日本テレビ「1億人の大質問sign02笑ってコラえてsign01」のロケが、9月6日(火)に本学の師岡グラウンドsoccerにて行われ、11月16日(水)夜7時56分より放送されましたtv

本学は「日本列島 結婚式の旅」のコーナーで、ラグビー部恋愛物語の再現ドラマの舞台となりましたshine

Dsc_3231

師岡グラウンドでの撮影は今回が初めてとなりましたが、撮影当日は午前8時過ぎには機材関係のトラックやロケバス等が続々と到着し、撮影準備が進められ、エキストラの方々も含めると約70名の方々にお越しいただきましたsign01

Dsc_3225

Dsc_3238 【部室前での撮影シーン】

Dsc_3277【グラウンド内での撮影シーン】

撮影は残暑厳しい中、夕方まで行われましたsweat01お陰様で大きなトラブル等もなく、予定していた撮影は順調に進み、師岡グラウンドでの全ての撮影を撮り終えることができましたsign03撮影スタッフの皆様・関係部署の皆様、ご協力いただき、有難うございましたsign01

【番組概要】日本テレビ「1億人の大質問sign02笑ってコラえてsign01

【コーナー名】
日本列島 結婚式の旅
大好評!結婚式の旅は、ラグビー部恋愛物語!
イケメン部員と美人マネジャーという部内恋愛で結ばれた24歳カップルの「まるでマンガのような恋」を大公開!
再現ドラマには五郎丸風?のあの男が登場し、名演技を披露!
部活で流れた汗。海辺で語り合った甘~い言葉。
すれ違いながらも、固く結ばれていくお互いの気持ちは涙なしでは見られません。
そして、披露宴には2人の大ファンのアーティストがサプライズ登場し歌のプレゼント!

【公式HP】http://www.ntv.co.jp/warakora/

 

 

日本テレビ系 ドラマtv「世界一難しい恋」第5話のロケが、2016年4月23日(土)に、鶴見大学図書館bookで行われ、5月11日(水)22時より放送されましたsign01

このドラマは、横浜を舞台に撮影が行われており、ご覧になられている方は、見慣れた風景が多く登場することに気付かれた方もいらっしゃるかと思いますconfident

今回の撮影は、学生の皆さんに影響がないよう配慮し、早朝6時過ぎには機材関係のトラックやロケバス等が続々と到着し、準備が進められました。                

Dsc_6300_3 【短時間の撮影にも関わらず、多くの関係車両】

Dsc_6247_2

【メインカウンター前にはモニターチェック用機材を設置】

放送をご覧になられた方は、撮影場所が図書館内bookのどの場所か、お分かりになられた方もいらっしゃるのではないでしょうか・・・

Dsc_6251_3

Dsc_6296_3

 実際に放送されたシーンは、このような感じでしたmovie

Dsc_6293_2

Dsc_6298_2

 撮影は大きなトラブル等もなく順調に進み、午前9時前には全ての撮影を終えることができましたsign03

スタッフの皆様・関係部署の皆様、ご協力いただき、有難うございましたsign01

【キャスト】

大野智、波瑠、小池栄子、小瀧望(ジャニーズWEST)、清水富美加、西堀亮(マシンガンズ)、若林誠、礼内幸太、杉本哲太、丸山智巳、三宅弘城、北村一輝 他

【スタッフ】

脚本:金子茂樹

チーフプロデューサー:松岡至

プロデューサー:櫨山裕子、秋元孝之

演出:中島悟、菅原伸太郎 他

制作協力:オフィスクレッシェンド

製作著作:日本テレビ

公式サイト:http://www.ntv.co.jp/sekamuzu/

 

見逃してしまった方はこちらeye・・・

日テレ無料!(TADA) by 日テレオンデマンド:http://cu.ntv.co.jp/sekamuzu_05/

 

 

 

ドラマ「無痛~診える眼~」ロケで伊藤英明さん来学!

