【お知らせ】

2017年9月19日 (火)

源氏物語の小さな講座【お知らせ】

秋山虔先生がその制定にご尽力された「古典の日」。

「小さな講座」は、先生のご意向が原点です。

(ご期待に添えたかどうかは、あやしいものですが)

今年で5回目、幾度か鶴見までおいでくださいました。

「古典の日」とは前後しますが、以下の通り開催いたします。

厳しくそして懐の深いお人柄を偲びつつ。

1今年は、中野幸一先生が講壇に立たれます。

本文校訂と正訳の大業を終えられたばかりです。

日時;平成29年11月4日(土)13時30分開講

(12時30分より受付を始めます)

会場;鶴見大学図書館AVホール(地下)

講座;高田 信敬(本学教授) 源氏物語の古筆切

   中野 幸一(早稲田大学名誉教授) 源氏物語の言葉と表現

*50名の皆様をご招待します(招待者以外の聴講は出来ません)

 申し込み要領は、下段に。

会場脇にて「小さな展示 古註釈の古筆切」も併設予定。

Photo 聴講ご希望の方は、以下の要領でお申し込みください。

◎古典文学にご関心のある方でしたら、どなたでも結構です。

 お葉書にて、どうぞ。

 10月14日(土)必着でお願いいたします。

◎宛先は、

 230-8501

 横浜市鶴見区鶴見2-1-3 鶴見大学文学部日本文学科研究室

 「小さな講座」係

*ご住所・お名前をお忘れなく。

◎応募者多数の場合厳正に抽選し、当選された方に招待状をお送りします。

なお、国文学界の至宝岩佐美代子博士お手製の和紙人形を用意しました。

20名の皆様に差し上げます。

ご希望の方は、「和紙人形希望」とお書き添えください。

Photo お葉書をお待ちしております。

では、時節柄十二分のご自愛を。

鶴見大学文学部日本文学科研究室

2017年6月29日 (木)

鶴見日本文学会のお知らせ

梅雨も本番、蒸し暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、遅ればせながら、鶴見日本文学会春季大会のご案内を申し上げます。

日時:平成29年7月15日(土) 午後2時30分より

会場:鶴見大学記念館 第一講堂(2階)

研究発表 松本亜由美(本学大学院生)「歌題管見」

講演 高田信敬(本学教授)「幻巻のうた贅註」

もちろん今回も、どなたでもご来聴大歓迎、ご予約等は不要です。

ぜひお誘い合わせの上、賑々しくご来場ください。

今回は奇しくも(?)師弟のご共演が叶いました。この機会をぜひお聴き逃しなく。

なお、鶴見大学図書館では、同時期にミニ展示「大江山の歌」を開催します。

お馴染み『十訓抄』の古典籍をご覧ください。

期間は7月13日(木)~23日(日)(23日を除き、日曜日は休館)

日本文学会へのご来場、あるいはオープンキャンパスの折などにぜひお立ち寄りを。

鶴見大学文学部 日本文学科

2016年6月25日 (土)

遅くなりましたが【お知らせ】

日本文学会春季大会のご案内です。

平成28年7月16日(土)14時、鶴見大学記念館第1講堂。

研究発表2本・講演1本にて、にぎにぎしく開催します。

小池 亜弥香(本学大学院博士後期課程)

形容詞「めづらし」の変遷

ー『拾遺和歌集』恋四・887の歌を通してー

Photo 上の図は、もちろん『拾遺和歌集』当該歌です。

河田 翔子(本学大学院博士後期課程)

葉に詩歌を書くこと

Photo_2 これもテーマにちなみ、紫陽花の大きな葉。

ここまでが研究発表です。

さて次は、トリの講演。

神林 尚子(本学専任講師)

合巻『於竹大日忠孝鏡』をめぐって

Photo_3この図版の意味はなんでしょう。

おわかりの方は、日本文学合同研究室までお越しください。

見事正解を出された方に、豪華(?)賞品をさしげます。

鶴見大学文学部日本文学科

2015年10月20日 (火)

