今日の研修科 Feed

2017年9月19日 (火)

陶材焼付冠前歯部3本Brの実習

前期で陶材焼付冠(単冠)の実習が終了し、後期最初の実習は陶材焼付冠前歯部3本Brの実習です。

フレームの形態の確認や陶材築盛の反復練習を行い、臨床に必要なBrの製作ポイントを学びます。

(野平)  

20170919_15_35_19_2  20170919_15_49_05_1  20170919_16_33_21

2017年8月 3日 (木)

新東京歯科技工士学校からの学生見学

本日は、新東京歯科技工士学校から学生7名が見学に来ていただきました。
研修科の概要説明から始まり、技工室の見学の後、研修生の実習作品やカービング作品などを中心に見ていただきました。実際のカービング作品を手に取り、熱心に観察している姿がとても印象的でした。自由見学では学校の先輩や、在校生にたくさんの質問を投げかけており、活発なコミュニケーションが行われた有意義な時間となりました。暑い中、研修科に足を運んでいただきありがとうございました。(野平)

1img_6751

1img_6769

3img_6775

6img_6782

4img_6784

2017年7月31日 (月)

平成29年度 第1回歯科技工研修科見学会を開催

 平成29年7月31日(月) 今年度の第1回見学会を開催しました。本日はジメ暑指数と言われる、「日中の蒸し暑さ」を表した数字が84と大変蒸し暑い中にもかかわらず,各専門学校より学生,教員あわせて11名の方にご参加頂きました。
 大久保科長のご挨拶から始まった見学会は、研修科の概要説明、技工室の見学とつづき、見学会の目玉ともいえる研修科教員によるデモンストレーション,ワイヤークラスプ屈曲,陶材築盛、歯型彫刻を行いました。どれも20分程度と短いデモですが臨床技工のポイントや教員の手さばきに見学者の方々が真剣に食い入るように見ていただいたことを嬉しく思います.また,自由見学では各校の先輩のもとに集い,活発なコミュニケーションが行われていました.予定していた見学時間もあっとゆう間に過ぎ,少し慌ただしくもありましたが充実した見学会となりました.ご参加いただいた皆様に心からお礼申し上げます.

 見学会は11月11日(土)に2回目を予定しており,こちらは趣向を変えて体験型となっております.また,10月8日には、第6回歯科技工研修科セミナー「テクニカルフェステバル2017」と,昨年好評でした同日開催の研修科カービング大会オープンマッチを行います,こちらも是非ふるってご参加いただけますようお願いいたします. (記 松本)

1img_6634教員:松本敏光によるワイヤー屈曲デモ

3img_6666_2

教員:野平勇人による陶材築盛デモ

2img_6682_2

教員:伊原啓祐による歯型彫刻デモ

1img_1836G1作品に食い入る見学生

5img_1839歯型彫刻のポイントを質問する見学生

4img_1847在校生との交流

2017年7月 5日 (水)

平成29年度 第2回研修科カービング大会

H29_6

H29


2017年7月 4日 (火)

陶材焼付冠の実習

伊原啓祐よる臼歯部陶材焼付冠の実習です。

本日の実習はポーセレンマージンを含めた陶材築盛の練習です。

(野平)

20170704_15_10_46_1

20170704_15_39_45

20170704_15_40_18



2017年6月27日 (火)

冠橋勉強会 サベイドクラウン

冠橋義歯技工専攻 勉強会.
今週は野平勇人によるサベイドクラウンについて.(伊原)

20170627_16_25_41

2017年6月14日 (水)

留学生の研修報告

カンボジアから来日していた二人の留学生は1ヶ月の研修を終えて6月12日(月)に帰国しました。彼らはアンコールワットがあるシェムリアップ市の歯科医院から派遣されました。主な研修は、天然歯模型を参考にカービング実習を行い、形態の大切なポイントを覚えることに数日を費やしました。次に、陶材焼付冠の実習として前歯1本、大臼歯2本を製作しました。彼らの現地での主な仕事は陶材焼付冠の製作なので一通りの技術は習得しています。年に2回の研修を経ながら少しずつ上手になってきたのですが、当初は何から教えてゆけば良いのか随分苦労しました。現在でも現地に指導者がいないため、研修に訪れる度に、3歩進んで2歩下がるような状態が続いています・・・。新しい技術も体験してほしいと思い、上顎小臼歯のプレスセラミックスCrの製作も行いました。初めて製作したプレスセラミックスCrの柔らかい明るさに感動していました。その他に、技修会(同窓会)主催による講演会と懇親会への参加や、研修科症例報告会への参加などで滞在中を有意義に過ごしていただきました。研修科教員や研修生とも触れ合う機会が多くあり、皆さんからとても親切な対応をしていただいたことが大きな思い出ですと話していました。帰国後、彼らから届いたメールの文中には、「研修科の皆さんが集中力をもって仕事に取り組んでいる姿や、朝夕全員での技工室の清掃がとても勉強になりました」という御礼と無事帰国の挨拶をいただきました。 (邑田)

Img_0094

Img_0020

Dscf8423

Dscf8430

Dscf8455


2017年6月12日 (月)

陶材焼付冠の実習

伊原啓祐よる前歯部陶材焼付冠の実習です。

本日の実習は陶材築盛の練習です。

(野平)

20170609_14_17_36

20170612_15_02_15

20170612_15_32_26

20170612_15_36_28

2017年5月11日 (木)

歯科技工研修科の講義

歯科技工研修科では毎週1回、本学歯学部教授,講師陣と研修科教員よる研修生に向けた講義を行っています。

今年度の第1回目は研修科教員 伊原啓祐による『歯型彫刻のポイント』です。

オリジナルの資料を使用して、天然歯の形態的特徴を解説し、歯型彫刻の上達を図ります。

1_20170510_13_31_04

20170511_19_12_45

2017年5月 2日 (火)

冠・橋義歯技工専攻の勉強会

 毎週火曜日は冠・橋義歯技工専攻の勉強会を行っています。

研修科教員 伊原啓祐による仮封冠製作の復習。

仮封冠製作の実習後に工程を再確認することで改善点を明確にします。

20170502_16_31_28

20170502_16_44_24

20170502_17_22_40

20170502_18_39_57

20170502_18_30_05