フジテレビ系 ドラマ「無痛~診える眼~」第9話のロケが、2015年11月21日(土)に、鶴見大学記念館で行われ、12月9日(水)に放送されましたflair

ご覧になった方は、見慣れた風景に気づかれた方もいらっしゃるかと存じます。

惜しくも見逃された方は、公式サイトにて12月16日まで無料配信されていますので、ぜひご覧ください(文末のリンク参照)。

この日は白神陽児役の伊藤英明さんをはじめ、エキストラの方々、スタッフの皆様など、多くの方々がお見えになられ、ちょうど開学記念日だったこの日、大学は例年になく賑やかな半日となりました。

当日は晴れた秋空がひろがり、外観撮影が行われた記念館の上にも、青い空と白い雲のコントラストが映え、とても美しかったですsun

9時30分、まずスタッフの方々が来学され、最初の撮影場所である記念館地下の記念ホールで次々と準備が進められました。

医療系ドラマのため、衣装の白衣も運び込まれました。

Dsc058431

Dsc058371

やがて伊藤英明さんがお見えになり、控室にて撮影の準備をされていました。

伊藤英明さんは、1993年、第6回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて準グランプリを受賞され、翌年デビュー、以来、CMや大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』にご出演、また、映画『LIMIT OF LOVE 海猿』に主演されるなど、多方面で活躍されていますhappy01

撮影前にご挨拶をさせていただきましたが、長身で、とても立ち姿の美しい俳優さんでした。

ベストドレッサー賞を受賞されたこともあり、実際にお会いしてみると、やはりスターのオーラが漂っていらっしゃいましたshine

Dsc058391

Dsc058381

ここでのシーンは、白神陽児が論文発表を行っているという設定で、記念ホールの壇上で、スクリーンにPCの画面を投影しながら、伊藤英明さんが演じていらっしゃいました。

伊藤英明さんからの視点は、このような感じですeye

Dsc058531

放送では、西島秀俊さん演じる、主人公の為頼英介が昔の映像を見ている設定で、再生画面としてこのシーンが使われていました(23分10秒頃)。

学会という設定でしたので難しい台詞まわしでしたが、短時間で数テイク撮られ、伊藤英明さんは本学を後にされました。

Dsc058411

Dsc058421

後日、伊藤英明さんからサインをいただきましたhappy02

Dsc028061

次に、医科大学の外観として、記念館の外観の撮影が行われました(放送では17分35秒頃)。

こちらはエキストラの方々を交え、やはり数テイク撮られ、お昼ごろには本学での撮影は全て終了となりました。

Dsc058481

こちらの作品は、演出として3人の方がクレジットされていますが、その中には佐藤祐市監督も。

佐藤監督には過去に映画「ストロベリーナイト」(ブログはこちら)やドラマ「家族ゲーム」(ブログはこちら)のロケでお越しいただいたというご縁がございます。

今回は残念ながらお会いできませんでしたが、「ストロベリーナイト」の時のスタッフの方がいらして、声をかけてくださいました。佐藤監督もスタッフの方も、本学スタッフを覚えていてくださり、とても嬉しかったですhappy01

久坂部羊さんの小説が原作の、ドラマ「無痛~診える眼~」は12月16日で最終話(第10話)となりますが、オンデマンド配信とともに、皆様お見逃しなくtv

フジテレビ系 ドラマ 「無痛~診える眼~」

キャスト:西島秀俊、伊藤淳史、石橋杏奈、伊藤英明 ほか

監督:佐藤祐市、木下高男、山内大典

公式サイト:http://www.fujitv.co.jp/mutsu/index.html

オンデマンド配信:http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4720/4720810009/

※第9話放送後7日間無料配信中

※「鶴見大学」のテロップは、ドラマ開始直後(1分20秒頃)に表示されています

ドラマ「全盲の僕が弁護士になった理由」ロケで松坂桃李さん来学!