鶴見大学日本文学会秋季大会のご案内

上々天気のここ数日、風の音にもお心をとめておられますでしょうか。

さて、ご案内が遅くなりましたが、

鶴見大学日本文学会秋季大会を下記の通り開催いたします。

日時:平成27年11月14日(土) 午後2時より

会場:鶴見大学 5号館 101教室

大会次第:「江戸語の命令表現について」

       広瀬満希子(本学非常勤講師)

      「飛鳥井雅有管見 ――関の藤川の本意(ほい)と本意(ほんい)――」

       クリスチャン・ラットクリフ(神奈川大学准教授)

予約不要・入場無料です。

秋の一日、ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

ところで、先日調べものついでに早稲田大学の演劇博物館に行ってきました。

Cimg1667

坪内逍遙の古稀にあたり、その半生を傾注した「シェークスピヤ全集」40巻の翻訳が

完成したのを記念して設立されたという同館は、古今東西の演劇に関わる資料を

蒐集・整理・研究されています。

設立の経緯に関わるシェイクスピア関連の資料はもとより、

圧倒的な充実度を誇る歌舞伎資料、あるいは能に浄瑠璃、はたまたバレエや現代舞踊など、

国内外の舞台芸術・演劇に関わる資料を網羅されているのはさすが。

世界的に活躍中の某作家も、在学中に通いつめては海外の映画シナリオを読まれていたとか。

Cimg1670

折しも開催中の展示は、

「Who Dane? 振付のアクチュアリティ」、そして

「映画女優 京マチ子展」の二本立てでした。

この一事をもってしても、演博(エンパク)ならではの射程の広さが窺えますね。

Cimg1671_2

 正面玄関の左脇、植木に囲まれるようにしてひっそりと坪内博士がおわします。

演博と演劇の行く末を静かに見守る温顔に一礼、別棟の閲覧室で資料の山に埋もれてきました。

鶴見大学日本文学科

2015年7月17日 (金)

鶴見大学日本文学会春期大会のご案内

ご案内が遅くなりましたが、鶴見大学日本文学会春季大会を下記の通り開催いたします。

日時:平成27年7月25日(土) 午後2時30分より

会場:鶴見大学記念館 講堂

石澤 一志(本学非常勤講師)

「『風雅和歌集』の伝本について」

河田 翔子(本学大学院博士後期課程)

「「門扉開閉」について」

Dsc03916

予約不要・入場無料です。

在学生はもちろん、一般の方や高校生の皆さんも、ぜひ賑々しくご来場くださいませ。

Dsc03925

また、こちらは直前のお知らせになってしまいますが、来る7月19日(日)、

鶴見大学のオープンキャンパスが行われます。

入試説明のほか、模擬授業やスタンプラリー、図書館のお宝見学など、

様々な企画が目白押しです。

ぜひこちらもお誘い合わせておいでください。

(上掲の写真は、日本文学会の会場でもある鶴見大学記念館の夕景です)

そういえば、7月19日は總持寺の御霊祭りでもありますね。

キャンパス見学がてら、盆踊りを覗いて夕涼み、というのも、なかなか乙な夏のはじめかたかもしれません。

鶴見大学文学部日本文学科

2014年7月 1日 (火)

鶴見日本文学会春季大会のお知らせ

諸般の事情により遅れておりますが、鶴見日本文学会春季大会を以下のとおり開催します。

日時 平成26年7月12日(土)14時30分~17時

場所 鶴見大学 5号館301教室

発表 屏風歌の勅撰集への影響―歌材の点から―

    松本 亜由美(本学博士後期課程)

講演 源季貞論続貂   

    平藤 幸(本学非常勤講師)

