歯科医師国家試験出題範囲(高齢者歯科)

歯科医師国家試験出題基準(平成22年)高齢者歯科関連抜粋


【必修の基本事項】

 

必修2-A-ae

2:社会と歯科医学

A:患者・障害者のもつ心理・社会的問題

a. 疾病・障害の概念・構造

b. QOL(quality of life)

c. リハビリテーションの概念

d. ノーマライゼーション、バリアフリー

e.患者・障害者の心理

必修2-D-f,g

2:社会と歯科医学

D:保健・医療・福祉の制度

f.保健・医療・福祉・介護の各職種

g.地域歯科保健活動での各職種の連携

必修3-G-ac

3:予防と健康管理・増進

G:老人保健・介護保険

a.高齢者の医療の確保に関する法律

b.介護予防

c.介護老人保健施設、介護老人福祉施設、居宅サービス

必修3--c,d

3:予防と健康管理・増進

J:口腔清掃

c.口腔清掃行動

d.口腔ケア

必修7-C-ak

7:人体の発生・成長・発達・加齢

c:加齢による歯・口腔・顎・顔面の変化

a.歯の変化

b.歯髄の変化

c.歯周組織の変化

d.顎骨・顎堤の変化

e.顔面の変化

f.歯列・咬合の変化

g.顎関節の変化

h.筋の変化

i.神経系の変化

j.口腔粘膜の変化

k.唾液腺の変化

必修9-C- k

9:主要な症候

C:全身疾患による主な口腔症状

k.脳血管障害による咀嚼障害、摂食・嚥下障害

必修15-D-ad

15:治療の基礎・基本手技

D:治療の場

a.外来

b.入院

c.在宅

d.地域

必修15--ad

15:治療の基礎・基本手技

F:高齢者・要介護者の治療

a.治療環境

b.患者の体位

c.コミュニケーション

d.チーム医療

必修16-B-ae

16:チーム歯科医療

B:地域医療でのチームワーク

a.病診連携

b.診診連携

c.保健・医療・福祉・介護・教育の連携

d.家族との連携

e.地域連携クリニカルパス

必修17-AB

17:一般教養的事項

A:医学史、歯科医学史

B:医学・医療に関する人文、社会科学、自然科学、芸術などに関連する一般教養的知識や考え方

C:診療に必要な基本的医学英語

 

 

 

 

【歯科医学総論】

総論(I)-3-AH

 (I):保険医療総論

3:保健・医療・福祉・介護の仕組みと資源

A: 衛生行政の組織

B: 医療機関

C: 福祉施設

D: 介護施設

E: 医療関係職種

F: 福祉・介護職種

G: 医療連携

H: 保健・医療・福祉・介護の連携

総論(I)-4-H

 (I):保険医療総論

4:地域保健・地域医療

H: 在宅医療・在宅歯科医療

総論(II)-6-AG

 (II):健康管理・増進と予防

6:高齢者保健、高齢者歯科保健

A: 現状、動向

B: QOL(quality of life)、日常生活動作(ADL)

C: 高齢者の特性

D: 高齢者歯科保健

E: 高齢者の口腔保健管理

F: 地域支援事業

G: 要介護高齢者の歯科保健・医療

総論(VIII)-5-AI

VIII:診察

5:高齢者への対応

A: 身体的特徴

B: 心理・社会的特徴

C: 医療情報の収集

D: 診察

E: 評価

F: 要介護高齢者の歯科治療

G: 在宅歯科医療

H: 摂食・嚥下機能とその障害

I: 他職種連携

総論(X)-2-L

 (X):治療

2:治療の基礎

L: 高齢者の治療

 (X)-4-AF

 (X):治療

4:患者管理

A: 口腔内の評価

B: 全身状態の評価

C: 全身的偶発症

D: 術前管理

E: 術中管理

F: 術後管理

 

 

【歯科医学各論】

各論IV-(IV)-3-AL

IV:顎・口腔領域の疾患

(IV):主として全身に関連する疾患の病態と治療

3:全身管理に留意すべき全身疾患・状態

A: 呼吸器疾患

B: 心臓・脈管疾患

C: 消化器疾患

D: 泌尿器・生殖器疾患

E: 神経・運動器疾患

F: 精神・心理医学的疾患

G: 血液・造血器疾患

H: 内分泌疾患

I: 代謝性疾患

J: 免疫疾患

M: 高齢者

各論V-8-C

V:歯質・歯・顎・顔面欠損による障害とその他の口腔・顎・顔面の機能障害

8:特殊な装置による治療

C: 摂食嚥下補助床による治療

各論V-9-B

V:歯質・歯・顎・顔面欠損による障害とその他の口腔・顎・顔面の機能障害

9:管理

B: ホームケア、プロフェッショナルケア