新着図書紹介

2016年2月 8日 (月)

新着図書の紹介

お久しぶりですsign03

今回は新着図書の中から5冊book紹介します。

365日、今日行くべき世界で一番すばらしい場所 /

サラ・バクスター編著 ; 駒野谷理子 [ほか] 訳

自然をこよなく愛する旅行雑誌の編集者が選んだ365日のベストスポットeye

単なる素晴らしい自然の紹介かと思いきや、何月何日どこに行けば

こんな素敵なものがみられるよnoteという解説つきがナイスgood

 

顔の百科事典 / 日本顔学会編

動物学leo・人類学run・医学hospital・心理学eyeglass・美容学rouge・などなど、さまざまなジャンルから

」について語っているのが面白いhappy01

いい顔の人間になってくださいねcatface、とある意味顔から伝えている深い本。

 

認知症予防トレーニング認トレ :

一生ボケない!38の方法 / 広川慶裕著

テレビtvでも認知症にはアロマオイルtulipが…と一部盛り上がっていますが、

これもまた認知症予防に気になる一冊。

 

南武線・鶴見線 : 街と駅の1世紀 :

昭和の街角を紹介 : 懐かしい沿線写真で訪ねる /

生田誠著

鶴見線trainが載っているので選んだ一冊。

当時の面影も残る場所もあるので、探検に行ってみても…run

 

芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本 :

知識がなくてもできる教養の磨き方 / 藤田令伊著

気楽に美術館を楽しんでね、という美術館の楽しみ方searchの案内書eye

オススメhappy02の美術館も載っています。この春休みにまったり楽しんでもいいかもしれません。

今回は以上です。

また、次回をお楽しみにheart04

(C.Y.)

2015年11月20日 (金)

新着図書の紹介

今回は、ランダムに以下の5冊を選びましたhappy01

装丁デザインのアイデア! :

実例で学ぶ!!本の表紙のデザインテクニック /

オブスキュアインク, ボーンデジタル書籍編集部著

本の構造から実例表示のデザインまで載っていますhairsalon

文字のサイズや配置、イラスト、写真、配色などの

様々な装丁の工夫が奥深い1冊。

 

写真と文によるヴィクトリア朝ロンドンの街頭生活 /

ジョン・トムソン, アドルフィ・スミス著 ; 梅宮創造訳

以前、ヴィクトリア朝時代の生活を体験する、というのを

テレビで見たことがありますclubそれを思い出してつい選んだ1冊。

ご一家で掃除機もなくコルセットをして、かなり大変そうに生活

していたのが印象的でしたcoldsweats02

 

東京居酒屋ガイド :

Bilingual Edition What to Do at Night in Tokyo /

島本慶著 : SKIP著

居酒屋beerの言葉を見て選んでしまいましたcoldsweats01

でもこの本は、英語で紹介されています。

左ページ英文・右ページ和文でわかりやすいgood

カラー写真だと臨場感がアップしていいと思うのですが、

カラーは表紙のみでした・・・。

 

産地別すぐわかるやきものの見わけ方 / 佐々木秀憲監修

日本のやきものjapaneseteaから世界のやきものcafeまで紹介された1冊sign01

作り方やメンテナンスまで解説されていますwink

 

クリスティー「アクロイド殺人事件」 :

小説を味わう力をつけるDual reading英和併読/ 藤澤光治著

解説つきpencilで読めるアガサ・クリスティーの代表作。

文法からその時代の村や教会などの解説もあるので、

想像しやすくなっています。

ブロックごとに解説されているので、ちょっともどかしいと

感じるかもしれませんwink

それでは、今回はここまで。

次回をお楽しみにsign03

(C.Y.)

2015年10月27日 (火)

新着図書の紹介

今回選んだのは、以下の5冊です。

 

グループでもできるビブリオトーク : 「わくわく」「どきどき」する本の紹介方法

/ 笹倉剛著

ビブリオバトルが盛んなことですが、小中学生にはあまり適していないため

一人から数人で本を紹介していくことにしよう、というものbleah

まだ、当図書館ではビブリオバトル開催に至れていないので、

ビブリオバトルのとっかかりとしてまずこちらをしても良いかもしれないと思いました。

 

不思議で美しい貝の図鑑 / ポール・スタロスタ, ジャック・センダース著

一ページにつきひとつ、あるいはふたつくらいの配分で、非常にくっきりしたカラー画像が

美しい一冊camera 殻高も表記されているので、実際の大きさもわかります。

 

50の名機とアイテムで知る図説カメラの歴史

/ マイケル・プリチャード著 ; 野口正雄訳

どんなものにも始まりはあるもので、カメラcameraはどうやって思いついたんだろうと

改めて考えてしまうものですが。1983年から最新までを納めた一冊。

 

日本刀 : 神が宿る武器 / 服部夏生, 仲森智博著

最近人気の日本刀happy01 刀鍛冶の仕事の流れから、作品についての語り

また巻末には名刀50選を紹介しています。

 

じっちょりんのふゆのみち / かとうあじゅ作

冬物の絵本が多数はいってきました。0歳児向けのものも入りましたが、こちらは1歳から。

じっちょりんシリーズの1冊です。じっちょりん一家が冬を過ごすためのみちのりですsnow

では、また次回をお楽しみにsign03

2015年9月19日 (土)

新着図書の紹介

今回は、ゆるーく選ばせていただきましたhappy01

『日本の最も美しい図書館 / 立野井一恵文』

素敵な図書館が厳選された見事な1冊。

映画「図書館戦争」で出てきた図書館もあるなぁとじっくり見てみたり、

近未来マンガで昔あったようなデザインや、古き良き書斎タイプ、

はたまた開放的で緑のある図書館などなど厭きませんshine

 

『仏教のすべてを英語で語ろう : 対訳 / ジェームス・M・バーダマン著』

以前、留学していた友人が質問されたことがある、といっていたテーマだったので

選んでみましたairplane

その時は神道だったような気もしますが。

イラスト写真付き、見開きページで対訳になっています。

 

『和菓子の本』

ずばり、食欲restaurantで選択しました。

『究極の文房具カタログ / 高畑正幸著』も気になったのですが、食欲一択でsign01

いまは栗もののお菓子がお店に並んでいますが、この本は

綺麗でかわいくて美味しそうな品がより取り見取り。カラーで見れます。

きんつば、どら焼き、たいやき、豆大福、定番もしっかりありますよgood

 

『日本のふくもの図鑑 / 上大岡トメ, ふくもの隊著』

ふくもの=縁起物。

よろしくないニュースの多い昨今、ちょっと縁起をかつぎたくて手が伸びた1冊。

イラストがかわいくてほっこり和みました…catface

 

『ファンタジーを書く : ダイアナ・ウィン・ジョーンズの回想 /

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 ; 市田泉, 田中薫子, 野口絵美訳』

「ハウルの動く城」読んだな、と思いつつ選んだ1冊。

著者の半生を回想したもの。最後に著作リストもまとまっているので、

探して読み直すのもいいかもしれませんnote

 

今回は、ここまで。

また次回をお楽しみに。

(C.Y.)

2015年9月 2日 (水)

新着図書の紹介

今回の新着図書紹介は、

学生アルバイトさんshadowshineに選んでもらいましたscissors

『忘れられないあの日 : 広島・長崎被爆者の詞画集 : 被爆70年 / 神奈川県原爆被災者の会編 ; 関西学院ヒューマンサービスセンター訳』

戦争を知らない世代で、話だけは聞いているけれど

絵で見ると悲惨さがよくわかります。

写真は見るのが怖いですが、絵なのでちょっと見やすいかもeye

 

書物がひらくルネサンス / 印刷博物館学芸企画室, トッパンアイデアセンター, 五柳書院編集・制作 (ヴァチカン教皇庁図書館展 ; 2)

本が好きで、図書館めぐりも好きなので

名前がかっこいいなと思って手に取りましたup

図書館史の授業で、海外などの図書館の写真camera

たくさん見せてもらいました。

自分も行ってみたいですairplane

 

日本の祭と神賑(かみにぎわい) : 京都・摂河泉の祭具から読み解く祈りのかたち / 森田玲著

お祭りや神様に関心がありますshine

近所のお祭りでは屋台などが中心で、行事がないのですが

世の中にはいろいろな祈りごとがあるんだなぁと思いましたconfident

写真もたくさんあっておもしろいです。

 

今回はここまでですdash

shadowshineさん、コメントもありがとうございました。

違っているところがあったらお知らせくださいねbleah

 

9月4日(金)から貸出できます。

では、次回をお楽しみにpaper

(hh)

2015年7月28日 (火)

新着図書の紹介

今回は「おでかけ」に関するものを選びましたsign01

 