入場無料/予約不要です。

在学生はもちろん、一般の方・高校生のみなさんも、どうぞお越しください。

2014_2

半夏生(はんげしょう)というのをご存知でしょうか。

七十二候の「半夏生(はんげしょうず)」から作られた暦日で、夏至から11日目頃にあたります。

今年の半夏生は明日、7月2日です。

ところで、この半夏生という名前の植物があります。別名、片白草(かたしろぐさ)。

名前の由来は、半夏生の頃に葉が白くなるからとも、葉の半面が白くなって半分化粧をしたように見えるからとも言われています。

ドクダミ科の植物で、花や葉がドクダミによく似ています。

2013

この写真は、去年植物園で撮影したものですが、注意して見ていると、都会でもたまに鉢植えにされていることがあります。

水辺に群生するさまは風情がありましたが、江戸時代の歳時記には「見るにたらざるならし」と記すものもあります。

鶴見大学文学部日本文学科

2014年3月29日 (土)

卒業式と鶴見日本文学会賞

卒業生のみなさま、ご卒業おめでとうございます。

みなさんの未来が幸せに満ちたものでありますよう、教員一同、心からお祈り申し上げます。

これからもお一人お一人、それぞれの道を切り開いてお進みください。

Dsc_4802

さて、今年も審査委員会による慎重な検討を経て、七名の方に鶴見日本文学会賞を授与致しました。

候補論文はいずれも力作でした。

受賞者のお名前と論文名は学報にてご覧ください。

鶴見大学文学部日本文学科

2014年3月10日 (月)

卒業記念特別展示のお知らせ

3月14日は卒業式。

鶴見大学図書館では、10時から16時の六時間限定で、霊元天皇ゆかりの源氏物語扇面貼交屏風が公開されます。

扇面を貼り交ぜた屏風や、源氏絵の屏風は少なくありません。

しかし本屏風に貼られた扇は実際に扇として使われたもので、非常にめずらしく、おもしろいものです。

卒業生のみなさん、記念撮影はいかがですか。

どうぞお見逃しなく!

鶴見大学文学部日本文学科

2013年12月 2日 (月)

秋季連続講演会のお知らせ(その三)

12月14日、鶴見大学日本文学科創設五〇周年記念・連続講演会(第三回)を開催いたします。

日時 平成25年12月14日(土) 午後2時開会

会場 鶴見大学会館 地下一階 メインホール

講演 三角洋一氏(大正大学特命教授)「日本語文のさまざまな表記法―和漢混淆文成立の周辺」

    小峯和明氏(立教大学名誉教授)「釈迦の涅槃図を読む」

入場無料・予約不要です。

連続講演会も今回で最終回となります。

みなさまふるってご参加ください。

總持寺三松関の前の紅葉がきれいです。

大梵鐘付近の銀杏はやや淋しくなっていましたので、また来年撮ろうと思います。

Dsc00385

鶴見大学文学部日本文学科

2013年11月25日 (月)

秋季連続講演会のお知らせ(その二)

11月30日、鶴見大学日本文学科創設五〇周年記念・連続講演会の第二回目を開催いたします。

第一回と同じ会場で、今回は江戸時代の文学のご講演です。

日時 平成25年11月30日(土) 午後2時開会

会場 鶴見大学会館 地下一階 メインホール

講演 深沢了子氏(聖心女子大学教授)「俳画の世界―立圃と蕪村―」

    長島弘明氏(東京大学教授)「気質者の信義―『雨月物語』「菊花の約」を読む―」   

入場無料・予約不要です。

一般の方・高校生のみなさんのご参加もお待ちしております。

Dsc_3610

「霜柱(シモバシラ)」という名の植物です。

花の色や形が霜柱なのかなとも思いましたが、別名「雪寄草(ユキヨセソウ)」とも呼ばれ、冬になると茎の根もとに氷の結晶ができるのが名前の由来のようです。

写真は二ヶ月前の開花時に撮影したものです。

冬枯れした茎に吸い上げられた水分が、茎を破って外に出て氷の結晶となるのですが、いろいろ条件があって、いまだ氷の花を咲かせた姿を見る機会に恵まれません。

鶴見大学文学部日本文学科