« 2018年2月 | メイン | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月22日 (木)

今日はスワンスワンの日(22日)です!!

 皆さんこんにちはhappy01heart04

昨日は関東でも32年ぶりに

3月に大雪となりましたが、

カゼなどひいていないでしょうかcryingsign02

もうすぐ4月ですtulip

大学に入学する、進級する、就職する…

皆さん新しい環境に楽しみと不安でいっぱいかもしれませんが、

頑張っていきましょうnotenote

毎月22日はスワンスワンの日(禁煙の日)ですhappy01nosmokingnosmoking

禁煙を始めた方…頑張っていますかhappy01nosmokingsign02

禁煙したくても、なかなか禁煙できない方・・・

毎月22日だけでも禁煙してみませんかsign02

今月は「すぐ禁煙.jp」から、

タバコの害について学ぶ-受動喫煙とは何か?-』

についてお伝えしますwinkheart03

(ファイザー株式会社が運営する「すぐ禁煙.jp」http://sugu-kinen.jp/は、

禁煙を目指す方にとって有益な情報を発信するサイトです。)

 

受動喫煙が大人に及ぼす健康被害twocoldsweats02sign02

受動喫煙は血圧を4mmHg上昇させますweepheart03

家庭や職場などで受動喫煙にさらされている人は、

血圧が上昇する傾向にありますshock

血圧には収縮期血圧(いわゆる上の血圧)と

拡張期血圧(下の血圧)があり、脳卒中や心筋梗塞を防ぐには、

血圧が高くなりすぎないことが大切ですweepsign03

ところが、本人が健康的な生活を心がけていても、

日頃から受動喫煙にさらされると、

収縮期血圧が4mmHg上昇することがわかりましたshocksign03

4mmHgの上昇は、心臓や血管の負担になりますcrying

国は、国民の収縮期血圧を10年間で4mmHg低下

させるという目標をたてていますbearing

それによって、脳卒中による死亡者が年間約1万人,

冠動脈疾患による死亡者が年間約5,000人減少すると

推計されているためですhappy02

血圧を上昇させない対策として、

タバコのない環境づくりを考えてみましょうhappy01nosmokingsign03

 
 
 
 

受動喫煙が非喫煙女性の家庭収縮期血圧に及ぼす影響sign03

受動喫煙有無と朝の家庭収縮期血圧 受動喫煙なし:113.1、受動喫煙あり(家庭のみ):116.2 (家庭と職場)116.8 受動喫煙にさらされると血圧が上昇
Seki, M et al.:J Hypertens 28(9):1814, 2010 より作図

受動喫煙が関与しているさまざまな病気sign03

タバコを吸わない人が、せきやたん、息切れなどが続くようになったり

気管支喘息、慢性気管支炎になる原因の1つが受動喫煙ですcrying

そのほかにも、糖尿病、メタボリックシンドローム、

精神疾患(うつ病・うつ状態)、認知症、化学物質過敏症なども、

受動喫煙が関与しているといわれていますbearing

喫煙は周囲の人にまで害を及ぼします。

これを防ぐために、タバコの生活を見直してみませんかweepsign02

 

受動喫煙による認知機能障害のリスク(海外データ)sign03

【受動喫煙の程度と認知機能障害のリスク】最も高い(0.8〜13.5ng/mL)1.44倍、中程度(0.4〜0.7ng/mL)1.13倍、軽度(0.2〜0.3ng/mL)1.08倍、最も低い(0.0〜0.1ng/mL)1.0
※ 受動喫煙の程度は、唾液中のコチニン(ニコチンの代謝物)の濃度により次の4グループに分類
0.0~0.1ng/mL:最も低い、0.2~0.3ng/mL:軽度、
0.4~0.7ng/mL:中等度、0.8~13.5ng/mL:最も高い
Llewellyn, D. J. et al.:BMJ 338:b462, 2009 より作図
 

喫煙・受動喫煙による精神的苦痛のリスク(海外データ)sign03

【喫煙者の精神的苦痛のリスク】2.15倍 【非喫煙者:受動喫煙レベルと認知機能障害のリスク】高度1.49倍、中等度1.30倍、軽度〜中等度1.23倍、受動喫煙なし1.0 さらに精神科入院のリスクは… 非喫煙者のうち、受動喫煙レベルが低レベル(0.70μg/L以下)の人に比べ… 喫煙差h3.74倍、受動喫煙レベルが高レベル2.84倍
Hamer, M. et al.:Arch Gen Psychiatry 67(8):580, 2010 より作図

受動喫煙による低~中音域の難聴のリスク(海外データ)

非喫煙者でも、受動喫煙があるだけで、受動喫煙なしの人に比べ受動喫煙ありの人は難聴リスクが1.44倍に、過去喫煙者の場合、受動喫煙があると、受動喫煙なし人に比べ受動喫煙ありの人は難聴リスクが1.30倍に
※(500、1,000、2,000Hz)
Fabry, D. A. et al.:Tob Control 20(1):82, 2011 より作図
 

保健センターでは、卒煙(禁煙)相談を行っていますhappy01nosmoking

タバコを本気でやめたい人や、

今度こそ禁煙したい人には、

本学歯学部附属病院内科卒煙外来と連携して、

卒煙教室を開催していますので、

気軽に保健センターまで

相談に来てくださいhappy01nosmokingnosmoking

まず、1日だけでも、卒煙始めてみませんかhappy02notenote

Maituki_cmyk        Passivesmokingmark_350dpi