【研究室から】

2017年11月18日 (土)

友(下)【研究室から】

友は大学に進み、魚の研究を始める。

望んだ道であったはずだが、研究を止め食品会社に入る。

曲折の後、斬新な事業を起こした。

年商100億だか1000億だかの会社を率いているとは、風の便り。

勿論100億と1000億とでは、雲壌の差がある。

しかし、僕には共に現実味のない数字ゆえ、いずれでもかまわない。

彼は、伊勢海老や鯛ではないものを着実に育てていた。

交際範囲がとてつもなく広がったはずだから、

同級の国文学者なんぞ、とうの昔に忘れてしまったろう。

でも僕は折々、闊達な笑顔を思い出す。

彼の名は、遠藤結城と言った。Photo_2ある日、新聞を見て驚く。君の訃報。

独逸車の事故により、亡くなった。

社長室は倉庫のように飾り気なく、水槽がひとつ置いてあったらしい。

釣った魚を飼うためである。

君の夢は、今、どこにあるのか。

築かれた巨富の上か。ふるさとの川辺か。

そのどちらでもよいが、遠藤君、忘れてもらっては困る。

君は約束を果たしていないのだよ。

伊勢海老にせよ鯛にせよ、1尾もおごってくれてはいない。

いずれ僕も、そちら側へ行くだろう。

その時、精進物は嫌だ。

             ・・・・・

さて、日本文学会の催しは来週土曜(25日)です。

南海先生の講談と碩学を交えての鼎談、贅沢な催しです。

(これは自画自賛)

入場無料・予約不要、午後1時より入場可能。

会場内は飲食禁止となっておりますので、ご注意ください。

午後5時全プログラム終了予定、休憩時間を設けます。

ご都合により途中退席されても結構です。

お誘い合わせてどうぞ。

鶴見大学文学部日本文学科

2017年11月 8日 (水)

友(上)【研究室から】

落ち葉舞うこの頃、いかがおすごしでしょうか。

特別講談会が近づきました。

講談・鼎談の豪華二本立て。予約不要・入場無料です。

ご来駕をお待ちしております。

さて、馴染みの和菓子屋さんが、迫力満点の鯛を作ってくれました。

厚さ2センチ、焼き色良く、逞しく、どこかとぼけた顔つきです。

Photo_3 鯛につき、担当者には忘れがたいことがあります。

以下、風景のところどころがぼやけてしまうほど昔の話。

                 ・・・・・

釣りを楽しみとする同級生がいた。

暇を見つけては、川辺に糸を垂れていた。

大学では、高級魚介類の養殖を研究すると言う。

今でこそ、海老も鮪も養殖は珍しくない。

半世紀前の、しかも高校生の考えだから、その発想はおそろしく進んでいる。

2つの大学で入試が取りやめとなり、かなりの混乱を生じた頃である。

僕は彼より一年早く大学生となった。

そして電車を待つ秋のホーム、予備校生の彼と偶然出会う。

屈託のない笑顔で「金のない人も伊勢海老や鯛を食べてほしい」と語った。

高級食材にて一儲け、ではない。

ここから必然的に導出されるのは、彼の家が裕福ではなかった、と言うこと。

こちらも裕福の対極、より一層貧しかった。

でも、しん生ではないのだから、びんぼう自慢はしないほうがよい。

「お前にも腹一杯食わせてやるからな」「是非頼む」。

薄暮の会話で覚えているのは、これだけである。

続きは次回。

鶴見大学文学部日本文学科

2017年10月18日 (水)

季節感【研究室から】

このページを見てくださる学外の方からご意見。

骨董と和菓子が面白い、とのことでした。

調子に乗って、両方お目にかけます。

季節の味、素朴な舌触りはお茶にぴったり。

芋羊羹も羊羹の仲間、漱石先生の趣味に合わせて青磁の皿を使いました。

Cimg7880 内側に蓮弁の型押し、外側は堆花文。

高麗青磁、魅力いっぱいの器です。

さて、「源氏物語の小さな講座」へのご応募、ありがたく存じます。

聴講ご希望の方にご案内を発送しました。お待ちしております。

秋冷の候、風邪など召しませぬように。

学生さんも、受験生の皆さんも、健康第一。

また、大学祭が近づいております。

これも季節の風物詩です

そこでお目にかかれるかもしれません。

鶴見大学文学部日本文学科

2017年9月 8日 (金)

深くなりゆく【研究室から】

日の落ちるのが早くなりました。

研究棟のまわりでも木々が色づき始め、急いで散る葉もあります。

道の辺にも秋の風情。

原稿を放り出し、野の花を活けてみたところです。

(仕事に追われると、時間もないのについ脇道)

Cimg7858 イヌタデと褐釉の水滴を取り合わせました。

籠にとぼけた表情の魚、中国のかなり古い焼物です。

旧暦の9月は、秋の終わり。

「日をへつつ深くなりゆくもみぢばの色にぞ秋のほどはしりぬる」

いい歌でしょう。

さて10日(土)には、オープンキャンパスが催されます。

学生さん達が中心となる「体験コーナー」へ是非どうぞ。

葉書大の百人一首カードを差し上げます。

たとえば、こんな絵柄。

Photo200年以上前のカルタを拡大複製しました。

教員も時折顔をだしますので、声を掛けてみてください。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年8月16日 (水)

残暑お見舞い【研究室から】

夏休みも半ば、このページの担当者は思ったほど仕事が進まず、嘆息。

(いつものことではあります)

