2022年6月24日 (金)

学生企画展示が開催中~2週目~

ドキュメント処理各論Ⅱ」を履修する

ドキュメンテーション学科の学生による展示を開催しています。

本展示は、班ごとに分かれ、テーマ決定から図書選出、設営・撤収・分析まで、学生自身が行います。shine

6/23(木)、各班の小テーマに沿った、展示資料等の入替が行われました。

Img_4104まず図書館員から、先週の展示で気づいた点などをお話ししました。

Img_4107_2

Img_4106_2

今週も、所在変更後、展示作業を行いました。

Img_4119

ウォールの裏面も活用されています。winkgood

2週目の展示が始まりました。happy01

ぜひ図書館でご覧ください。

Img_4112

Img_4113

Img_4109

Img_4110


Img_4117

展示されている図書の貸出期間は5日間となっています(辞典・雑誌など禁帯出の資料は貸出できません)。

DVDなど視聴覚資料は、メディアコモンズでご覧ください。

学生企画展示期間 :2022年6月16日(木)~7月14日(木)

場所    :図書館1階エントランスホール 

貸出期間:5日間

(I.H)

2022年6月21日 (火)

学生企画展示が開催中~1週目~

今年も、6月16日(木)より、「ドキュメント処理各論Ⅱ」(角田裕之先生,小南理恵先生)を履修する

ドキュメンテーション学科の学生による展示を開催しています。

本展示は、班ごとに分かれ、テーマ決定から図書選出、設営・撤収・分析まで、学生自身が行います。shine

図書館は、POP用の文房具や展示用グッズ、ブックトラックなどを貸出し、 展示準備や、疑問質問に答える形で学生補助にまわっています。

Img_4052_2

Img_4048

Img_4045_2

2022年度 各班のテーマは

1班 神話の世界

Img_4074

2班 関東 

Img_4070

3班 日本文化

Img_4058

4班 魔法 

Img_4061

5班 近代文学の文豪 

Img_4064

各班で小テーマも設定し、期間中は毎週木曜日に展示資料等の入替を行います

4週に渡る多様な展示をお楽しみください。happy01

展示されている図書の貸出期間は5日間となっています(辞典・雑誌など禁帯出の資料は貸出できません)。

DVDなど視聴覚資料は、メディアコモンズでご覧ください。

貸出分析等も行うため、ご協力をお願いいたします!confident

展示期間 :2022年6月16日(木)~7月14日(木)

場所    :図書館1階エントランスホール 

貸出期間:5日間

(I.H)

2022年6月 2日 (木)

企画展示「世界のおはなし・改」を展示中です

企画展示「世界のおはなし・改」を展示中です。

タイトルには「改」がなぜついているのでしょうか?

実は昨年度の「ドキュメント情報処理各論Ⅱ」(角田先生)の授業展示において、同じテーマで展示を行ったドキュメンテーション学科の学生4名が、今回、チーム「蛍光色」として再結成し、前回の集大成ともいえるパワーアップした展示を企画しました。

小テーマは、「世界の物語」、「神話と歴史物語」、「多種多様なキャラクター」、「本当は怖い童話と昔話」、「オススメの本」、「源氏物語」、そして・・・

今回の展示の見どころは、なんといっても、「世界のおはなし」のうち、源氏物語、アリス、シンデレラに関連した貴重書を大展示ケースにて公開していることです。実は昨年度の授業展示の際も、彼らのグループは貴重書の同時展示を希望したものの、諸事情により、現物の展示までは断念せざるを得ませんでした。しかし、今回は職員の手も借りながら、自分たちの手で貴重書展示もおこなうことができました。

6月4日(土)には本学を会場として開催される日本図書館情報学会2022年度春季研究集会が行われます。今回の展示はこの学会での研究発表にもタイアップした展示となっています。

皆様もぜひ、「世界のおはなし・改」の世界のひと時をご堪能ください。

Img_3973展示作業中の学生さんたち

Img_3979貴重書展示作業中の学生さん

Img_4042_2

アンケ―ト

展示の中で一番関心を持ったものに、シール(学年等で色分け)をお貼りください。

Img_4031「本当は怖い童話と昔話」

Img_4037「世界の物語」

Img_3985「アリス・シンデレラ」

Img_4038「多種多様なキャラクター」

Img_4036「神話と歴史物語」

Img_4015「オススメの本」

Img_4016「オススメの本パンフレット」

Img_4011「源氏物語」

Img_4026貴重書

Img_4021展示全景

Img_4013サイネージでのポスター

展示期間:5月28日(土)~6月11日(土)

