2018年6月 1日 (金)

ドキュメンテーション学科学生展示のお知らせ

ただ今、ドキュメンテーションpc学科の学生さんによる展示を開催中です。bell

この展示は、角田先生の「ドキュメント処理各論Ⅱ」の授業展示です。

学生さんが5グループで5つのテーマのもとに、自分たちで展示の企画・運営・撤収・分析まで行います。

図書館では、POP用の文房具や展示用グッズ、図書を選び出すためのブックトラックなどを貸出し、展示関係のちょっとした相談に乗るなどの形でのバックアップをしています。

今年のテーマは、「オリンピックrun」、「国内旅行bullettrain」、「祭event」、「色art」、「Fantasycrown」です。

学生展示の貸出期間は3日間となりますが、学生さんたちがあとで貸出分析も行いますので、ぜひ、ご協力をお願いいたします。happy01

展示期間:2018年5月30日(水)~6月25日(月)

場所:図書館1階エントランスホール

貸出期間:3日間

2018_032

2018_034

(S.K)

「6月の絵本」展示はじめました!

本日より2階の絵本コーナーにて梅雨rainお父さんgolfなど

6月をイメージしたミニ展示がはじまりました!

実習にぴったりの絵本や紙芝居があると思うので

是非お手に取ってみてくださいsmile

もちろん貸出できますheart01

Img_5471

絵本コーナーの横にありますnote

(m.k)

2018年5月 7日 (月)

学修支援スペース利用実績:2018年3月~4月

2018年3月・4月の学修支援スペース利用実績を以下にまとめました。

 

2018年3月

・3/7(水)9:00-16:00 元木研究室 元木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科10名

・3/9(金)9:00-16:00 ソーイングブックス 深谷先生 

           利用者:文学部 約18名

・3/18(日)12:00-15:00 ドキュメンテーション学科説明

           利用者:高校生 約30名

利用回数: 3回/利用人数:58名

 

2018年4月

・4/11(水)14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科 20名

・4/12(木)13:00-14:30 ガイダンス 松山先生 

           利用者:英語英米文学科 23名

・4/18(水)14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科 20名

・4/19(木)9:00-10:30 卒業研究 菅野先生

           利用者:英語英米文学科 2名

・4/24(火)13:00-14:30 情報サービス演習Ⅰ 宮原先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 25名

・4/25(水)14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科 20名

 利用回数: 6回/利用人数:110名

(S.K.)

2018年4月17日 (火)

神奈川近代文学館「与謝野晶子展」

神奈川近代文学館で開催中の特別展

「生誕140年 与謝野晶子展 こよひ逢ふ人みなうつくしき」

当館資料を貸し出しています。

Img_0294

【会期】5月13日(日)まで

【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)

【会場】神奈川近代文学館第2・3展示室

Img_0299

休館日、展示資料などの詳細は

神奈川近代文学館のホームページをご覧くださいscissors

http://www.kanabun.or.jp/exhibition/6939/

Img_0308

up

展示室入り口においてある

ワークシートに全問答えると、

缶バッジがもらえますよhappy01

3333

ぜひお出かけくださいrun

アクセス

【当館からの貸出資料】

短歌短冊「霧嶋 新燃は…」
大矢正修宛書簡
「源氏物語(梗概)」上巻
『紫』2種
『佐保姫』
『春泥集』
『夏より秋へ』
『うねうね川』
『歌の作りやう』
『朱葉集』
『流星の道』
『礼厳法師歌集』
『新訳源氏物語』(縮刷合本版)全2冊
『新新訳源氏物語』全6巻
『新訳栄華物語』全3巻
『八つの夜』

※展示室の写真は撮影許可をいただきました

(hh)

2018年3月30日 (金)

学修支援スペース利用実績:2018年1月~2月

2018年1月・2月の学修支援スペース利用実績を以下にまとめました。

2018年1月

・1/10(水) 10:40-12:10 書誌学特別演習 久保木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 11名

        14:40-16:10 特別演習Ⅰ 深谷先生

           利用者:英語英米文学科2年 20名

・1/18(木) 10:40-12:10 リーディング 草薙先生

           利用者:英語英米文学科1年 20名

利用回数: 3/利用人数:51

 

2018年2月

・2/5(月) 12:00-16:30 ファシリテーショング・ラフィクス講座 草薙先生

           利用者:文学部学生  約20名

・2/14(水)9:00-16:00 元木研究室 元木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 10名

・2/28(水)9:00-16:00 元木研究室 元木先生

           利用者:ドキュメンテーション学科 10名

利用回数: 3/利用人数:40

(C.Y.)

