講師紹介【司書】 Feed

■ 担当科目

生涯学習概論

■ 氏名

片岡 了

■ 所属

明治大学講師

■ 受講生へのメッセージ

 生涯学習の主人公はほかでもない自分自身です。生涯学習を支援する側に立つ図書館員をめざす人であっても、一人の社会人として学ぶことで得られる、支援される側の経験も貴重な財産になるはずです。自らの学習経験をもとに、相手の立場に立って支援することができれば、よりよい図書館サービスが行なえるのではないでしょうか。さらに、支援する・支援される関係を固定化せず互換的関係を築いていくことも課題です。
 図書館員をめざす人の中には本が大好きな人が多いと聞きます。作品を介して作者と読者との間に出会いが生まれるように、本を通して利用者と図書館員との間に交流が起きることもあります。図書館はコミュニケーションの場となり、本が好きな人は、同時に人が好きな人でもあってほしいと願います。生涯学習の理解をもとに、利用者の学びを支えながら、自らも本や人から学びつづける図書館員になってください。

■ 担当科目

図書館概論

■ 氏名

長谷川 幸代

■ 所属

中央大学兼任講師

■ 受講生へのメッセージ

 様々な図書館サービスに目を向け、そういったサービスを通して図書館がどのように社会での役割を担っていくのかを検討していただきたいです。そのために、この授業では図書館の社会的意義や伝統的な機能と今後の展望を重点的に取り上げます。
また、受講者それぞれの考えを共有し合うことが実現できたらと思います。

■ 担当科目

図書館制度・経営論

■ 氏名

加藤 好郎

■ 所属

愛知大学教授

■ 受講生へのメッセージ

 講習では、一方的に講義するだけでなく、簡単なリアクションペーパーの提出を求めます。図書館で働いている方、よく利用する方、あまり利用したことがない方それぞれ自由に「もし図書館に、こんなサービス・情報資源があればいいのにな!」について考えてみてください。

 講習の目的のひとつは、友達を作ることです。現代文化のなかで、我々人間にとって、今、大事なものは、多文化共生社会においてコミュニケーションとネットワークを創ることです。暑い時期ですので、健康に留意しながら、クラスの仲間達と仲良くなってください。

続きを読む »

■ 担当科目

図書館情報技術論

■ 氏名

長塚 隆

■ 所属

鶴見大学寄附講座教授

■ 受講生へのメッセージ

 図書館業務に必要な基礎的な情報技術を修得することを目標としています。
 図書館への情報技術の導入は急速に進んでいます。講師自身の研究課題や国際会議での体験を交えて、コンピュータ等の基礎、図書館業務システム、データベース、検索エンジン、電子資料、コンピュータシステム等について、分かりやすく紹介します。
 グループでの課題検討や発表を交えながら進め、受講生の皆様が自分の意見・見解を持てることを目指します。

■ 先生のHPはこちら

http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/nagatsuka_lab/

■ 担当科目

図書館サービス概論

■ 氏名

小田 光宏

■ 所属

青山学院大学教授

■ 受講生へのメッセージ

 「厳しく,かつ,楽しく」をポリシーとする授業を行います。「厳しく」とは,評点が辛いということではなく,学習に対する誠実さと謙虚さが求められるという意味です。
 「楽しく」とは,面白おかしいということではなく,知的にわくわくするという意味です。と言いましても,洒落(あるいは,駄洒落)の一つや二つ,いや,数多く,登場することは間違いありませんが…。
 なお、このところ,本格時代小説と本格ミステリーに凝っています。授業も「本格」を目指し,そのためにこそ,少々の脱線や迂回は辞しません。

■ 担当科目

情報サービス論

■ 氏名

原田 智子

■ 所属

鶴見大学寄附講座教授

■ 受講生へのメッセージ

 司書という専門職は、利用者へ図書や雑誌や情報等を提供するサービス業です。現在の図書館では、印刷物から電子メディアまで多様な情報資源を扱います。コンピュータの活用能力と情報資源への理解を深めることはもちろん必要ですが、同僚や他館の司書の方々、そして利用者とのヒューマンネットワークも重要です。講習を通じて、豊かな知識やスキルの獲得を目指すとともに、新たな人々との出会いがあると思います。
 是非、素敵なヒューマンネットワークができることを期待しています。
 講師一同、授業でお目にかかるのを楽しみにしています。

続きを読む »

■ 担当科目

児童サービス論

■ 氏名

依田 和子

■ 所属

日本図書館協会児童青少年委員会委員

■ 受講生へのメッセージ

 日本ほど世界各国の子どもの本を翻訳で読める国はありません。日本の本も含めて子どもの本をたくさん知って、自分でも読むことを楽しみ、そして子どもたちに読書の喜び、新しい知識を得ることの喜びを伝えていけるようになってほしいと願っています。

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

松本 勝久

■ 所属

相模女子大学准教授

■ 受講生へのメッセージ

 私は、皆さんと同じ側の席に座って司書資格を取得しました。卒業した大学に、当時(今もですが)司書課程が開設されていなかったからです。
 私が、(鶴見大学とは別の仏教系大学だったのですが)夏期講習会を受講しようとした直接の動機は、図書館の採用している分類法に大きな疑問を感じていたことと、インド研究のための資料の入手方法の参考にするためでした。そして、二人の兄、システム・エンジニアとして図書館システムや某出版流通会社のMARCの開発等に関わったことのある長兄と、自治体職員として主に移動図書館車の運営に携わっていた次兄を通じて、司書職にも興味があったからでもありました。
 その講習会は、とにかく暑く、熱いものでした。講習会で知り合った仲間(というか、職務の都合で欠席せざるをえなかった時に、こころよくノートを貸してくれた方々)とは、よくビア・ガーデンや遊園地に行ったものです。ご成婚に至ったカップルもあったりして...。今も、付き合いがあります。「戦友」でしょうか。
 過密なスケジュールが続くのですが、ストレスと疲労をためないないよう、日々、リフレッシュしてのぞんでください。

■ 先生のHPはこちら

http://www.sagami-wu.ac.jp/kmatsu/kmatsu.htm

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

河西 由美子

■ 所属

鶴見大学教授

■ 受講生へのメッセージ

 図書館に関する学習を始める方の中には、コンピュータを使った情報科学系の科目に苦手意識を持つ人も少なくないようですが、基礎から学ぶことにより、効果的な検索の方法を身につけることができます。臆することなくひとつひとつのステップを着実に学んでいきましょう。

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

山川 恭子

■ 所属

鶴見大学実習技術員

■ 受講生へのメッセージ

 私たちがパソコンやスマートフォンを使って情報を探そうとするとき、様々なWebサイトやデータベースを活用しています。情報機器の操作方法もさることながら、情報を検索するためのデータベース等は、日々新しい情報が更新され、新機能が追加されるなど、目まぐるしく変化しています。そうした状況の中で、コンピュータを活用した情報検索を学ぶということは、この先どのような新機能が検索に追加されたりしても対応が可能となるような、応用力を磨くということにほかなりません。
 そう聞くと難しいような気がするかもしれませんが、検索は考え方をちょっと変えてみたり、コツをつかんだりすることで飛躍的に上達することがあります。この講習で情報検索のすべての知識を習得しようと考えるのではなく、情報検索のスタート地点に立つという気持ちで、演習を楽しんでみてください。