台湾の姉妹校・世新大学では、10年ほど前から学部生は卒業論文ではなく卒業研究に代わり、3年生の後半から1年間5-6名のグループあるいは単独で教員の指導の下、卒業研究に取り組みます。11月末の学内での卒業展示に続き、12月16日(金)-18日(日)まで、学外での卒業展示が学外の施設(元映画スタジオ)で開催されました。長塚寄附講座教授が卒業展示の評価員として参加しました。鶴見大学ドキュメンテーション学科の姉妹校である世新大学情報コミュニケーション学科では、多くの学生が民間の企業の後援も得ながら、Webでの技能を持っている人を探索するサイト、観光案内サイト、レストランの登録・探索サイトなどを工夫して作成していました。

鶴見大学に国際インターンシップで来学した学生も多く、久しぶりに再会し、成長の姿が嬉しく感じました。

Img_1952(学外卒業展示の会場)

Dsc06133 (学外卒業展示の会場内の様子-1)

Dsc06125 (学外卒業展示の会場内の様子-2)

Dsc06124 (学外卒業展示の会場内の様子-3)

Dsc06127

(学外卒業展示の会場内の様子-4)

Img_1960(学生の卒業展示の評価を担当した教員)

Dsc06120(鶴見大学にも国際インターンシップで来学した学生の卒業展示コーナー)

Img_1963(卒業展示の企画と運営をした学生グループ)

詳細は、世新大学の以下のサイトで。

世新大學資訊傳播學系ホームページ:

http://ic.shu.edu.tw/

Facebook (2016 世新大學資訊傳播學系畢業展 |創心者 Innovators)

https://www.facebook.com/innovators.shuic/

(記:ドキュメンテーション学科図書館員リカレント教育推進寄附講座 教授 長塚 隆)

日時:2016/12/24 16:55

このページのトップへ

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS