« 講座ニュースレター(No.1) | メイン | 歯科医師国家試験出題基準 »

2018年5月 1日 (火)

口腔機能低下症

Photo

 日本歯科医学会から「口腔機能低下症に関する基本的な考え方」が発表されています。平成30年3月です。口腔機能低下に「症」をつけて疾病として扱い、診断基準を設け、治療として対応する、という流れです。

疾患名:口腔機能低下症

病態:加齢だけでなく,疾患や障害など様々な要因によって,口腔の機能が複合的に低下している疾患。放置しておくと咀嚼機能不全,摂食嚥下障害となって全身的な健康を損なう。高齢者においては,う蝕や歯周病,義歯不適合などの口腔の要因に加えて,加齢や全身疾患によっても口腔機能が低下しやすく,また,低栄養や廃用,薬剤の副作用等によっても修飾されて複雑な病態を呈することが多い。そのため,個々の高齢者の生活環境や全身状態を見据えて口腔機能を適切に管理する必要がある。

とのこと。

さあ、国家試験受験生は大変です。また覚えるべき「山」が目の前に現れたのですね。。。

まずは原本を入手しましょう。oral_hypofunction.pdfをダウンロード

コメント

コメントを投稿

資料集

プロフィール

 鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座
 〒230-8501
 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
 電話 045(581)1001
 FAX 045(573)9599

リンク

  • 鶴見大学ホームページ
    鶴見大学ホームページ