春の光を

2012/03/21

日のよくあたる枝では、桜のつぼみにわずかに花びらの色が萌しています。年度があらたまるこの季節、出会いと別れは繰り返されて来ました。今、新しい一歩を踏み出す道に、それぞれの光が射すことが願われます。

Photo

またの機会が訪れるまで、ごきげんよう。
鶴見大学文学部 日本文学科

日時:2012/03/21 15:26c これまでの記事

このページのトップへ