毎年この時期に開催されているドキュメンテーション学科の国際インターンシッププログラムが、本年は6月30日(金)-7月10日(月)の期間で、中国の北京大学情報管理学科の大学院生2名と学部生6名、台湾の世新大学情報コミュニケーション学科の学部生7名が参加して開催されています。

7月6日(木)6時20分から、国際インターンシップに参加している学生と図書館員リカレント教育コース履修生の交流会が開催されました。

最初に、図書館員リカレント教育コース履修生から、現在勤務している大学図書館、学校図書館、公共図書館の様子が英語で紹介されました。国際インターンシップに参加している学生からは、中国や台湾の図書館と日本の図書館の違いなどについて、活発な質問が出されました。

Dsc08185 図書館員リカレント教育コース履修生による図書館の紹介を聞く学生

Dsc08188日本の図書館の紹介をする図書館員リカレント教育コース履修生

Dsc08191学校図書館の紹介をする図書館員リカレント教育コース履修生

Dsc08200北京大学図書館の紹介をするインターンシップ参加学生

Dsc08208力強く世新大学図書館の紹介をするインターンシップ参加学生

Dsc08206真剣に話を聞くインターンシップ参加学生

Dsc08204スクリーンに見入るインターンシップ参加学生

日本、台湾、中国の図書館が紹介され、お互いに質問をする中で理解が進んだようです。その後、一緒に食事もし、夜遅くまでさらに交流が進展したようです。

(図書館員リカレント教育推進寄附講座 長塚 隆)

日時:2017/07/07 22:58

このページのトップへ

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS