« 2019年8月 | メイン | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月28日 (土)

9月24日~30日は結核予防週間

こんにちは 保健センターですhappy01paper

今月9月24日~30日は結核予防週間ですhospital

結核なんて他人事と思っていませんかsign02

結核は過去の病気ではない、重大な感染症なのですsign03

2018年度の統計では、新規登録結核患者数16,789人、死亡者数2303人weep

今でも1日に46人の新しい患者が発生し、5人が命を落としているsweat01

日本の重大な感染症ですannoysign01

今日は結核についてお話させて下さいconfident

cute結核とは?

咳やくしゃみなどの空気感染によりうつりますbomb

結核菌の混ざったしぶきが、咳とくしゃみと一緒に空気中に飛び散りsweat01

それを周りの人が、直接吸い込むことで感染するのですimpact

Photo_4

cute 結核の症状

肺結核の初期症状は、咳・たん・発熱など、風邪と同じ症状ですwobbly

ただし、それが2週間以上も続いたりup

良くなったり悪くなったり、繰り返すところが風邪と違いますbearing

2週間以上、咳やたんが続くようなら医療機関を受診しましょうhospital

早期発見は、本人の重症化を防ぐためだけではなくsign01

大切な家族や友人への感染を防ぐためにも重要ですpunchshine

Photo_2              参考:東京都福祉保健局

cute結核治療

ほとんどがお薬による治療ですhospital

症状が強い時は入院が必要な場合もありますsad

cute結核の予防

健康的な生活が予防につながりますclover

①適度な運動run

②バランスの良い食事restaurant

③十分な睡眠confidentsleepy

④定期的な健診で早期発見sign01胸部レントゲン検査でチェックできますwink

cute日本の結核

日本は、世界の中で、まだ中蔓延国(結核罹患率が人口10万対14人)ですbearing

これは先進諸国の数倍の高さ、米国の1970年ごろの水準なのですsweat02

Photo_5

2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでにsign01

結核低蔓延国(結核罹患率が人口10万対10人以下)の

仲間入りをするための対策が進められていますpunch

皆さんができる身近な対策として

早期発見!健康診断の胸部レントゲン検査でチェック!

早期治療!咳・たん・発熱など風邪症状が続いたら病院を受診しましょう!

学生の皆さん!必ず!毎年!定期健康診断を受診してくださいhappy02

近年では結核に感染する機会が減ってきており

BCG接種の効果も10年~15年ぐらいしか続かないためdown

大学生の多くは結核菌に対する免疫が低下していると考えられますbearing

結核が大学で発生すると、集団感染がおこる危険がありますimpact

本学でも、過去に定期健康診断の胸部レントゲン検査で

結核が発見された学生が数名いますsweat01sign01

幸いにも集団感染には至っていませんがweep

皆さん全員が定期健康診断を受けることで、集団感染の予防になりますので

必ず定期健康診断は受診して下さい。

参考:財団法人結核予防会 https://www.jatahq.org/

   大塚製薬 https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/tuberculosis/

2019年9月22日 (日)

今日はスワンスワンの日(22日)です!!

皆さんこんにちはhappy01note

後期が始まり、

大学中に皆さんの

楽しい声と笑顔があふれ始めましたhappy02notes

毎月22日はスワンスワンの日(禁煙の日)ですhappy01nosmokingnosmoking

禁煙を始めた方…頑張っていますかhappy01nosmokingsign02

禁煙したくても、なかなか禁煙できない方・・・

毎月22日だけでも禁煙してみませんかsign02

今月は「すぐ禁煙.jp」から、

『タバコの害について学ぶ

     ~タバコであなたの余命が短くなる~

     ~タバコをやめて“ここがよかった”~』

についてお伝えしますwinkheart03

(ファイザー株式会社が運営する「すぐ禁煙.jp」http://sugu-kinen.jp/は、

禁煙を目指す方にとって有益な情報を発信するサイトです。)

 

今から禁煙しても遅くない!余命が延びますnote

「禁煙」が頭をよぎったにもかかわらず、

「今さら禁煙しても間に合わない」

とあきらめている人はいませんかdespairsign02

確かに若いときに禁煙を始めたほうが、

余命を延ばすチャンスは高くなりますhappy02up

しかし、たとえ50歳であっても6歳、

60歳でも3歳は余命が延びる可能性があるのですscissors

禁煙の方法はいろいろありますnosmokingup

自分にあった方法を探して、ぜひ今日から禁煙を始めてみましょうnotenote

禁煙で取り戻せる余命(海外データ)

禁煙で取り戻せる余命
対象:英国の男性医師34,439例
方法:喫煙習慣および禁煙開始年齢と死亡との関連について、
   50年間にわたりコホート調査(1951年~2001年)。
Doll, R. et al. : BMJ 328 (7455) : 1519, 2004より作図
 
 
  

タバコをやめて“ここがよかった”happy01heart04

タバコをやめたその日から“よかった”を実感shineshine

「長年タバコを吸っているから、

今さら禁煙しても変わらない」と誤解していませんかcoldsweats02sign02

そんなことはありませんbearingheart03

タバコをやめた時点から、さまざまな効果を実感できますup

たとえば、タバコをやめた直後から、

家族や周囲の人が受動喫煙を受けるリスクがなくなりますup

また、衣服や部屋、車にタバコのにおいが

つくこともなくなり、周囲が不快に感じることもなくなりますup

タバコをやめて数日後には、味覚や嗅覚が鋭敏になり、

食べ物をおいしく感じるようになります1)up

そのほかにも、目覚めがさわやかになったり、

肌の調子がよくなる、口臭がなくなるなど、日常生活の中で効果を実感できます1)up

1) Brunnhuber, K. et al.:Putting evidence into practice:5, 2007
 
 

禁煙後の時間経過による変化とメリット(数時間~数日)

                             禁煙後
禁煙後数時間 一酸化炭素レベルが非喫煙者と同じになる 禁煙後数日 味覚、嗅覚が鋭敏になる
 
Brunnhuber, K. et al.:Putting evidence into practice:5, 2007より作図
 

禁煙後による日常生活の中で効果

肌の調子がよくなった
目覚めがさわやかになった 
 
衣服や部屋がタバコ臭くなくなった
Brunnhuber K, et al. Putting evidence into practice:
Smoking cessation BMJ Publishing Group: 5, 2007[L20071227005] より作図

保健センターでは、卒煙(禁煙)相談を行っていますwinknosmoking

タバコを本気でやめたい人や、

今度こそ禁煙したい人には、

本学歯学部附属病院内科卒煙外来と連携して、

卒煙教室を開催していますので、

気軽に保健センターまで

相談に来てくださいhappy01nosmokingnosmoking

まず、1日だけでも、卒煙始めてみませんかhappy02notenote

Maituki_cmyk        Passivesmokingmark_350dpi