2018年3月17日 (土)

学生選書ツアー展示開始

happy02本日3月17日より第48回企画展学生選書ツアー展示を開始しましたsign01

昨年12月22日に開催の選書ツアーで、学生が選んだ図書約150冊bookを展示しています。

Sensho4813月16日に、ツアーに参加した学生が展示準備を行いました。

Sensho482午前と午後、参加できる時間帯に展示を行ない、学生自作のPOPpencilを飾りました。

展示しているPOPとポスターは、全て学生さん達の作品ですhappy01

Sensho483手描きやパソコン作品など色々工夫を凝らしていますので、是非見に来てくださいheart04

展示期間:2018年3月17日(土)~5月中旬

貸出開始:2018年3月23日(金)~

貸出希望の本がある方は、カウンターにて予約申込をしてください。

3月23日から貸出できます。 

それでは、学生の選んだ本と作成したPOPをお楽しみくださいhappy02

(C.Y.)

2018年3月16日 (金)

第6回 読書をもっと楽しくするためのワークショップ

本と人との出会い、人と人との出会いを、

本と本とのつながりからつくり出す。

Sewing books。

20180309

2018年3月9日(金) 13時 図書館2階 学修支援スペースで開催された。

それぞれが持ち寄った、お気に入りの1冊。

別の参加者の本とのつながりを見出して、書き込んでいくカードが

テーブルにずらりと並べられていく。

つながりは一通りでなく、1冊の本が幾冊もの本とつながり、

同じ本でも色々なつながり方をする。

読書は"本を読むこと"だけでは終わらない。

Koturumin_wb_minimini_2つるたんとボクとは強い絆でつながっている

S.A.

2018年3月 8日 (木)

卒業記念展示のお知らせ

3月14日(水)の卒業式・修了式にあわせて

記念展示をおこないますcherryblossom

「源氏物語扇面貼交屏風」

(げんじものがたり せんめん はりまぜ びょうぶ)

9時~16時、エントランスにて

Byo33_3

文化元[1804]年制作 

解説(PDF)

年に1日だけの限定展示ですgood

記念撮影にぜひおいでくださいcameranote

Byo222

当日、図書館は閉館のため

閲覧やパソコンの利用などはできませんが

本の返却は受け付けていますので、

卒業生の方で、借りた本を返していない方は

カウンターまでお持ちくださいねhappy01

(hh)

2018年2月27日 (火)

講演会「席の示し方―源氏物語円座異解―」

2月24日(土)に、現在開催中の貴重書展「源氏物語の小道具」の講演会「席の示し方-源氏物語円座異解-」が行われました。

高田信敬先生(文学部日本文学科教授)は来月でご定年を迎えられ、今回が本学図書館においての最終講演会となりました。

講演会には、高田先生の最終講演を惜しむ大勢の方たちが来てくださいました。

Img_5100

高田先生の源氏物語関係展示の解題     今回の講演会資料

Img_5114

大山学長からのご挨拶

Img_5153

講演中の高田先生

Img_5172_2

高田先生へ今野鈴代先生から花束の贈呈

Img_5204

講演後、展示の解説をなさる高田先生

高田先生には、1984年に本学にご着任以来、図書館にも数えきれないほどのご支援ご貢献をしていただき、大変お世話になりました。

長い間、本当にありがとうございました。

                                                             (S.K.)

                                                  

2018年2月 6日 (火)

英語の本を深く理解するためのファシリテーション・グラフィクス講座

話し合いを可視化するファシリテーション・グラフィック

2018年2月5日(月) 13時 図書館2階の学修支援スペースで開催された。

01講師:稲村理紗(まちづくりファシリテーター)氏


話し合いをその場でホワイトボードや模造紙に記録していき、またそれを見ながら話し合いを進めていく。

話と同時進行で即興的に書き込んでいくアドリブセッションのようなもので、やってみると難しいところは当然あるが、なにより楽しく進められるもので、今回のワークショップの参加者たちも楽しめたのではないか。
講座自体も楽しく、作業しながら進められた。

02

即興ではあるが、アドリブがでたらめではなくコードの展開に基づいて行われるように、ファシリテーション・グラフィックにも規則はある。規則といっても難しくはない。カラフルなマーカーを使い色に意味を持たせる、イラストアイコンで視覚を刺激するなど、ごく簡単なもの。その他にも、書き方、描き方のコツは色々ある。

04限られた記号で様々な感情を表す表情のアイコンを描いてみる。

05それぞれのグループでファシ・グラを実際に書いてみる。

ファシリテーション・グラフィックにより議論の質を高めることができそうだ、と参加者は感じてくれただろう。

Koturumin_wb_minimini_2ボク、白いけどホワイトボードと間違えて書かないでね

S.A.