平成21年11月18日(水)追浜高等学校 1・2年生 12名

担当 高田信敬(中古文学・源氏物語・書誌学)

晩秋の日ざしがおだやかです。古典のおもしろさー和歌・わざ・笑いー」の、ちょっと変わったテーマでお話しました。驚いたことがふたつ。ひとつは90分の長丁場にもかかわらず、最後まで熱心に聞いてくださったこと。もうひとつは、みなさんとても明るくて、反応がよかったこと。特に1年生の生徒さんが「あらし、山をさって軒のへんにつく」に、すぐ「風車!」と答えられたのは、びっくり(どうして「風車」になるのかは、考えてみてください)。見失われがちな「笑い」を古典文学の中から紹介し、楽しんでもらうのがねらいですから、こちらのねらい通りの授業ができましたこと、感謝します。機会があれば、もう一度お訪ねしたい学校です。

鶴見大学 日本文学科http://ccs.tsurumi-u.ac.jp/nb/top.htm

日時:2010/02/18 14:36出張講義日記

このページのトップへ