目的の場所(組織等)が公開している交通アクセスに関する情報ってありますよね? 私も出張する時、大学や研究所、図書館やホテルといった場所の情報を事前に調べます。 こういった交通アクセス情報の提供について、元木研4年生のSさん(もちろん、彼女も情報バリアフリー推進会の部員です)が、卒業論文のテーマとして取り組んでいます。

Img_1779_a_blog

今回の打ち合わせは、ランチミーティングということで、授業が終わった部員の皆さんが、徐々に集まって来ています。 交通アクセスという情報保障手段について、議論は深まります。

Img_1781_a_blog

ことナビの皆さんから、我々にご提案いただいた「先ず、A原稿(晴眼者が最初に作る原稿)を作ろうとしてみよう!学年対抗でやってみたら?」を実施します。

受験生や高校生の皆さん、我々と図書館へのアクセスについて、一緒に考えてみませんか?

来年の6月9日(金)~11日(日)には、第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会 in 川崎・鶴見が、川崎市視覚障害者情報文化センター(旧・川崎市盲人図書館)(6月9日)と鶴見大学(6月10日と11日)で開催されます。 情バリの皆さんは、視覚障害のある参加者の皆さんの誘導でも、サポート活動を頑張りましょう!

ところで、【鶴見大学入試課公式】受験生応援ブログ記事「『冬のキャンパス見学会』を開催します!」でも、ご紹介していますが、12月17日(土)「13:30~」と「14:00~」、鶴見大学冬のキャンパス見学会を実施します。 キャンパスツアーのあと、入試相談コーナーもありますので、どうぞいらして下さいね。 お待ちしてます。

秋の空気

2016/09/28

こんにちは。ドキュメンテーション学科教授の元木です。

この時期は、色付く植物がたくさんあって、とても「ほっこり」します。

毎年、彼岸花の成長を通勤途中に眺めていますが、本当にあっという間に成長して、花をつけます。

とても素敵ですね。

Dsc_4034_compressed9月18日

Dsc_4040_compressed9月21日

Dsc_4052_compressed9月26日


AO2期入試の為の面談日ですが、10月1日が最終日です。どうぞ、いらして下さい。お待ちしています。

10月1日(土) 13:00~ 14:00~ 15:00~

こんにちは。ドキュメンテーション学科 pc 情報学コース教員の元木です。

-- 2016/12/14に追記(ここから) --

認定NPO法人「ことばの道案内」のWebページ【最近の活動報告●2016年 8月から2016年10月】に我々の訪問が記録されています。

-- 本文の引用(ここから) --

8月 6日(土)定例会議。10時から11時30分まで。
 場 所:午前:豊島ボランティアセンター。
  午後:現地調査。
 参加者:ブラインド4名、晴眼者7名、鶴見大学から見学者3名(教員1名、学生2名)、合計14名。

-- 本文の引用(ここまで) --

-- 2016/12/14に追記(ここまで) --

2016年8月6日(土曜日)に、認定NPO法人「ことばの道案内」のミーティングと現地調査に参加させていただきました。

「図書館へ、視覚障害のある人が行くには、どんな困りごとがあるのかな?」

こんな疑問があると思います。 それに対する答えの一つがコレかもしれません。

ある場所への経路情報の表現方法として地図があります。 晴眼者(正眼者とも表現する)は目で見て分かります。 しかし、全盲や弱視の方々(「ことばの道案内」の方々は【ブラインドの方々】と呼称しておられました)は、視覚に依存した経路情報を得ることが難しい場合があります。

そこで、「ことばの道案内」の皆さんは、ブラインドと晴眼の方々が協力して特別な地図として経路情報を言葉で表現されています。

午前中は、彼らのミーティング(定例会)に参加させていただきました。 早速、facebookでご報告いただきました。ありがとうございました。

池袋駅近くにある豊島区の豊島ボランティアセンターで打ち合わせを行った後は、ランチも、ご一緒させていただきました。

午後は、3チームに分かれましたが、我々・鶴見大学3名(学生2名+教員)は、田端駅からの現地調査に同行させていただきました。

主に晴眼の方々が作成した「ことばの地図」原稿を元に、ブラインド1名+晴眼2名のチームで、実際に現場をブラインドの方が白杖や五感(残存視力がある場合)を使って歩きます。 晴眼の方は、その原稿を読みつつ、ブラインドの方のサポートをしたり、もう一人の晴眼の方はウォーキングメジャーを使って距離を確認します。

Dsc_3524_compressed

途中で重大なことに気が付きました。 駅から橋を渡るところまでは(点字)誘導ブロックがありました。

しかし、緩い角度の階段を降りた先には誘導ブロックがありませんでした。 ココから先は進むのが、とても大変であることを理解しました。 信号の手前の距離を測ります。 ウォーキングメジャーでの計測を学生が体験しました。

Dsc_3526_compressed

ことばの地図の作成は、思っている以上に、とても大変であることを実感した現地調査でした。

認定NPO法人「ことばの道案内」の皆様、今回は、ありがとうございました。

この出張は、平成28年度鶴見大学(第一期)学長裁量経費による事業の一部です。

さて、鶴見大学オープンキャンパスは、残り2回となりました。

平成28年 8月27日(土)10:00~ (14:00受付終了)
⇒8月27日(土)は「歯学部一日体験入学」も実施(10:00~、要申込)
平成28年 9月11日(日)13:00~ (15:00受付終了)

8/27はお昼休みに学食体験もあります! 皆さんにお会いできることを楽しみにしております。

こんにちは。ドキュメンテーション学科情報学コースの元木です。

9月上旬から中旬にかけて、にょきにょき、してます。これは何でしょう?

Dsc_0151_compressed

???

Dsc_0269_compressed

凄く、にょきにょき、してきましたが・・・何でしょうか?

Dsc_0272_compressed


彼岸花でした。ここまで書いて、去年も彼岸花の話をブログ記事にしていたことを思い出しました。

今年の私の観察眼は、彼岸花が咲く前から光っていたようです。

受験を検討している皆さんには、AO入試推薦入試が待っています。自分に合った入試を選んで、是非、会いに来て下さい。お待ちしています。

高校1・2・3年生と、保護者の方を対象としたオープンキャンパスを開催します。ドキュメンテーション学科のまなびの内容を詳しく紹介しますので、関心をお持ちの方はぜひ参加ください。

本学科の内容を詳しくお知りになりたい方は、ドキュメンテーション学科紹介ビデオをご覧ください。

ドキュメンテーション学科ホームページ