気を取り直して、少し変わった本を広げました。

Thomas Gray(1716~1771)の詩集です。

日本で言えば、賀茂真淵や平賀源内とほぼ同時代。

Grayの生前に出版され、用紙も印刷も古雅な味わいを持っています。

手になじむ革の装丁が好もしい。Cimg7856 漱石の作品にもGrayは登場します。調べてみてください。

ついでにご紹介、銀の筆記具は半世紀以上前の倫敦生れです。

古典籍を見るときには、万年筆・ボールペンを使わないように。

なお8月26日(土)は、オープンキャンパス。

ご来場をお待ちしております。

では受験生のみなさん、万全の体調管理で新学期をお迎えください。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年7月27日 (木)

あと一歩【研究室から】

夏休み目前、その前に定期試験の関門が・・・

あと一歩、もう一歩の努力で、気分よく休暇をお迎えください。

息抜きには、なんと言ってもお茶とお菓子。

冷水で淹れたお茶と麩まんじゅうを、古伊万里にて楽しみます。

Cimg7853 若葉模様の洒落た感覚、曲面に市松の斬新さ。

いずれも江戸時代中期の作でしょう。

使い勝手も上々。

なお、麩まんじゅうには青海苔をあしらうものも多いのですが、

麩の生地と漉し餡だけのあっさりした仕立てを、お勧めします。

息抜きの後は、

さあ、次の一歩。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年6月 8日 (木)

梅雨入り【研究室から】

本格的な降りにはなっていませんが、今年も梅雨となりました。

夏休み前には定期試験がありますので、油断なく。

何かわからないことがありましたら、すぐ図書館へ。

学習アドバイザーが待機しております。

日本文学関連は、毎週火曜日午後3時から。

レポート作成・参考文献・古典文法・近代文学・演習の準備・・・

何でも担当の大学院生(岩渕さん)にご相談ください。

(難問には教員が代わってお答えします)

それはそれとして、遅咲きのツツジを机辺に飾りました。

可愛い器は高麗の象眼青磁、12世紀でしょうか。

Photo さて、7月15日(土)は日本文学会春季大会。

ただ今ポスター作成中です。

研究発表(大学院生)と講演(教員)の豪華?2本立て。

では、時節がら十二分のご自愛を。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年5月23日 (火)

初音【研究室から】

しばらくすると、ホトトギスの季節。

夜空を移動しながら、よく響く声で鳴きます。

少し雑踏を離れれば、高く名乗る夏の鳥に出会えるでしょう。

Photo 卯の花ーおからではありませんーと月に取り合わせたホトトギスです。

塩川文麟(1808~1877)は四条派の名手。

「五月山卯の花月夜ほととぎす聞けどもあかずまた鳴かぬかも」

和歌をそのまま絵にしたように見えませんか。

(出典は各自お調べください)

さて、お待ちかねの日本文学会春季大会は、7月15日(土)の予定です。

細部が決まりましたら、このページでご案内いたします。

(誰も待ちかねていやしない、などと仰せられては困ります)

勿論、ポスターやチラシでも。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年5月 5日 (金)

春のなごりを尋ねる【研究室から】

題を見て、源氏物語を思い浮かべられた方はいらっしゃいますか。

いらっしゃれば、さすが日本文学科の学生さん、と褒めてもらえるでしょう。

「わがやどの藤の色こきたそがれに尋ねやはこぬ春のなごりを」

(源氏物語 藤裏葉)

新緑の中を散策しておりましたら、見事な藤に出会いました。

Photo紫の花房が20メートル以上揺れて続きます。

近代文学では、泉鏡花や室生犀星に多彩な花が登場。

季節が変わる前に、一つ二つ読まれることを期待します。

(教師の期待を裏切るのが、学生さんの常であることは重々承知)

花のあと、馴染みの和菓子屋に立ち寄ったことは勿論です。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年4月17日 (月)

落花繽紛【研究室から】

あわただしく、しかし豪奢に、桜が散っております。

新学期のすべりだしは、いかがでしょう。

わからないこと、困ったこと、問題があれば、研究室へどうぞ。

引っ込んでしまうのは、たいていの場合よくありません。

それはそれとして、春を惜しみ花吹雪の図。

Photo誰の作であるかおわかりの方は、ご一報ください。

(賞品をさしあげます)

さて落花の候、またお一人、研究室の先達を失いました。

「いにしへは散るをや人のをしみけむ花こそ今はむかし恋ふらし」

坂本育雄先生、享年八十八歳。

一本気で、文学が大好きで、鋭く論の矛盾を突く先生でした。

漱石や広津和郎についての著述もたくさんありますが、

チェーホフ・シュトルム・ツルゲーネフなどもお好きでした。

またモーツアルトをこよなく愛されました。

担当者は、シュトルムの『静かなる音楽家』を思い浮かべます。

Photo_2 すっきりとした文章を書かれました。

先生の『年月のあしあと』を10部用意、ご希望の方に差し上げます。

市販されておらず、珍しい小冊子です。

次の要領で、お申し込みください。

*文学に関心のある方でしたら、どなたでもどうぞ。

*葉書にて、下記まで。

230-8501

神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3

鶴見大学文学部日本文学研究室「あしあと」係

*5月10日(水)必着。

ご希望の方が多数の場合、抽選。小冊子の発送をもって発表にかえます。

別れは人の世のならい、とは申せ、寂しい限りです。

鶴見大学文学部日本文学研究室