« 地震その後(その1) | メイン | 命てんでんこ »

2011年3月18日 (金)

来年度の講義

Photo_2 来年度の講義日程をみると、半講座(補綴や保存の半分の規模の講座の通称)にしては「高齢者歯科、よくがんばっているな」と思わざるを得ません。

医療人間科学II(2年)
超高齢社会と歯科医学(2年)
う蝕学(3年)
生体材料と歯科医療(3年生)
加齢の科学(3年生)
高齢者歯科学(4年)
有病者・障害者歯科学(4年)
臨床実習・臨床座学(5,6年)
総合歯科医学(6年)

これだけの数と幅広さです。リストするとすごいです。。。
学部全体としてのバランス、気になります。多くの教員が他の講義のことなど、何も知らないでいるんでは?? と思ってしまいます。つまり、学部としての時間配分や人的資源の活用がうまくいっていない証拠のようにも見えます。

さらに教務員の削減が行われたので、事態は悪化の一途。本来の目的を見失ったリストラ、削減・縮小案などゴミです。もう少し頭を使ってゆかないと・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/364388/26220593

来年度の講義を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