プロフィール

フォトアルバム

鶴見大学情報システム課

« 藤沢市文書館寄託「宝泉寺所蔵文書」を撮影しました | メイン

2022年4月15日 (金)

令和4年公開シンポジウムの開催について

令和4年度公開シンポジウムを下記の要領で開催いたしますので、ご希望の方法でご参加いただければ幸いです。

2022_poster


テーマ「總持寺祖院史料の有用性とその可能性をめぐって」

  • 日時:令和4年6月11日(土) 13時30分〜17時00分
  • 会場および開催形式
    • 鶴見大学会館地下メインホール(要事前申込、先着75名様まで)
    • オンライン配信(Zoom Webinar を利用、要事前申込)を予定
    • (ただし、新型コロナウィルスの感染状況によっては、オンライン開催のみとさせていただく場合がございます。)
  • 参加申込フォーム
  • 協力:鶴見ヶ丘学術協力委員会
  • 講師および演題
    • 【基調講演】
      • 圭室文雄(明治大学名誉教授)「文化三年(1806)總持寺大火について」
      • 田中洋平(淑徳大学人文学部准教授)「總持寺祖院蔵の宝永年間の本末帳と地域史史料」
    • 【提題】
      • 秋津秀彰(曹洞宗総合研究センター常任研究員)「總持寺祖院史料による研究の可能性―三法幢地の問題を事例として」
      • 武井慎悟(鶴見大学仏教文化研究所特任研究員)「近世曹洞宗における勅願所について」
    • 【パネルディスカッション】
      • 司 会:尾崎正善(鶴見大学仏教文化研究所客員研究員)
      • 登壇者:圭室文雄・田中洋平・秋津秀彰・武井慎悟