作品紹介

2013/03/17

平成25年春の卒展、終了いたしました。遠方より、あるいは休日にも多くの方がお出かけくださり、どうもありがとうございました。
0 
以下に作品の一部を紹介します。日本文学・日本語学の卒論を書き進める傍らの限られた時間で練習しました。高校生に古筆・古典の臨書を指導することを目標に、それぞれの学生が学んだ成果を紙面におさめました。今後、ときには、家庭の床の間や壁に飾って、この作品に取り組んでいた頃の自分を振り返ってみるのもよいことかもしれません。

 1_3  3_2

 関戸本(せきどぼん)古今和歌集
 伊豫切本(いよぎれぼん)和漢朗詠集

 5_2  7_2

 筋切(すじぎれ)(古今和歌集)
 近衛本(このえぼん)和漢朗詠集

春の光、風、花、香りに気づく頃となりました。今年の花神は急ぎ足のようです。

❤画像は本人承諾の上で載せています。転用はお断りします。

鶴見大学文学部日本文学科
 

日時:2013/03/17 16:33c これまでの記事

このページのトップへ