TBS系 月曜ゴールデン特別企画「全盲の僕が弁護士になった理由」のロケが、2014年6月15日(日)に、鶴見大学記念館で行われました。

Img_9294

この日は主人公を務められる俳優の松坂桃李さん、エキストラの方々、鈴木浩介監督をはじめ、約40名の方々が来学されました。

撮影スケジュールが過密とのことで、今回もロケ依頼から実施まで、とても短期間での出来事でした。

梅雨にもかかわらず、当日はお天気にも恵まれて快晴でした。

ロケ地である記念館2階、第1講堂の大きな窓に、抜けるような青空と、新緑の木々がとても美しく映えていました。

Img_9288

早朝からキャスト、スタッフの方々が次々といらっしゃり、午前8時を回ると、一斉にセッティングが始まりました。

この日は本学以外での撮影も行われるとのことで、非常にスピーディーに準備が進められました。

Img_9279

Img_9281

セッティングが終わると、メイク・バスで準備をされていた松坂桃李さんがお見えになられました。

松坂桃李さんは2008年にモデルとしてデビューされ、以来、俳優としても連続テレビ小説、大河ドラマ、映画、CMや雑誌でもご活躍されている方です。

記念館2階でエレベーターを降りていらした際にご挨拶をさせていただきましたが、すらりと長身、大きくて綺麗な瞳と柔らかな笑顔が非常に印象的でした。

松坂さんは第1講堂の座席に着席され、本やノートパソコンを広げての撮影でした。

スピーディーに撮影が進み、同じ席で数カット撮影され、午前9時頃には撮影終了となりました。

Img_9290

丁度、このあたりのアングルで撮影されていました。

撮影は順調に進んでいきましたが、忙しい合間を縫って、鈴木監督がサインに応じてくださいました。

Img_92861

ご実家の家業のマークとお化けをモチーフとした、とてもユニークなサインです!

鈴木監督は、「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」「SAKURA~事件を聞く女~」「レディ・ジョーカー」など、社会派ドラマや王道ミステリーでも名作を生み出している監督ですが、なんと鶴見のご出身というお話も、今回伺いました。

実在する全盲の弁護士・大胡田誠さんの著書「全盲の僕が弁護士になった理由(わけ)」(日経BP社刊)を原案としたこのドラマ。

皆様、ぜひご覧ください。

 

TBS系月曜ゴールデン特別企画

「全盲の僕が弁護士になった理由」

~ 実話に基づく 感動サスペンス ! ~

2014年12月1日(月) 21時~

キャスト:松坂桃李、戸田恵子、星野真里、南沢奈央、山本圭、泉谷しげる ほか

監督:鈴木浩介

原案:大胡田 誠『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP社)

公式サイト:http://www.tbs.co.jp/getsugol/20141201/

>>続きはこちらから

ドラマ「家族ゲーム」(最終回) 鶴見大学図書館でロケ!

皆様、今年1月11日付の広報ブログでお知らせした、映画「ストロベリーナイト」のロケが本学図書館で行われたというお知らせは、覚えていらっしゃいますでしょうか(ご記憶にない方はこちら

その時、監督を務められた佐藤祐市監督は、4月からフジテレビで放送していた連続ドラマ「家族ゲーム」の演出をされていましたが、前回の図書館ロケのご縁で「家族ゲーム」最終回の撮影を鶴見大学図書館で実施したい、とのご依頼をいただきました。

「家族ゲーム」は、映画で松田優作さんが、ドラマでは長渕剛さんや鹿賀丈史さんが主演された名作です。今回は主人公の破天荒な家庭教師・吉本荒野を、嵐の櫻井翔さんが演じ、とても話題になりました。

お話をいただいてから実施まで短い期間でしたが、今回もご協力させていただくことができました。放送前に皆様にお知らせすることができず、とても残念でしたが、最終回をご覧になった方は、見慣れた場所に気づかれた方もいらっしゃるかと存じます。

6月12日、ロケの準備は早朝から行われました。鶴見の街もまだ静まり返っている時間帯、普段よりも一層静寂に包まれた図書館に、次々と機材が運び込まれました。

1

図書館の開館までに全て終わらせるという限られた時間の中で、今回もスタッフの方々は手際よく撮影の準備をしていらっしゃいました。2度目のご利用ということもあり、こちらから特にお伝えしていませんでしたが、スタッフの方は「飲食禁止!禁煙!」と何度も呼びかけ、徹底したお知らせをしてくださいました。

撮影準備の進むなか、エキストラの方々や、この日の出演者である、俳優の神木隆之介さん、AKB48の北原里英さんも来学されました。お二人は今回のドラマで恋人同士という設定になっていました。こちらからご挨拶をすると、「おはようございます、宜しくお願いします。」と、にこやかにご挨拶してくださいました。

ベースを図書館1階・メインカウンター前に設置し、佐藤監督・スタッフの方々がモニターを覗いています。

2

いよいよ図書館2階の閲覧席での撮影が始まりました。監督をはじめ、スタッフの方々も笑い声に溢れていて、とても和やかに、そして楽しそうに撮影が行われていました。ユーモアたっぷりな監督の説明に、神木さん・北原さんも思わず笑ってしまうことも度々でした。

