2018年4月17日 (火)

神奈川近代文学館「与謝野晶子展」

神奈川近代文学館で開催中の特別展

「生誕140年 与謝野晶子展 こよひ逢ふ人みなうつくしき」

当館資料を貸し出しています。

Img_0294

【会期】5月13日(日)まで

【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

【会場】神奈川近代文学館第2・3展示室

Img_0299

休館日、展示資料などの詳細は

神奈川近代文学館のホームページをご覧くださいscissors

http://www.kanabun.or.jp/exhibition/6939/

Img_0308

up

展示室入り口においてある

ワークシートに全問答えると、

缶バッジがもらえますよhappy01

3333

ぜひお出かけくださいrun

アクセス

【当館からの貸出資料】

短歌短冊「霧嶋 新燃は…」
大矢正修宛書簡
「源氏物語(梗概)」上巻
『紫』2種
『佐保姫』
『春泥集』
『夏より秋へ』
『うねうね川』
『歌の作りやう』
『朱葉集』
『流星の道』
『礼厳法師歌集』
『新訳源氏物語』(縮刷合本版)全2冊
『新新訳源氏物語』全6巻
『新訳栄華物語』全3巻
『八つの夜』

※展示室の写真は撮影許可をいただきました

(hh)

2018年3月30日 (金)

学修支援スペース利用実績:2018年1月~2月

2018年1月・2月の学修支援スペース利用実績を以下にまとめました。

2018年1月

・1/10(水) 10:40-12:10 書誌学特別演習 久保木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 11名

        14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・1/18(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

利用回数: 3/利用人数:51

 

2018年2月

・2/5(月) 12:00-16:30 ファシリテーショング・ラフィクス講座 草薙先生

           利用者:文学部学生  約20名

・2/14(水)9:00-16:00 元木研究室 元木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 10名

・2/28(水)9:00-16:00 元木研究室 元木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 10名

利用回数: 3/利用人数:40

(C.Y.)

2018年3月17日 (土)

学生選書ツアー展示開始

happy02本日3月17日より第48回企画展学生選書ツアー展示を開始しましたsign01

昨年12月22日に開催の選書ツアーで、学生が選んだ図書約150冊bookを展示しています。

Sensho4813月16日に、ツアーに参加した学生が展示準備を行いました。

Sensho482午前と午後、参加できる時間帯に展示を行ない、学生自作のPOPpencilを飾りました。

展示しているPOPとポスターは、全て学生さん達の作品ですhappy01

Sensho483手描きやパソコン作品など色々工夫を凝らしていますので、是非見に来てくださいheart04

展示期間:2018年3月17日(土)~5月中旬

貸出開始:2018年3月23日(金)~

貸出希望の本がある方は、カウンターにて予約申込をしてください。

3月23日から貸出できます。 

それでは、学生の選んだ本と作成したPOPをお楽しみくださいhappy02

(C.Y.)

2018年3月16日 (金)

第6回 読書をもっと楽しくするためのワークショップ

本と人との出会い、人と人との出会いを、

本と本とのつながりからつくり出す。

Sewing books。

20180309

2018年3月9日(金) 13時 図書館2階 学修支援スペースで開催された。

それぞれが持ち寄った、お気に入りの1冊。

別の参加者の本とのつながりを見出して、書き込んでいくカードが

テーブルにずらりと並べられていく。

つながりは一通りでなく、1冊の本が幾冊もの本とつながり、

同じ本でも色々なつながり方をする。

読書は"本を読むこと"だけでは終わらない。

Koturumin_wb_minimini_2つるたんとボクとは強い絆でつながっている

S.A.

2018年3月 8日 (木)

卒業記念展示のお知らせ

3月14日(水)の卒業式・修了式にあわせて

記念展示をおこないますcherryblossom

「源氏物語扇面貼交屏風」

(げんじものがたり せんめん はりまぜ びょうぶ)

9時~16時、エントランスにて

Byo33_3

文化元[1804]年制作 

解説(PDF)

年に1日だけの限定展示ですgood

記念撮影にぜひおいでくださいcameranote

Byo222

当日、図書館は閉館のため

閲覧やパソコンの利用などはできませんが

本の返却は受け付けていますので、

卒業生の方で、借りた本を返していない方は

カウンターまでお持ちくださいねhappy01

(hh)