展示場所:図書館エントランスホールおよびカウンター前

※​開館時間は図書館ホームページのカレンダーをご確認ください。

※入場無料 学外の方も展示をご覧になれます。入館時はカウンターにお声がけください。

(S.K)

2022年5月10日 (火)

廃棄資料有効活用展示のお知らせ

廃棄資料有効活用展示のお知らせ

【5月10日(火曜日)10時半頃~5月23日(月曜日)】

図書館では今年度も、利用者の皆様に、図書館資料だった図書・雑誌で不用となったものを有効に活用いただくために、廃棄資料の展示を行います。

展示されている図書・雑誌等はご自由にお持ち帰り頂けます。

 

20220510haiki

今回の展示では、図書館からの廃棄資料約1000冊、歯学部の研究室から返却された資料のうち図書館で不用とした資料約600冊、文学部・短大部の教員が退職等で不用となった資料約600冊が廃棄資料となっています。

 

20220510haiki2

今日からの展示ですので、テーブル10台と窓際の長椅子にめいっぱい並んでいます。毎年2週間の展示が終わると3分の1から2分の1がなくなることもあります。新書や教養書なども多く出ていますので、この機会に興味のおもむくままに本を手に取って頂ければと思います。

 

場所:図書館1Fエントランスホール(総合カウンター前)・窓際ベンチ

期間:5月10日(火曜日)10時30分頃~5月23日(月曜日)まで

展示の詳細は、以下のリストをご覧ください。

 

有効利用 図書 [PDFファイル/1.29MB]

有効利用 雑誌 [PDFファイル/208KB]

ki

2022年4月 8日 (金)

図書館で雑誌読み放題サービス「dマガジン for Biz」が利用できます。

 

D

図書館で雑誌読み放題サービス「dマガジン for Biz」が利用できます。

1_5

図書館1階の上略図エリア内(橙色)でdマガジン for Bizが利用できるようになりました。無料で人気雑誌の最新号700誌以上を読むことができます(一部バックナンバーも閲覧可)。

•ご自身のスマホ・タブレットでご覧ください。
エリア内のdマガジンの掲示物(POP、下敷き等)がある座席でご利用ください。

Pop

 

利用可能エリア

図書館1階:閲覧席(東側)、ブラウジングコーナー、グループ学習室 

 

同時接続台数

10台まで。

 

利用方法

(1)学内無線LAN(tu-open, tu-open-5, eduroam)に接続する。

(2)「dマガジン」アプリをダウンロードする。

(3)利用可能エリアでアプリを起動し、「dマガジンfor Bizを利用」を選択

(S.S)

2022年4月 6日 (水)

Maruzen eBook Library におけるダウンロードサービス一時停止のお知らせ

Maruzen eBook Library におけるダウンロードサービスが以下の期間停止されます。

閲覧サービスは引き続き利用可能です。

【停止期間】2022年4月5日(火曜日)18時~5月9日(月曜日)9時

【内容】適正な範囲を超える利用についての調査・検証を行うため、2022年4月5日(火曜日)18時から段階的にコンテンツのダウンロードサービスを一時停止いたします。4月6日(水曜日)中に全コンテンツのダウンロード一時停止を完了する予定です。サービスの再開は5月9日(月曜日)9時以降を予定しております。(閲覧サービスは引き続きご利用できます。)

詳細は以下の Maruzen eBook Library のお知らせをご確認ください。

https://elib.maruzen.co.jp/app/eguide/announcement_220405.pdf

(hh)

2022年4月 1日 (金)

貴重書ミニ展示「文華荘厳-祈りと悟り-」

入学祝いの展示として「文華荘厳-祈りと悟り-」を開催しています。

Pxl_20220331_091119785_2

ごあいさつ

小さな展示へ、ようこそ

  春爛漫、キャンパスは桜に包まれています。新入生のみなさん、そして新学期を迎えられる方々にも、歓迎の言葉を申したく存じます。どうぞ知の宝庫へおいでください。お待ちいたしております。

 さて図書館には、音に聞こえた古典籍コレクションがあり、学科編成上、国文学・英文学・医学史等の書物群が筋の通ったものとなっています。また優秀な書誌学文献や古文書を収蔵し、教育と研究に役立てているのは勿論です。さらに、本学創立と深く関わる仏典にも、きわめて価値の高い重要文献を数えることが出来ます。この展示では、世界最古の印刷物の一つ百万塔陀羅尼以下道元禅師自筆道正庵切まで、まことに小規模の催しですが、かけがえのない貴重資料ばかりをお目に掛けます。

