« インフルエンザに注意です! | メイン | ノロウイルス感染について »

2018年12月22日 (土)

今日はスワンスワンの日(22日)です!!

皆さんこんにちはhappy01heart04

今年もあと2週間になりましたが、

皆さんいかがお過ごしでしょうかsnowsign02

インフルエンザ・ノロウィルスが流行る時期になりましたので、

体調管理に気を付けてくださいねwinknote

毎月22日はスワンスワンの日(禁煙の日)ですhappy01nosmokingnosmoking

禁煙を始めた方…頑張っていますかhappy01nosmokingsign02

禁煙したくても、なかなか禁煙できない方・・・

毎月22日だけでも禁煙してみませんかsign02

今月は「すぐ禁煙.jp」から、

『禁煙外来について

        -禁煙外来とはsign02-』

についてお伝えしますwinkheart03

(ファイザー株式会社が運営する「すぐ禁煙.jp」http://sugu-kinen.jp/は、

禁煙を目指す方にとって有益な情報を発信するサイトです。)

 

禁煙外来とはsign02

医師があなたの禁煙をサポートしますhappy01heart04

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できませんcryingheart03

病院のサポートを受けながら、禁煙を続けてみませんかhappy02nosmoking

禁煙外来は、総合病院のほか、

内科や循環器科、婦人科、外科、心療内科、

耳鼻咽喉科など、さまざまな診療科で行っていますup

禁煙外来では、医師が、あなたの喫煙歴を

きちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、

治療の経過を見守ってくれることですnote

禁煙中の症状(離脱症状)が起こっても、

診察で相談できるので、うまく続けていくことができますup

また、条件を満たせば、

健康保険等を使って禁煙治療ができますhappy02nosmoking

健康保険等を使って、禁煙ができますsign03

ニコチン依存症は病気であるということが

認識されるようになり、2006年4月から、

一定の条件を満たせば、健康保険等を使って

禁煙治療を受けることができるようになりましたhappy01sign03

その条件は、以下の4つですsign01

oneニコチン依存症の判定テストが5点以上

two35歳以上の者については、1日の喫煙本数に

 喫煙年数を掛けた数が200以上であるものであること

threeただちに禁煙を始めたいと思っている

four禁煙治療を受けることを文書で同意している

 
 

前回の治療の初回診療日から1年経過していることsign01

過去に健康保険等で禁煙治療を

受けたことのある方の場合、前回の治療の

初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となりますshockheart03

なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行いますdash

過去に、禁煙治療を行った人で、

再喫煙をしてしまっても、もう一度、挑戦できますshineshine

 

 

 

 
 

保健センターでは、卒煙(禁煙)相談を行っていますhappy02nosmoking

タバコを本気でやめたい人や、

今度こそ禁煙したい人には、

本学歯学部附属病院内科卒煙外来と連携して、

卒煙教室を開催していますので、

気軽に保健センターまで

相談に来てくださいhappy01nosmokingnosmoking

まず、1日だけでも、卒煙始めてみませんかhappy02notenote

Maituki_cmyk        Passivesmokingmark_350dpi