まず手始めに、われわれ歯科衛生科の歴史を、皆さんにご紹介していきたいと思います。

歯科衛生科の前身は、昭和37年に開設した保健科です。

この科は2年間の課程で歯科衛生士受験資格、養護教諭および保健教諭の免許が取得できました。大変人気のある学科で応募者が殺到しました。

当時は、戦後の不況から脱却し経済も安定し、高度経済成長へと邁進している時(昭和3910月に東海道新幹線開通、東京オリンピック開催)でありました。それに反して子供・大人に関係なく、ムシ歯(う蝕)が蔓延していました。当時、ムシ歯は国民病とまで呼ばれていたのです。この時期に保健科が開設されたことは社会のニ-ズに適ったものでした。先輩諸氏は歯科衛生士として臨床の場や保健所等の機関で、また歯科保健指導のできる養護教諭として多大な貢献をしております。

ところで、歯科衛生士の士は「もののふ」とかきます。が残念ですが男子は応募できません。

悪しからず。

つづく

日時:2009/10/15 15:49学科の紹介

このページのトップへ

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
鶴見大学BLOGが携帯からも閲覧可能QRコード
RSSを配信しておりますRSS