 さて、先般開催されて大きな話題となりました顔真卿展には、20万人以上の入場者が押しかけたそうです。今回の小さな展示も、6点中4点は顔真卿と同時代の筆跡ですので、稀少性・意味の重さを理解していただけると思います。一字一字心を込め、ひたすら真理を求める営みが、壮麗な経典となって伝えられました。「なんだ、抹香臭い」と仰らずに、その料紙その筆跡、あるいは装丁や表具を鑑賞してください。大聖武の力感溢れる様式やいかにも厳しく鋭い道正庵切の書風が、時代を超えてあなたに語りかけるでしょう。

 令和4年3月  鶴見大学図書館

【展示目録】

・百万塔(付 自心印陀羅尼1巻)神護景雲4年(770)以前制作 1基

・大般若経 巻176~180 永恩具経(横浜市指定文化財) 奈良時代写 5巻

・大般若経 巻190断簡(法隆寺虫食経) 神護景雲元年(767)行信発願 1紙

・賢愚経 巻9 善事太子入海品 伝聖武天皇筆 大聖武 奈良時代写 額装1面

・金銀交書経 不空羂索神変真言経 巻28 28行 平安時代後期写 1幅

・対大己五夏闍梨法 道元禅師自筆 道正庵切 寛元2年(1244)写 額装1面

75mini

第75回鶴見大学図書館貴重書ミニ展示「文華荘厳-祈りと悟り-」

【会期】2022年3月26日(土)~4月27日(水)

開館時間は図書館ホームページのカレンダーをご確認ください。

(hh)

2022年3月 2日 (水)

卒業記念展示のご案内

3月14日(月曜日)に、源氏物語扇面貼交屏風を展示します。

00001

年に1日だけのshine限定shine展示です。

卒業生・修了生のみなさんは、記念撮影にぜひお越しください。

00002

げんじものがたり せんめん はりまぜ びょうぶ

文化元年[1804]制作 解説 由来書き

【日時】2022年3月14日(月曜日)10時~16時

【場所】図書館エントランスfuji

00006

00004

00005

00003

当日は貴重書展の最終日でもあります。

学外の方も入場できますので、今回は屏風も一緒にご覧になれるチャンスですsmile

Byobu_2

貴重書展についての詳細はこちら

(hh)

2022年2月24日 (木)

明日まで!紀伊國屋書店POP店頭展示開催中

POPコンテスト2021受賞作品の店頭展示を見に、紀伊國屋書店横浜店に行ってきましたhappy01

紀伊國屋書店横浜店は、そごう横浜店の7階にあります。

書店に入りすぐ右手に折れると、コーナーの一角にPOPコンテストで受賞されたみなさんのおすすめ本とPOPが並んでいました。

Img_1_jpg※店内の撮影は許可をいただいています

 たくさんの本が並ぶ大型書店の書棚の中、カラフルなPOPが目を引きます。
近づいてみると、すでに売れて本が無くなっている箇所もちらほらsign01(2月22日18時時点)

2microsoft_lens_2

POPとしての機能をしっかり発揮していましたshine

紀伊國屋書店横浜店での店頭展示は、明日(2月25日)まで開催中です。

 

展示期間:2022年2月14日(月)~2月25日(金)

時  間:10:00~20:00

場  所:紀伊國屋書店横浜店 入口フェアコーナー

     〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2丁目18−1そごう横浜店7F

 

本学図書館でのPOP展示とはまた違った味わいがあると思います。

今日を含め残り2日間、是非足を延ばしてみてくださいflair

 

(Te)

2022年2月22日 (火)

雑誌読み放題サービス「dマガジン for Biz」のトライアルについて

1

図書館1階の左略図エリア内(橙色)でdマガジン for Bizが利用できるようになりました。無料で人気雑誌の最新号700誌以上を読むことができます(一部バックナンバーも閲覧可)。

利用期間(トライアル中)

 ・2月21日(月曜日)~3月31日(木曜日)

 

•ご自身のスマホ・タブレットでご覧ください。
エリア内のdマガジンの掲示物(POP、下敷き等)がある座席でご利用ください。1

 

 

 

 

 

利用可能エリア

図書館1階:閲覧席(東側)、ブラウジングコーナー、グループ学習室 

 

同時接続台数

10台まで。

 

利用方法

(1)学内無線LAN(tu-open, tu-open-5, eduroam)に接続する。

(2)「dマガジン」アプリをダウンロードする。

(3)利用可能エリアでアプリを起動し、「dマガジンfor Bizを利用」を選択

 

 

d

(S.S)