図書館員リカレント教育推進寄附講座では、学長裁量経費による「図書館員の方への研修実態アンケート調査」を開始しました。


本アンケート調査の目的は、次の通りとなっていますので、図書館員の方のご協力をお願いいたします。


 現代社会を取り巻くICT環境の変化に伴い、現職の図書館員 、特に司書の有資格者への大学院修士課程に準じるリカレント教育が望まれています。鶴見大学では、「図書館員リカレント教育推進寄附講座」(紀伊國屋書店)と連携して、現職の図書館員のキャリアアップに繋がる実践的な内容の授業を2015年9月に開講しました。
 そこで、公共図書館あるいは大学図書館に勤務されている職員 の方々にご協力いただき、現職司書のリカレント教育を促進するための基礎情報を得るために、現在の図書館業務の研修の実態を把握することを目的としています。
 ご多用のところ恐縮ですが、是非とも本調査にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。

図書館員の方への研修実態Webアンケート調査内容のPDF版をダウンロード:QuestionnaireForLibrarian.pdf

図書館員の方への研修実態Webアンケート調査サイト:

https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/47570

パスワード:47570

接続トラブルへの対処:Internet Explorer(IE)11などで「この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります」のメッセージが出た場合には、Google Chrome、Firefoxなどをご利用いただくか。
IEの設定を、「右上の歯車マーク」→「インターネットオプション」→「詳細設定」→「発行元証明書の取り消しを確認する」のチェックを外し、「適用」をクリックの手順で変更ください。

この他に、関東地区の大学図書館と公共図書館の研修担当者あてに以下のアンケート調査票をお送りさせていただいております。

大学図書館研修担当者への研修実態Webアンケート調査内容のPDF版をダウンロード:

UniversityLibrary.pdfをダウンロード

公共図書館研修担当者研修実態Webアンケート調査内容のPDF版をダウンロード:

PublicLibray.pdfをダウンロード 

Page1

Page2

2017年春学期募集パンフレットのPDF版:

2017Spring.pdfをダウンロード

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS