2018年4月23日 (月)

専門コースの準備着々と。。。

Photo

臨床専科生の先生方には、「どんな専門知識・専門技術を学びたいか」のアンケートをとる計画です。

以下のような項目を考えています。

□ 有病高齢者への安全で確実な歯科診療の構築。                     

□ 歯科クリニックとしての在宅歯科医療の意味について。     

□ 在宅歯科医療の導入についての基礎事項についての知識。 

□ 在宅歯科医療の自院導入の具体的方策について。                 

□ 在宅歯科医療に必要な機材について。                                     

□ 在宅歯科医療参画に関する地域連携のスキルについて。     

□ 急性期病院における歯科の役割について。                             

□ 回復期医療における歯科の役割について。

□ 介護施設における歯科の役割について。                                 

□ 在宅における歯科の役割について。                           

□ 終末期医療における歯科の役割について。

□ 摂食嚥下リハビリテーションの基本(座学)。                       

□ 摂食嚥下リハビリテーションの実技研修。

□ 嚥下内視鏡の基礎についての座学。                           

□ 内視鏡操作の基本実習。                                                             

□ 嚥下内視鏡検査の臨床応用(実技研修)。                 

□ 内視鏡機材の自院導入の具体的指導。                                     

□ 摂食嚥下リハビリテーションの現場研修。

□ 内視鏡システムの導入(購入)指導。       

2018年4月21日 (土)

臨床専科生

Photo

 今年度は18名程の先生が臨床専科生に登録して下さいました。最近の特徴は、より具体的な「研修目標」をもって外部医局員になる、という点です。例えば・・・

1.在宅歯科医療を取り入れたい。

2.摂食嚥下リハビリテーションを実践したい。

3.嚥下内視鏡検査を自院で導入したい。

といったご希望です。

今年度は、できるだけ各先生のご希望に添うようなコースを設定して実施したいと考えています。

2018年4月19日 (木)

高齢者歯科ブログ再開します。

Photo


 ずっと放置していた講座ブログですが、今年度、主に臨床専科生(外部医局員)の先生、臨床研修医の先生に向けて再開します。

資料集

プロフィール

 鶴見大学歯学部高齢者歯科学講座
 〒230-8501
 神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
 電話 045(581)1001
 FAX 045(573)9599

リンク

  • 鶴見大学ホームページ
    鶴見大学ホームページ