神都物語 : 伊勢神宮の近現代史 / ジョン・ブリーン著

天照大神sunを天皇家の祖先神として祀る伊勢神宮の歴史。

まだ行ったことのない場所なので、手がのびました。

20年に1度の式年遷宮。別宮の遷宮も2014年にありましたが、

お参りしてみたいものですheart04

 

松陰の歩いた道 : 旅の記念碑を訪ねて / 海原徹著

NHKで放送中の大河ドラマslateは、吉田松陰の妹さんに

スポットsagittariusがあたっています。

こちらは、吉田松陰の旅した場所をたどるものです。

全国旅するのは当時大変だったのではないでしょうか。

 

新・東海道水の旅 / 浦瀬太郎著

東海道の水の旅wave

多摩川、天竜川、浜名湖、木曽川、琵琶湖・・・自宅で使う水道水cafe

どこからきているか水の大切さを再認識できる1冊book

 

東京のちいさな美術館めぐり / 浦島茂世著

東京を含め、神奈川県・千葉県・埼玉県などもある美術館、

博物館の紹介本です。

併設のカフェcafeやグッズもあなどれないので、ぜひあわせて

楽しみたいものheart01

個人的には、スフレパンケーキcakeやいちごのババロアや、

醤油マーブルアイスなどが大変気になりましたlovely

 

旅館すずめや / 雨宮尚子著

おでかけするなら、逗留するところもhotel、という考えから選んだ1冊。

季節は冬snowなんですが、おかみの行き届いたサービスはすばらしいと

思いますshine絵本ですが。

 

今回はここまで。

また次回をお楽しみにsign03

(C.Y.)

2015年7月17日 (金)

新着図書の紹介

今回は、暑いので涼を求めて怖いものをテーマに

選んでみましたhappy01

こわい絵本 : おとなと子どものファンタジー

別冊太陽sunシリーズです。

昔話や童話からおばけと妖怪、奇妙な世界、死、シュール、

残酷などのテーマにわけて絵本bookが紹介されています。

物理的な怖さと精神的な怖さ、どちらが怖いかと聞かれると

ちょっと悩みますよね。

 

辻占の文化史 : 文字化の進展から見た呪術的心性と遊戯性

/ 中町泰子著

辻占とは、もともと夕方の辻で耳に入った言葉から

吉凶を占うものだったそうです。

そこから双六からかるた、フォーチュンクッキーなどに変化したとかshine

色々展開があるものですよね。

ちょっと怖いものから遊びへ変化したもの。

深く考えると、遊びも怖いものになる気がします。

 

民俗と仮面の深層へ : 乾武俊選集 /

乾武俊著 ; 山本ひろ子, 宮嶋隆輔編

我が家にも、いつからあるのかわからない

地方土産のようなお面があります

よくよく見直せば、不気味ともいえるのですが、

もう慣れてしまっているせいか気にならなくなっています。

ですが、この本の口絵のカラーの仮面は

ちょっと怖かったので選びましたsad

 

九相図をよむ : 朽ちてゆく死体の美術史 /

山本聡美著

死体を9段階にわけて白骨になるまでを描いている図を

九相図というそうですshock

読むだけで怖いです。

昔から六道絵やら地獄絵やら…日本にも怖い絵は

いろいろありましたwobbly

 

乱歩ワールド大全 / 野村宏平著

子どもの頃読んだ「少年探偵団」、

成長してから読んだ江戸川乱歩の探偵明智小五郎シリーズ。

その違いにかなり驚いた記憶があります。

こんなにきも…グロかったかと。

まあそれでも読みましたけど。

みなさんのイチオシ乱歩作品はどれでしょう?

それでは、今回はこれまで。

また次回をお楽しみに!

(C.Y.)

2015年7月13日 (月)

新着図書の紹介

少し遅れてしまいましたが、7/10に新着コーナーに入った

図書を紹介しますhappy01

幕末明治「外国人見聞録」事典 : 特集

やまかわうみシリーズVOL.10の外国人見聞録。

当時の写真cameraや外国人みた日本についての本、書簡などが紹介されています。

写真cameraがあるとぐっと身近に感じられますよねgood

 

海外留学は人生を変える : 挑戦者たちの証言 /

一橋大学, アエラムック編集部編

留学者の経験談karaokeとパネルディスカッション、アンケート結果があります。

留学した国や理由、留学した効果などがあって、わかりやすいですnotes

 

女心をつかむPOP&キャッチコピー :

