« SNSの活用方法 | メイン | 災害支援 »

2011年4月13日 (水)

超高齢社会と歯科医学

Photo 歯学部2年選択教科 スタートしました。12Apr.2011

選択してくれたのは20名。例年よりも若干少ないですが、少数精鋭ということで。coldsweats01
第1回はオリエンテーション。班分け。自己紹介。森戸教授のミニレクチャ。

 班分けは名簿順に機械的に振り分け。自主的なグループ作りも提案したが「今まで話したことがない人とも組みたい」という積極的な意見がありgood、こちらが振り分けさせて頂きました。

 SNSも積極的に活用してゆきましょう、という話も伝える。
SNS参加状況
Blog: 4
twitter: 5
Facebook: 4

 といった利用状況。ただし、ほとんど重複。Blog頻回更新は1名のみeye
授業で活用はどこまで?というこちらの課題あり。われわれ教員は仕事上、他大学の先生方との連絡や交流に非常に役立っている、と考えているが、学生さん達はどうかな。

 各個人の意見・考えをグループで討議、まとめて他グループにプレゼンし、議論することで全体としての「まとめ」を得る、という手法に慣れていって欲しい。その際に各個人が「どう情報を得るか」がとても重要で、それがすべてのベースになることを早く身につけて欲しい。

 学会誌、成書(教科書)、Webなどなど、情報ソース(情報源)はいろいろあるも、そのソースの正しさや鮮度を判断できるようになることが大切。ネット検索は便利だが、プロの仕事に本当に必要な情報は微量で、雑多な誤情報の中にまぎれこんでいる。

 第2回の課題は何にしようかな・・・・

tsurumi_koureiをフォローする

コメント

コメントを投稿