エントリーシートを書く際の基本的なチェック事項

文の形式について
①誤字脱字はないか。
②文章が文法上おかしくはないか。
③内容に従って段落分けができているか。段落の最初は一文字分空けてあるか。
④文章途中で不自然な改行を行っていないか。 (不自然な位置から文を書き始めていないか。不自然な位置で改行を行っていないか。記入欄の両端を不自然に空けないで書くこと)
⑤一文が長くなり文章が不明瞭になっていないか。
⑥乱雑な字で書かれていないか。
⑦漢字で書くべき文字を仮名で書いていないか。
⑧話し言葉を使って記述していないか。
ら抜き言葉、い抜き言葉、なので、~したいです。などの話し言葉を使っていないか。
なので→よって、
~したいです。→~したいと考えています。~したいと思っています。
という表現にすることが望ましい。
⑨枠いっぱいに記入してあり、空白になっている行はないか。(情報量は多い方が良い)


内容について
①問われている内容にしっかりと答えているか。(問われていないことを長々と書いていないか。)
②文章を羅列するだけで表面的な内容の薄い記述になっていないか。伝えたいことをしっかりと掘り下げて読み手に伝えられているか。
③自分の考えや思いを独自の目線で具体的な例などを用いて読み手にわかりやすく伝えられているか。
④「適性」については、どういう点が自分の保育者としての「適性」であるのかという点について、しっかりと根拠を示してアピールしているか。
⑤保育の体験学習をしている場合には、そこで何を感じ、何を得たかを掘り下げて記入しているか。

※書き終わった後は、第三者に読んでもらい誤字脱字等、上記の点について問題がないかチャックしてもらうとよい。  

 今後、エントリーシートの提出を考えていらっしゃる方も、必ず上記について確認したうえで提出をしてください。

※エントリーシートの③「模擬授業や体験講座」については、どちらか一方で学んだ内容について記載していただければ結構です。両方を受講する必要はありません。

日時:2018/06/17 08:39

このページのトップへ