平成22年6月28日(月)  県立舞岡高等学校  参加生徒15名

担当 高田信敬(平安文学・源氏物語

 『古今和歌集』の歌を例に、和歌の中の滑稽さや笑いの側面についてお話ししました。60分間の授業でしたが、皆さんこれ以上ないぐらい大人しく聞いてくださいました。とても好感を覚えました。また、伺いたいと思いますが、生徒の皆さんも是非鶴見大学の図書館にお出かけください。

鶴見大学http://www.tsurumi-u.ac.jp/index.html

日時:2011/04/13 15:53出張講義日記

このページのトップへ