1シーンの撮影でしたが、何度かアングルや演出を変更しての撮影でした。神木さんと北原さんの演技に、次々と監督のOKも出て、撮影は8時40分頃に無事終了しました。撮影終了後には、1階・辞典のエリアで、北原さんのコメント撮りも行われました。

神木さんも北原さんも、退館時にも「ありがとうございました!」と、声をかけてくださいました。とにかく爽やかな印象で、笑顔がキラキラとしていて素敵でした。お二方とも、たくさんのファンの方がいらっしゃるのも頷けます。

撮影終了後に佐藤監督にサインをお願いすると、慌ただしい状況にもかかわらず、にこやかに応じてくださいました。なんと、顔文字入りです。佐藤監督、いつもありがとうございます。

今回はキャスト2名、エキストラ12名、スタッフ約40名の方々にお越しいただきました。エントランスの開放感あふれる吹き抜けや、外光がたっぷり入る、明るい閲覧席、そして充実した蔵書数に、お越しいただいた方々も、思わず「すごい!」とおっしゃる、鶴見大学図書館。大学図書館ランキングでも常にトップ10入りを果たしていますので、在学生の皆さんは是非ご利用ください。また、学外の方々も、定期的にエントランスで行っている貴重書展はご覧いただけますので、その際には是非本学図書館にお越しください。

鶴見大学図書館ホームページはこちら
鶴見大学図書館ブログはこちら

ドラマ「家族ゲーム」(フジテレビ)

2013年4月~6月(全話放送済)
※DVD&BD化決定、詳細は公式サイトで。

キャスト:櫻井翔、神木隆之介、忽那汐里、板尾創路、鈴木保奈美、北原里英 ほか
演出:佐藤祐市
原作:本間洋平「家族ゲーム」(集英社文庫刊)

昨年放映された、竹内結子さん主演の人気ドラマ「ストロベリーナイト」が
映画化され、1月26日(土)に公開が予定されています。
この映画のロケが、昨年6月16日に鶴見大学図書館で実施されましたflair

皆様へのお知らせがようやく解禁されましたので、ロケ当日の様子をお届けしますhappy01

当日は主演の竹内結子さんと、エキストラ、スタッフなど、併せて約70名の方々が
朝から来学されました。

スタッフの方々のチームワークは抜群で、タイトなスケジュールの中、
あっという間に撮影の準備が完了しました。

2

閲覧席に設置されていたパソコンは一旦撤去し、ロケ用のパソコンに替えていきます。
主人公・姫川玲子が愛用している、お馴染みの赤いバッグが机の上に置かれているのが
おわかりでしょうか。

3_2_2

主演の竹内結子さんが撮影を見学している学生に向かって、「こんにちはnote」と
にこやかに声をかけると、「わーhappy02 happy02 happy02」と一斉に歓声が上がりました。
実際に拝見する竹内結子さんは、すらりとしていて立ち居振る舞いもしなやか
…とても素敵な女優さんで、やはりオーラが違いますshine

「ロケの記念に」と、スタッフの方から当日の台本を頂戴しましたbook
撮影は順調に進み、17時頃に終了。

52

終了後、佐藤祐市監督に記念撮影をお願いすると、ご快諾くださいました。
撮影中の真剣な眼差しとはうって変わって、フレンドリーでとても優しい笑顔が
印象的な佐藤監督でしたlovely

6

佐藤監督が手掛けられた映画「キサラギ」は、第50回ブルーリボン賞・作品賞、
第31回日本アカデミー賞・優秀作品賞など数々の賞を獲得されています。
監督ご自身も、新藤兼人賞・銀賞、日本アカデミー賞・優秀監督賞を受賞されています。

誉田哲也原作の人気ミステリー小説「インビジブルレイン」を基に制作された、
映画「ストロベリーナイト」。
現在、公式サイトなどで予告編が公開されていますが、
予告編にも本学図書館が一瞬映っていますので、お見逃しなくsign01

また、現在書店などに設置されているPR用モニターでも予告編を上映している所も
ありますので、機会がございましたら、是非チェックしてみてください。

映画「ストロベリーナイト」
2013年1月26日(土) 全国ロードショー

公式サイト:http://strawberrynight-movie.jp/
キャスト:竹内結子、西島秀俊、大沢たかお ほか
監督:佐藤祐市
原作:誉田哲也「インビジブルレイン」