2018年2月27日 (火)

講演会「席の示し方―源氏物語円座異解―」

2月24日(土)に、現在開催中の貴重書展「源氏物語の小道具」の講演会「席の示し方-源氏物語円座異解-」が行われました。

高田信敬先生(文学部日本文学科教授)は来月でご定年を迎えられ、今回が本学図書館においての最終講演会となりました。

講演会には、高田先生の最終講演を惜しむ大勢の方たちが来てくださいました。

Img_5100

高田先生の源氏物語関係展示の解題     今回の講演会資料

Img_5114

大山学長からのご挨拶

Img_5153

講演中の高田先生

Img_5172_2

高田先生へ今野鈴代先生から花束の贈呈

Img_5204

講演後、展示の解説をなさる高田先生

高田先生には、1984年に本学にご着任以来、図書館にも数えきれないほどのご支援ご貢献をしていただき、大変お世話になりました。

長い間、本当にありがとうございました。

                                                             (S.K.)

                                                  

2018年2月 6日 (火)

英語の本を深く理解するためのファシリテーション・グラフィクス講座

話し合いを可視化するファシリテーション・グラフィック

2018年2月5日(月) 13時 図書館2階の学修支援スペースで開催された。

01講師:稲村理紗(まちづくりファシリテーター)氏


話し合いをその場でホワイトボードや模造紙に記録していき、またそれを見ながら話し合いを進めていく。

話と同時進行で即興的に書き込んでいくアドリブセッションのようなもので、やってみると難しいところは当然あるが、なにより楽しく進められるもので、今回のワークショップの参加者たちも楽しめたのではないか。
講座自体も楽しく、作業しながら進められた。

02

即興ではあるが、アドリブがでたらめではなくコードの展開に基づいて行われるように、ファシリテーション・グラフィックにも規則はある。規則といっても難しくはない。カラフルなマーカーを使い色に意味を持たせる、イラストアイコンで視覚を刺激するなど、ごく簡単なもの。その他にも、書き方、描き方のコツは色々ある。

04限られた記号で様々な感情を表す表情のアイコンを描いてみる。

05それぞれのグループでファシ・グラを実際に書いてみる。

ファシリテーション・グラフィックにより議論の質を高めることができそうだ、と参加者は感じてくれただろう。

Koturumin_wb_minimini_2ボク、白いけどホワイトボードと間違えて書かないでね

S.A.

2018年1月30日 (火)

貴重書展「源氏物語の小道具」開催中です

第148回貴重書展源氏物語の小道具」

開催しています。

Dscn4269

解題はこちら(2月8日版)

148matu

2月24日(土)14:00より

高田先生による講演会

「席の示し方―源氏物語円座異解」を開催しますhappy02

148yoko

13:00受付開始です。

会場が小規模なため、

席をつめていただく場合がございますspa

展示・講演会とも、申込不要・入場無料です。

ぜひご来場ください。

148pos

(hh)

2018年1月15日 (月)

学修支援スペース利用実績:2017年12月

2017年12月の学修支援スペース利用実績を以下にまとめました。

2017年12月

・12/5(火) 10:40-12:10 英語英米文学科 草薙先生

           利用者:日本文学科2年 20名

・12/6(水) 14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・12/7(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

・12/12(火) 10:40-12:10 英語英米文学科 草薙先生

           利用者:日本文学科2年 20名

・12/13(水) 14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・12/14(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

・12/19(火) 10:40-12:10 英語英米文学科 草薙先生

           利用者:日本文学科2年 20名

・12/20(水) 14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・12/21(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

・12/25(月) 10:35-11:55 生物学1年 西川先生

           利用者:歯学科 30名

・12/26(火) 10:40-12:10 英語英米文学科 草薙先生

           利用者:日本文学科2年 20名

・12/27(水) 14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・12/28(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

利用回数: 13/利用人数:370

(C.Y.)

