2019年4月22日 (月)

ゴールデンウィーク中の図書館利用について

以下の期間中、図書館は改装工事のため閉館いたします。

 期間:2019年4月28日(日)~5月6日(月)

4月29日と5月6日は授業がありますが、利用はできません。

ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年4月15日 (月)

令和をテーマにミニ展示を開催中

現在図書館メインカウンター前で「大化から令和への道のり」と題してミニ展示を開催中です。

Photo 5/1に改元され、平成から令和となります。

令和は『萬葉集』梅花三十二首併せて序から決定された元号ですが、この『萬葉集』にはさらに元となった漢籍『文選』があります。

図書館では『文選』『萬葉集』そして、江戸末期までの元号を相撲番付表になぞらえた『大日本年号有稔合数望(だいにっぽんねんごうながみじかみたてすもう』の3点の貴重書および、様々な角度から執筆された萬葉集の解説や日本文化の本も展示しています。

期間 2019年4月4日(木)~5月18日(土)

場所 図書館1階 カウンター横

ぜひご覧ください。

Img_7737

Img_7738

Img_7739

(kt)cat

2019年4月11日 (木)

選書ツアー本コーナー工事中です

館内各所で改修工事中です。

ただいま選書ツアー本コーナーがふさがっていますdanger

数日間利用できません。

ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。

(hh)

2019年4月 6日 (土)

学生選書ツアー参加者募集中!

 Photo_2

 

現在図書館では、今年度第1回目となる

学生選書ツアー参加者を募集しています。

選書ツアーとは、学生さんに実際に書店に足を運んでもらい、

“大学図書館に入れて欲しい本、お勧めしたい本を選書してもらう”

という素敵な企画ですshinebook

  

   開催日 : 2019年6月1日(土

          ①10:00~12:00 丸善(丸の内本店)

          ②14:00~16:00 三省堂書店(神保町本店)

   募集人数 : 14名 【定員超過の場合、抽選(初参加者を優先)】

   申込資格 : 本学学生であること、POP作成や展示に協力してくれる方

   交通費 : 自己負担

   申込締切日 : 2019年5月15日(水)

   申込書提出先 : 図書館カウンター

    

選書ツアー申込書はこちら

  申込書は、学内の掲示ポスター、図書館メインカウンターでも入手できます。

  

今回は、同日内で書店を変えて午前と午後に2回開催します。

ご希望の時間帯をお選びください。

尚、参加者には記念品を差し上げます。

たくさんのお申込みお待ちしておりますflair

   

お問い合わせ

鶴見大学図書館 選書ツアー担当

TEL:045-580-8274(※土日・祝日は除きます)

E-mail:sensho@tsurumi-u.ac.jp

(te)

2019年4月 5日 (金)

学生選書ツアー展示開催中

bell学生選書ツアー本book展示中ですsign03

  Img_7710_2

昨年11月に開催された学生選書ツアーで選ばれた204冊の本を展示しています。

Img_7704_2 

選書ツアーは、平成30年に、丸善丸の内本店 11月12日(月)、15日(木)、紀伊國屋書店横浜そごう 11月17日(土)午前、午後、三省堂書店神田神保町 11月17日(土)午前 の計5回開催されました。計15名の学生さんが参加しました。

Dsc_0685

Photo_3

Dsc_0580Img_6481

 

今回の展示は参加した学生さん一人ひとりが1台のテーブルまたは展示ラックの片面を使用し、各自思い思いに展示をしてくれました。もちろん、POPの作成も!

Img_7607

選書した本やPOPから、それぞれの学生さんの個性や世界観が感じられる、楽しい展示になりました!

図書館にお立ち寄りの際は、ぜひ、ご覧になって、借りてみてください。

Img_7706

Img_7702

期間:2019年3月18日(月)~4月24日(水)

会場:鶴見大学図書館1階エントランス

                                              (S.K)

2019年4月 4日 (木)

第8回読書をもっと楽しくするためのワークショップ(3/6実施)

3月6日(水)、図書館で「Sewing books」というワークショップを実施しました。

Img_7366

「Sewing books」とは、みなさんが持ち寄った本と本を縫い合わせるように繋がりをつくる、新たな本との出会いを体験するワークショップです。

ブックピックオーケストラ代表の、川上洋平さんより、説明を受けます。

Img_7324

それぞれ持ち寄った本を紹介し、参加者同士で話をしていきます。

本を読んだきっかけや、おすすめしたい部分。人の話を聴いて視点が広がります。

Img_7339e

Img_7347

Img_7402盛り上がる話し合い。

Img_7330ジャンルもテーマもバラバラの、集まった本から…

Img_7439e

キーワードや発想力で、たくさんのつながりが見つかりました。

川上さん、参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

興味を持った方は、次回ぜひご参加ください。

(I.H)