売上げ倍増! / 石川香代著

財布のヒモをにぎる女性の心をつかむコツが満載ですlovely

POPをはじめ、さまざまなキャッチコピーのアイデアがあります。

小さいカード1枚にこめられた奥の深さをひしひしと感じますshine

あなどれませんsign01

 

アナと雪の女王 / 石原真弓英文解説

ディズニーの英語シリーズで入った1冊snow

附属のCDがあるので、リスニング・リーディングにも利用できます。

他に『美女と野獣』『シンデレラ』などディズニーの人気のものも

入っていますheart04

 

英語で読むグリム名作選 =

The best of Grimm's fairy tales /

グリム兄弟原作 ; 出水田隆文英語解説 ; 宇野葉子翻訳

こちらも英語力アップにおすすめの1冊heart01

左ページに英語、右ページに日本語訳で見比べることができるのと、

附属ディスクがついているので、こちらも発音やリスニングmusicに便利です。

しかし、グリム童話ってどうして今の版ではストーリーが変わっていたり

するんでしょうね。

昔話、当時のままで読んでみたいと思うのですが。

それではまた次回。

(C.Y.)

2015年7月 4日 (土)

新着図書の紹介

今週の新着図書bookの紹介ですhappy01

 城から見た信長 / 千田嘉博 [ほか] 著 ; 奈良大学編

信長の城づくりから歴史を読み本能寺の変後、織田氏はどのように引き継がれたか。

個人の好みとしては、もう少しカラー写真cameraが欲しいかと。

巻頭にカラーはありましたが、中身は白黒だったのでdiamond

 

伝えるプレゼンテーション魅せる工夫 :

arrangement & design / 池田龍二編著

みせ方に主眼をおいたプレゼンテーションのコツが、

わかりやすく書かれています。

一般的なプレゼン技術がわかる本です。

 

『「食べる力」が健康寿命をのばす / 脇田雅文著

専門家じゃなくても分かりやすく読める口腔機能のあれこれ。

ついついわかりやすく、と書いてしまいますけど、

わかりやすいということは大事ですよねsign01

専門用語を使われても分からないこともありますから。

図解もあって読みやすいと思えた1冊でしたsmile

 

かわいい絵巻 / 上野友愛, 岡本麻美著

姿が、しぐさが、色合いが…など、かわいいにはいろいろありますが

いろんなかわいさにポイントにおいた絵巻物が紹介されています。

ポイントを説明されると、次々気になる絵巻がでてきますheart04

 

旅猫リポート / 有川浩

表紙の絵でついつい選んでしまった1冊book

子どものころに読んだ本でこの人の描いたものが多かった。

「だれも知らない小さな国」とか、「ジュンと秘密のともだち」とか。

もちろん、この本もいいですよ。

猫と人間のお話。

ひとことでいうのもなんですが。

 

それでは、今回は以上です。

また来週をお楽しみにheart

(C.Y.)

2015年6月20日 (土)

新着図書の紹介

今週も新着図書の紹介がやってまいりましたhappy01

ランダムに抜いたこの5冊を紹介しますnote

世界を変えた100の本の歴史図鑑 :

古代エジプトのパピルスから電子書籍まで /

ロデリック・ケイヴ, サラ・アヤド著 ; 大山晶訳

100冊の本bookで人類の叡智5000年の歴史をたどります。

壁画・パピルス・巻物・皮から現代の電子書籍に至るまで、

カラー図版で楽しめます。

 

日本の地名 : 由来のウソと真相 :

あの土地・山・島・川…の呼び名の本当のルーツ! /

楠原佑介著

鎌倉とは箱根とは横浜とは・・・地名や人名、由来はさまざまありますが、

日本の地名を見直す1冊。

 

ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由 /

フォルカー・シュタンツェル著

ドイツ大使のブログpencilを元に再構成した1冊。

日本とドイツ、世界との比較など、丁寧にわかりやすく書かれています。

 

迷った時にすぐ引ける勘違い敬語の辞典 / 西谷裕子著

お店でつい気になってしまう言葉遣い・・・なんでこんな言い回しに

なるんだろうと不思議になることがあります。

しかし、人に言えるほど、自分は敬語を理解しているだろうかと

我が身を振り返ることも。自分で話す言葉を確認する1冊。

 

おりがみ大百科 : 最新版 / 造事務所編集・構成

カウンター横で七夕用の笹を飾っているので、つい手に取った1冊。

鶴は折れるけれど、でめきんやかたつむり、メモスタンドまで・・・ずいぶん多様化していて驚きました。

今週は以上です。

また次回をお楽しみにheart04

(C.Y.)