担当 松本文子(書道・書教育) 

27年ほど前のことですが、昭和57年に『書法』という高等学校の教科書が新しく刊行され、その中に神龍半印本「蘭亭序」の全文28行が載りました。行書の教材としてひとつの古典を重視する、それまでにない扱い方でした。先日、教科書図書館に出かけて、その後の各教科書での載せ方の変遷を表にしてみました。この古典の全文が現行すべての教科書に載っていることからも、かつて『書法』に示された選択の妥当性がわかります。昨夏、海を越えて来た原本(北京故宮博物院蔵)を見るために、江戸東京博物館へ足を運んだ方もあることでしょう。

神龍半印本「蘭亭序」の学び方を、筆路の判断と自己批正を例にお話しし、新刊の参考書を紹介しました。書道が好きな高校生のみなさんが、何かしらのヒントを得てくだされば幸いです。

鶴見大学文学部 日本文学科

歌舞伎入門

2009/09/04

平成21年8月21日(金) オープンキャンパス ミニ講義

担当 佐藤かつら(近世文学・歌舞伎) 

冷夏と言われる今年には珍しく、夏らしい、暑い日でした。「歌舞伎」とは何なのか、ということを、今回は「京鹿子娘道成寺」という舞踊劇を題材として、お話しました。歌舞伎ははじめてという多くの方に、まず、「観る」ことで楽しんでもらい、華やかな舞台展開を説明し、最後に踊り手の女性が蛇と化すということをお話しました。そして「道成寺」という物語が日本文学の中で語り継がれてきたことを紹介し、歌舞伎の舞台とその背景について考えました。短い時間でしたが、熱心に聞いていただき、ありがとうございました。高校生のみなさんが、歌舞伎および日本文学にさらに興味を持つきっかけになればとても幸いです。

鶴見大学文学部 日本文学科

平成21年7月26日(日) オープンキャンパス 模擬授業

担当 高田信敬(中古文学・源氏物語) 

暑い日でした。こんな日に入試問題のお話をすると、ますます暑苦しくなりそう、などと思わないでください。入試問題も実は楽しいものです。本学日本文学科のは、特に。今回は、単なる入試解説ではなく、問題の作り手の側からの、裏話も織り交ぜての古典文学入門としました。「鹿の巻筆」と言う江戸時代の笑い話集を題材とし、巧妙な筋立てや、オチへの伏線などを講義しました。古いお笑いなので、どうかな、と思いましたが、みなさんの反応はとてもよかったです。
続いて、近代文学のミニ講義。今年は太宰治生誕100年ですので、太宰の短編を取り上げました。明るく軽快な、そして少し皮肉のきいた「禁酒の心」です。会話のうまさ・文章の運びのよさを味わっていただくのがねらいのひとつです。掛詞のような技巧があらわれるところに興味を持たれた方もいらっしゃいました。ふだん近代文学を教えることはあまりありませんので、いい経験でした。

次のオープンキャンパスは8月21日(金)です。

鶴見大学文学部 日本文学科