Page1

CampusNOW101号の特集記事は『新しい時代の歯科医師育成の転機に 予防歯科の未知なるフィールドを開拓』です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により日本だけでなく世界各国が一変してしまった2020年。歯科の世界でも

この問題は切っても切り離せない、重要なテーマとなっています。そこで今回は、長年にわたり歯周病と口内細菌や

毒性物質の仕組みの解明や生活習慣病との関連など学際領域の研究を続けてきた、鶴見大学歯学部 探索歯学講座の

花田信弘教授にお話をお伺いしました。ぜひ、ご覧くださいshine

他にも、今年度から流行し始めた新型コロナウイルス感染症によって今まで行ってきた授業や生活が今までと

同じようにできなくなってしまった状況の中で、どのような授業中の工夫や自粛期間中の過ごした日々について

先生や学生の皆さんにインタビューしました。また、先生や学生だけでなく、学生の就職をサポートをするキャリア支援課の方にも

これからの就職活動へのサポートについてお話をお伺いしました。

2020年も後半を迎えても、感染症が拡大する以前のような生活はいまだ難しい状況が続いていますが、

学生の皆さんや本学に携わっている方々が少しでもお役に立てるような情報をこれからも発信していきたいと思います。

今後とも、ぜひご覧ください!!confidentheart01

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

shine大学・短大公式SNSアカウントができましたsign03shine

  本学の最新の情報を発信していますのでよろしくお願いいたしますhappy02shine

*鶴見大学・短期大学部公式SNSアカウント*

・Twitter

@tsurumi_univ
https://twitter.com/tsurumi_univ

・Instagram

tsurumi_univ
https://www.instagram.com/tsurumi_univ/

Cn100_10070311


記念すべき、CampusNOW100号が刊行されました!!shinebirthdayheart01shine

 今回の特集記事は『総持学園 創立100周年に向けて 学生、教職員が一つになって「小さくとも輝く大学」に』です。

4年後の2024年に総持学園は創立100周年を迎えます。今後より一層飛躍する鶴見大学の未来像について、

大山学長と7名の副学長のメッセージをお伝えいたしますshine

 その他、研究室探訪では文学部ドキュメンテーション学科の田辺教授のインタビューや、わたしのふるさと自慢「津々浦々」

も掲載しております。そして、本学のマスコットキャラクターのつるみん・つるたんのグッズ紹介を

させていただきました!つるみん・つるたんが誕生して今年で8年目を迎えますが、過去には様々な

グッズを作成してきました。どれも可愛くておしゃれなものばかりなので、ぜひ本学の売店にて探してみてくださいhappy02heart04

 これからも読者の皆さんに愛される広報紙を作成するために日々精進してまいりますので、

今後とも末永くよろしくお願いいたします!!confidentshine

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

Page1_1

CampusNOW99号の特集記事は『鶴見大学の宗教行事』です。

 本学は、曹洞宗大本山總持寺が母体の大学で、国際的な禅の根本道場が学園の礎であり、禅の精神

に基づいた教育を実践しています。今回は、学内で日ごろ行っている宗教行事の「法要」について、

どのような法要があるのか、なぜ法要をするのか、など詳しく解説したいと思います!ぜひ、法要に

参加された時の参考にしてみてくださいねconfidentshine

その他、学生生活を充実させる様々なクラブやサークルから今回は5団体ピックアップページや、研究

室探訪、就職EXPRESSなども掲載しております。また、感染症についてどのような対策をとるべき

か、大学のお知らせにて掲載いたしましたのでぜひ、ご覧下さい!!

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

Campus20now981

CampusNOW98号の特集記事は『書道を学び、古典文学の学びを深めるー「書」は心の澄む時間ー』です。

書道の教員免許を取得できるのは、神奈川県内では本学を含めた3校のみ。国語と書道、両方の教職に必要な単位を取れるのが本学の特色のひとつです。今回は、書道の授業を担当されている日本文学科の松本文子教授を中心に、授業の魅力や自身の持つこだわりなどを日本文学科の3年生にお話を伺いました。ぜひ、ご覧くださいshine

就職FRONTLINEでは、内定先が決まった学生に、数ある選択肢の中からどんなきっかけで就職先を決めたのか、試験や面接対策など、就職に向けてどんな時間を過ごしてきたのかインタビューしました。就職活動で悩んでいる人は、ぜひ、一度ページをめくってみてください!

その他、短期大学部保育科が行う幼児教育研修の様子やわたしのふるさと自慢など、今回も盛りだくさんでお送りしていますので、ぜひご覧ください!!happy02shine

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

BS12スペシャル「人間の履歴書 ー歯が語る 生きた 証ー」というドキュメンタリー番組において、本学歯学部法医歯学 勝村聖子 准教授が東日本大震災で活動した歯科医師の1人として令和2年2月17日に取材を受けました。

東日本大震災のときには、歯科法医学の専門家をはじめ全国の歯科医師が協力して、遺体の身元特定に尽力しました。

 

勝村准教授は、スマトラ沖地震を経験したタイの視察にも撮影班同行で行かれています。

取材当日は、歯学部5年生の「総合歯科医学Ⅴ」の講義中の様子、講義終了後にはインタビュー、勝村准教授の講義を受けた学生にもインタビューが行われました。

 

 

Dsc_6417 ・講義の様子を撮影 

この日は災害歯科医学についての講義でした

 

Dsc_6434   ・講義終了後のインタビュー

 

約1時間半で全ての取材撮影が無事に終了しました。

スタッフの皆様・学生の皆様、ご協力いただき、有難うございました!!confidentshine

 

放送日は令和 2 年 3 月 28 日(土) 19 時~ 20 時です。

是非ご覧ください!

 

<番組ホームページ> 

https://www.twellv.co.jp/program/documentary/bs12-sp/archive-bs12-sp/bs12-sp_04/

  

<視聴方法>

https://www.twellv.co.jp/howtowatch/

 

 

 

テレビ朝日系金曜ナイトドラマtv「時効警察はじめました」第1話のロケが、2019年9月7日(土)に鶴見大学体育館(柔道場)で行われ、10月11日(金)23時15分より放送されました!

12年ぶりに連続ドラマとして帰ってきた「時効警察はじめました」は今回でシリーズ第3弾。過去に放送されたシリーズの続編として話が始まりますshine

当日は午前中からたくさんの機材が搬入され、撮影準備が着々と進められていました。

Dsc_0322 【搬入された様々な機材】

今回の撮影では、柔道場の入口付近でモニターチェックが行われていました。

Dsc_0321 【柔道場入口付近】

柔道場の壁にはドラマの中に登場する新キャラクター”そーぶさん”のポスター等が貼られ、普段の柔道場とは違う雰囲気となっていました。ちなみに・・・過去2作には同じ総武警察署のキャラクターとして、”そーぶくん”が登場していましたが、似て非なる”別キャラクター”のようです!!

Dsc_0327 【そーぶさんのポスターなど】

Dsc_0329 【撮影時の様子】

緊張感が漂う撮影現場でしたが、午後2時半頃には全ての撮影が無事に終了しました。

スタッフの皆様・関係部署の皆様、ご協力いただき、有難うございました!!confidentshine

【キャスト】

オダギリジョー、麻生久美子、吉岡里帆、磯村勇斗、豊原功補、ふせえり

江口のりこ、緋田康人、内藤理沙、田中真琴、光石研、岩松了 他

【スタッフ】

監督・脚本:三木聡 他

プロデューサー:山本喜彦(MMJ)

制作:テレビ朝日、メディアミックス・ジャパン(MMJ)

【公式サイト】 

https://www.tv-asahi.co.jp/jikou2019/

Campusnow97_2 CampusNOW97号の特集記事は『歯科法医学者という選択。あなたは人生に何を残しますか。』です。

先月までフジテレビで放送されていたドラマ「監察医 朝顔」に法医歯学取材で撮影協力された鶴見大学歯学部の勝村聖子准教授は、2011年3月11日に発生した東日本大震災では“歯科法医学者”として現地で作業を行っていたそうです。近年の日本では様々な災害が起こる中、身元不明となって発見されるご遺体があります。「身元不明のご遺体を一刻も早く家族のもとへ帰したい」そんな思いなどを鶴見大学先制医療研究センター長の佐藤慶太教授と勝村先生にお話を聞かせていただきました。ぜひ、ご覧ください。

その他、第55回紫雲祭の開催情報や初の企画となる「秋に何を想う。季節を感じるキャンパスに鶴大生は…」では、学生の活躍が垣間見える特集を掲載しました。さらに、キャリア支援課の特集では全職員を紹介しておりますので、ぜひ、ご覧下さい!!

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

Campusnow96 CampusNOW96号の特集記事は『鶴大キャンパス界隈、おいしい夏の食べ歩き』です。近頃、おしゃれな喫茶店やおいしいごはんのお店を探すことが好き!と言う方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方に特にお勧めしたい鶴大キャンパス界隈のお勧めスポットを紹介します。JR鶴見駅と京急鶴見駅周辺にある庶民的なおいしいお店を食べ歩くことが大好きな鶴大生2人に案内してもらいました。ぜひご覧下さい!

その他、クラブ活動PickUP!では硬式野球部の2選手が神奈川大学春季リーグ戦にて個人賞を受賞したことや、わたしのふるさと自慢津々浦々では香川県と愛媛県出身の学生に瀬戸内海に面した隣同士それぞれのいいところをたくさん紹介してもらいました。ぜひ、ご覧下さい!!

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

Jr_3

Jr_2_2

学校法人総持学園は2024年に創立100周年を迎えます。総持学園の名をより一層、一般の方々に知っていただくことを目的に、令和元年6月1日よりJR横浜駅に看板広告を掲出することになりましたのでお知らせいたします。

掲出場所は横浜駅の京浜東北線及び横浜線ホームの階段正面となり、目に留まりやすい場所ですので、お近くにお立ち寄りの際はぜひご覧ください。1

 

 

_campusnow95CampusNOW95号の特集記事は『就職の先にあるもの。フロントランナーたちの挑戦』です。前号では先輩たちにどのように就職活動の準備をしてきたか語ってもらいましたが、今回は社会で活躍する先輩に仕事を始めて感じた事などを語ってもらいました。これからの将来をどのように考えていくべきなのか、この特集を読めばきっと何かのヒントになると思います。ぜひご覧下さい!

その他、4月6日に開催された「新入生歓迎オリエンテーション」の様子や、研究室探訪では新元号「令和」の典拠となった万葉集や上代の文学について研究されている新沢典子教授、勉強面から大学生活のことまでサポートしてくれる学習アドバイザーについて取上げてみました。ぜひ、ご覧下さい!!

CampusNOW最新情報はこちらから⇒http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/campusnow/

このページのトップへ