講師紹介【司書】 Feed

■ 担当科目

生涯学習概論

■ 氏名

片岡 了

■ 所属

明治大学講師

■ 受講生へのメッセージ

 生涯学習の主人公はほかでもない自分自身です。生涯学習を支援する側に立つ図書館員をめざす人であっても、一人の社会人として学ぶことで得られる、支援される側の経験も貴重な財産になるはずです。自らの学習経験をもとに、相手の立場に立って支援することができれば、よりよい図書館サービスが行なえるのではないでしょうか。さらに、支援する・支援される関係を固定化せず相互的関係を築いていくことも生涯学習の課題です。
 また、図書館員をめざす人の中には「本」が大好きな人が多いと聞きます。作品を介して作者と読者との間に出会いが生まれるように、本を通して利用者と図書館員との間に交流が起きることもあります。図書館はコミュニケーションの場ともなり、「本」が好きな人は、同時に「人」が好きな人でもあってほしいと願います。生涯学習の理解をもとに、利用者の学びを支えながら、自らも学びつづける図書館員を目指してください。

■ 担当科目

図書館概論

■ 氏名

長谷川 幸代

■ 所属

跡見学園女子大学講師

■ 受講生へのメッセージ

 様々な図書館の在り方やサービスに目を向け、図書館がどのように社会での役割を担っていくのかを検討していきます。高度情報化社会の中で、図書館だからこそ提供しうる価値を理解することが求められるのではないでしょうか。そのために、この授業では図書館の社会的意義や伝統的な機能と新しい図書館の形態を重点的に取り上げます。また、受講者それぞれの考えを共有し合うことが実現できたらと思います。

■ 担当科目

図書館制度・経営論

■ 氏名

加藤 好郎

■ 所属

愛知大学講師

■ 受講生へのメッセージ

 講習では、図書館経営を自分で行うことを想定して、「利用者のための図書館サービスとは?」を考えてみてください。
 また、この講習への参加の目的は、受講生の方々と友達の輪を作ることです。現代社会のなかで、図書館員として仕事をするためには、隣の図書館、最寄りの図書館の職員の方々と情報を共有化することが不可欠です。つまり、ライブラリアン同士のネットワークを構築することです。
 暑い!暑い!時期です。健康に留意して、お互いを励まし合って、和気あいあい、楽しい講習を楽しく乗り切ってください。

続きを読む »

■ 担当科目

図書館情報技術論

■ 氏名

長塚 隆

■ 所属

鶴見大学名誉教授

■ 受講生へのメッセージ

 図書館業務に必要な基礎的な情報技術を修得することを目標としています。
 コロナ禍のなかで図書館への情報技術の導入はより急速に進んでいます。講師自身の研究課題や国際会議での体験を交えて、コンピュータ等の基礎、図書館業務システム、データベース、検索エンジン、電子資料、コンピュータシステム等について、分かりやすく紹介します。
 グループでの課題検討や発表を交えながら進め、受講生の皆様が自分の意見・見解を持てることを目指します。
図書館総合展2020(オンライン開催)での講演も参考にしてください。
「コロナ渦で急進展する国内外の図書館リモートサービスの新たな試みと今後の可能性-大学図書館の事例を中心に-」(https://2020.libraryfair.jp/forum/2020/f150)
「コロナ渦で急進展する国内外の図書館リモートサービスの新たな試みと今後の可能性−公共図書館の事例を中心にー」(https://2020.libraryfair.jp/forum/2020/f149)

■ 先生のHPはこちら

http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/nagatsuka_lab/

■ 担当科目

図書館サービス概論

■ 氏名

小田 光宏

■ 所属

青山学院大学教授

■ 受講生へのメッセージ

 「厳しく,かつ,楽しく」を基本方針とする授業を目指します。「厳しく」とは,評点が辛いということではなく,学習に対する誠実さと謙虚さが求められるという意味です。
 「楽しく」とは,面白おかしいということではなく,知的にわくわくするという意味です。と言いましても,洒落(あるいは,駄洒落)の一つや二つ,いやいや,数多登場するかもしれません。
 なお,この数年間,図書館・書店・古書店・本が登場する文芸作品や映像作品に傾倒しています。授業でも,それらに触れて,図書館サービス活動に対する「深い理解」の一助になるよう試みます。

■ 担当科目

情報サービス論

■ 氏名

原田 智子

■ 所属

鶴見大学名誉教授

■ 受講生へのメッセージ

 司書という専門職は、利用者へ図書や雑誌や情報等を提供するサービス業です。現在の図書館では、印刷物から電子メディアまで多様な情報資源を扱います。コンピュータの活用能力と情報資源への理解を深めることはもちろん必要ですが、同僚や他館の司書の方々、そして利用者とのヒューマンネットワークも重要です。講習を通じて、豊かな知識やスキルの獲得を目指すとともに、新たな人々との出会いがあると思います。
 是非、素敵なヒューマンネットワークができることを期待しています。
 講師一同、授業でお目にかかるのを楽しみにしています。

続きを読む »

■ 担当科目

児童サービス論

■ 氏名

依田 和子

■ 所属

よこはまライブラリーフレンド代表

■ 受講生へのメッセージ

 日本ほど世界各国の子どもの本を翻訳で読める国はありません。日本の本も含めて子どもの本をたくさん知って、自分でも読むことを楽しみ、そして子どもたちに読書の喜び、新しい知識を得ることの喜びを伝えていけるようになってほしいと願っています。

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

田村 俊作

■ 所属

慶應義塾大学名誉教授

■ 受講生へのメッセージ

 「習うより慣れろ」の世界です。自分でどんどん検索してみてください。
他の人が見つけられなかったものが見つけられたときの喜びを実感してください。

なお,参考書としてあげたものは,1冊は検索技術者検定3級のテキスト,他の1冊は検索キーワードに焦点を絞った本で,いずれもさらに学びたい人のための参考書です。

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

青木 仕

■ 所属

國學院大學兼任講師

■ 受講生へのメッセージ

 データベースの機能は、ユーザーにとって利用し易いように日々進歩しています。皆さんと教科書に記載の各分野のデータベースにアクセスし演習をとおしてデータベースの基礎知識を深めましょう。私の40年間にわたる大学図書館での経験も紹介しながら、図書館の現状もお話したいと思います。履修者同士の相互のコミュニケーションも図りながら講義を進めていきたいと思います。

■ 担当科目

情報サービス演習Ⅰ

■ 氏名

山川 恭子

■ 所属

鶴見大学実習技術員

■ 受講生へのメッセージ

 私たちは問題解決の際にインターネットを活用しようとするとき、様々なウェブサイトやデータベースを活用しています。このときに使用するパソコンなどの情報機器の操作方法もさることながら、情報を探し出すためのツールは、日々新しい機能が生み出されるなど、目まぐるしく変化しています。そうした状況の中で、コンピュータを活用した情報検索を学ぶということは、この先どのような新機能が検索に追加されたりしても対応が可能となるような、応用力を磨くということにほかなりません。
 そう聞くと難しいような気がするかもしれませんが、検索は考え方をちょっと変えてみたり、コツをつかんだりすることで飛躍的に上達することがあります。この講習で情報検索のすべての知識を習得しようと考えるのではなく、基本をまずは習得しようという気持ちを忘れず、間違えることを怖がらず、自分のペースで演習を進めていってください。