2019年3月29日 (金)

貴重書ミニ展示を開催しています

桜が咲き、春がやってまいりました。
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
また、学部生のみなさんも、新学期がスタートします。
図書館では新入生を歓迎して貴重書ミニ展示を開催しています。
本学図書館には古今東西さまざまな古典籍コレクションがございます。
その中から、世界最古の印刷物の一つ百万塔陀羅尼経、道元禅師直筆道正庵切、また横浜市指定文化財の大般若波羅蜜多経(永恩具経)なども展示いたします。

第72回 鶴見大学図書館貴重書展 「文華荘厳-祈りと悟り」

展示期間:平成31年3月29日(金)~4月8日(月)

展示場所:鶴見大学図書館1Fエントランス

Posuta

Photo

アクセスtraintraintraindash

駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください
JR鶴見駅西口下車徒歩5分
京急鶴見駅下車徒歩7分

Qr_code1550735804_3

ぜひ図書館に足をお運びください。

(kt)cat

2019年2月27日 (水)

「本は大切に!」(学生展示)

今回のミニ企画展示のテーマは、「本は大切に!」

主役は破損本や汚損本ですheart03

どれも図書館で所蔵している本たちなのですが、雨水rainでふやけてしまったり、飲み物japaneseteaで汚れてしまったり、ぺージを切り取られたりhairsalon、破り取られてしまったcrying本たちです。

文学部ドキュメンテーション学科元木研究室の学生さんが企画を考え、展示作業まですべて自分たちで行いました。shine

傷ついてしまった本たちに「切り取られたら、痛いんだよweep」などのポップが添えられています。

最後に、「破損してしまったら、すぐにカウンターに!自分では修理しないでね!」の言葉に、図書館員も思わず納得。happy01    ありがとうございますsign03

展示期間:2月27日(水)~3月13日(水)
場   所:図書館1Fカウンター前

Img_7146_2

Img_7151

                           (S.K)

 

2019年2月21日 (木)

講演会と展示の記事が掲載されました

本日2/21(木)刊行のタウンニュース(鶴見区版)に展示を担当した渡辺講師の記事が掲載されました。

取材風景がこちらcameraeyeeardown

Img_6875今回の展示は、普段は書庫の中で保護紙に包まれて見る事の出来ない、美しい装丁をご覧になれます。

英国式製本の美しさをお楽しみください。

タウンニュース(鶴見区版)

講演会 2/26(火)14:00~15:00
テーマ:19世紀英国のブックデザイナー
講 師:渡辺一美(本学文学部講師)
会 場:鶴見大学図書館 地下ホール
予約不要・入場無料 ご来場お待ちしておりますhappy01

第151回鶴見大学図書館貴重書展

『19世紀英国のブックデザイン―版元製本の美』

展示期間:2019年1月31日(木)~3月1日(金)
展示場所:鶴見大学図書館1F エントランス

閉館日:日曜・祝日

開館時間は当館HPでご確認ください。図書館開館カレンダー

Photo

 アクセスtraintraintraindash

駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用くださいconfident
JR鶴見駅西口下車徒歩5分
京急鶴見駅下車徒歩7分

Qr_code1550735804_2(kt)cat

2019年2月 8日 (金)

英語の本を深く理解するためのファシリテーション・グラフィクス講座

2019年2月4日(月)13時より、図書館2階学修支援スペースにて

講師に稲村理紗氏(まちづくりファシリテーター)をお招きし

ファシリテーション・グラフィクス講座が開催されました。

 1

 「ファシリテーション・グラフィクス」とは

話し合いの内容を絵や図、色を取り入れながらメンバーに見えるように即興で記録し、

それを見ながら話し合いを進めることで、議論の内容を共有し、質を高めるための“板書”。

 

ファシリテーションの語源「ファシル」とは、容易にする(~しやすくする)の意。

 話し合いの場で、

・参加しやすくする ・話しやすくする

・わかりやすくする ・共有しやすくする

・決めやすくする ・実行しやすくする

ことを目的としています。

 今回の講座では、ホワイトボードや模造紙、カラーマーカーを使って、話し合いに活用していきますpencil

 2

3カラーマーカーの握り方や書き方のレクチャーを受け、

4イラストアイコンを実際に描いてみます。

5英語の課題絵本を朗読中book

課題絵本についての話し合いを可視化するため、

文字の色やアイコン(絵や図)を効果的に使いながら、

模造紙に即興で話し合いを記録していきます。 

6

7話し手の目線を遮らないように、かがみながら

 8白熱する話し合い

11_2グループのテーブルをちらりeye

たくさん書き込まれていますね!

みなさん楽しそうに即興で板書しながら、論議に花を咲かせていた姿が印象的でした。

講師の稲村さん、参加者の皆さん、ありがとうございました。

(te)