2018年1月11日 (木)

貴重書展「源氏物語の小道具」と講演会のお知らせ

日本文学科 高田信敬先生の担当する

初春恒例展示のお知らせですhappy01

第148回鶴見大学図書館貴重書展

「源氏物語の小道具」

【会期】平成30年1月30日(火)~2月28日(水)

講演会「席の示し方―源氏物語円座異解―」

【日時】2月24日(土)14:00~15:00※予定

会場は図書館です

【開館時間】

平日 8:50~20:00

※1月30日(火)、31日(水)は21:00まで開館

土曜 8:50~18:00

日曜・祝日 閉館

【展示書目(予定)】

I 贅沢な調度品―几帳・座具・火桶・香壺―
1.源氏物語絵 野の宮を訪れる源氏 江戸時代初期制作
2.源氏物語絵 宇治山荘と州崎の鷺
(参考)絵入源氏物語 浮舟 慶安3年(1650)跋
3.河海抄 巻1欠 江戸時代初期写
4.源氏物語 初音 江戸時代前期写
5.花鳥余情 巻1・11欠 江戸時代後期写
 
II 糸竹の遊び―演奏・贈り物―
6.源氏物語 桐壺 江戸時代初期写
7.絵入源氏物語 帚木 慶安3年(1650)跋
8.奈良絵本源氏物語 明石 江戸時代前期写
(参考)源氏五十四帖 松風 尾形月耕画 明治25年(1892)刊
9.源氏物語 橋姫・椎本・総角・早蕨
10.源氏物語 若菜下抜書 中院通茂筆 江戸時代中期写
11.源氏物語 横笛抜書 伝本阿弥光悦筆 江戸時代前期写
(参考)源氏物語歌留多 塗箱入 江戸時代後期制作

III 顔つくり―化粧具の箱・鏡・櫛―
12.源氏物語抄 桐壺 古活字版 寛永(1624-1644)中刊
13.源氏物語湖月抄 和田維四郎旧蔵 薄様刷 延宝元年(1673)刊
14.源氏物語 須磨 伝冷泉為相筆 鎌倉時代後期写
15.源氏物語 夕霧 江戸時代前期写
16.奈良絵本源氏物語 絵合 江戸時代前期写
17.源氏物語 手習 江戸時代前期写

IV 貴族と武具―弓・太刀―
18.源氏物語 紅葉賀 越前松平家旧蔵 江戸時代前期写
19.源氏物語 松風 慶長19年(1614)里村玄仲筆
(参考)源氏五十四帖 薄雲 尾形月耕画 明治25年(1892)刊
20.源氏物語 玉鬘 久保田淳博士寄贈 江戸時代中期写
(参考)紀念祭参考図集 明治28年(1895)写

【ごあいさつ】

身近の品々に趣向を凝らす

 あけましておめでとう存じます。初春恒例の展示は、源氏物語を主題としております。昨今日本の伝統文化や古典に世間の関心が集まる中、特に源氏物語の人気は高まる一方と申してよろしいでしょう。それは勿論結構な話ではありますけれど、底の浅い流行現象に終わらないためには、世間の風潮からひとまず離れて、心静かに、そして楽しく書物と語らうことこそ望ましいのではないでしょうか。

 さて源氏物語研究所は、源氏物語とその享受資料や関連文献を収集し、書物に即した基礎的調査を行い、また広く学内外に公開することを、大きな仕事の柱としております。犀利を装った言説や高級そうな議論は、しばし人目を驚かすことがあっても、すぐに新手と交替していきます。研究所が古典籍収集に努力いたしますのは、確実に学問を支え、研究を進めるための基盤が、何より書物に求められるからです。

 今回は、登場人物の周りを飾り日常生活の彩りとなった小道具に光を当てました。いつもは脇役端役として扱われておりますが、それらの一つ一つを取り上げてみますと、なかなかの個性です。展示では、『源氏物語』を細部においてしっかりと支えた几帳・火桶の類から武具まで選んでみました。これら以外に、被り物・食器・文房四宝など、重要な小道具は多く数えられますが、施設の制約もあり割愛せざるを得ません。それは担当者の言い訳として、皆様にはとにかく展示を楽しんでいただきたく存じます。『源氏物語』は申すまでもなく、書物もまた理屈抜きに素晴らしいのですから。

 平成戊戌青陽下浣日
 源氏物語研究所 高田信敬

鶴見大学図書館・源氏物語研究所

後援:紫式部学会・武蔵野書院

アクセス

http://www.tsurumi-u.ac.jp/about/accessmap/

JR京浜東北線 鶴見駅徒歩10分

京急本線 京急鶴見駅徒歩15分

148pos (hh)