平成27年度から現職司書へのリカレント教育を目的として発足しました履修証明プログラム「図書館員リカレント教育コース」は、この4月より3年目に入っております。この間、公立図書館、大学図書館、学校図書館に勤務される司書の方々が受講され、最新の図書館についての知識と技術を学ばれています。
このようななかで、本学では、現職司書のリカレント教育を促進するための基礎情報を得ることを目的に、本年1月に関東地区の公立図書館、大学図書館における職員研修の実施および参加状況についてのアンケート調査を実施させていただきました。この度は、中部・近畿地区の公立図書館、大学図書館の職員研修の状況を把握させて頂くために、①研修担当者様向けアンケート調査、および②貴組織の職員様の個人としてのご意見を伺うためのアンケート調査を、送らせて頂きました。②のアンケート調査は、貴組織の職員様にご案内頂ければ幸いです。
 ご多忙のところ誠に恐縮に存じますが、本調査の趣旨をご理解いただき、何卒ご協力くださるようお願い申し上げます。
 なお、アンケート調査の結果につきましては、後日、本学のホームページで公開させて頂く予定です。

アンケート調査票全文:

① 大学図書館の職員研修担当者用

② 公共図書館の職員研修担当者用

③ 図書館職員(個人)用

履修証明プログラム「図書館員リカレント教育コース」については、こちらでご確認いただけます。

毎年この時期に開催されているドキュメンテーション学科の国際インターンシッププログラムが、本年は6月30日(金)-7月10日(月)の期間で、中国の北京大学情報管理学科の大学院生2名と学部生6名、台湾の世新大学情報コミュニケーション学科の学部生7名が参加して開催されています。

7月6日(木)6時20分から、国際インターンシップに参加している学生と図書館員リカレント教育コース履修生の交流会が開催されました。

最初に、図書館員リカレント教育コース履修生から、現在勤務している大学図書館、学校図書館、公共図書館の様子が英語で紹介されました。国際インターンシップに参加している学生からは、中国や台湾の図書館と日本の図書館の違いなどについて、活発な質問が出されました。

Dsc08185 図書館員リカレント教育コース履修生による図書館の紹介を聞く学生

Dsc08188日本の図書館の紹介をする図書館員リカレント教育コース履修生

Dsc08191学校図書館の紹介をする図書館員リカレント教育コース履修生

Dsc08200北京大学図書館の紹介をするインターンシップ参加学生

Dsc08208力強く世新大学図書館の紹介をするインターンシップ参加学生

Dsc08206真剣に話を聞くインターンシップ参加学生

Dsc08204スクリーンに見入るインターンシップ参加学生

日本、台湾、中国の図書館が紹介され、お互いに質問をする中で理解が進んだようです。その後、一緒に食事もし、夜遅くまでさらに交流が進展したようです。

(図書館員リカレント教育推進寄附講座 長塚 隆)

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS