こんにちは。ドキュメンテーション学科情報学コースの元木です。

いろいろ悩んでいる受験生の皆さん!

あなたの悩みを今年最後のオープンキャンパスで解消しましょう!

模擬授業もありますし、パソコンや古典籍の展示もあって直接触れることで、ドキュメンテーション学科を実感していただけると思います。

その時、在学生や教職員がご案内しますし、どうぞ気軽に声をかけて下さい。本当に何でも相談にのります。

受験で悩んでいるあなたのご来場を、みんなでお待ちしています。

平成26年度オープンキャンパス

平成26年 9月14日(日)13:00~ (15:30受付終了)

高校1・2・3年生と、保護者の方を対象としたオープンキャンパスを開催します。ドキュメンテーション学科のまなびの内容を詳しく紹介しますので、関心をお持ちの方はぜひ参加ください。

本学科の内容を詳しくお知りになりたい方は、ドキュメンテーション学科紹介ビデオをご覧ください。

ドキュメンテーション学科ホームページ

 4月20日(土)午後、ドキュメンテーション学科の新入生はバス2台に分乗して、横浜開港資料館と三渓園に出かけました。みなとみらいの町並みを過ぎると神奈川県庁の前に横浜開港資料館があります。横浜開港資料館の旧館は旧英国総領事館で、新館との中庭にはたまくすの木があります。初めに講堂で主任調査研究員の方から、現在特別企画展示をしている「スポーツがやってきた!」と展示資料についての説明を受けた後、資料室を見学しました。横浜開港当時のペリー提督の様子や関東大震災で焼け野原になった横浜の写真など、皆興味深く展示に見入っていました。

 1時間ほど見学した後、再びバスに乗って向かったのは三渓園です。原三渓が自らの住まいとして立てた建物鶴翔閣があり、大きな池と三重塔が有名です。池のコイに餌をやったり、三重塔の前まで丘を登ったり、原三渓の展示室を見学したり、まだ話したことがない友人とも話すことができ、交流が深まったことと思います。今年は、例年に比べて藤棚の藤が見事に美しく咲いていました。

 三渓園のある本牧からバスに乗って、横浜市内を車窓見学しながら、午後4時40分頃に鶴見大学に戻ってきました。帰りの車内ではすっかり話が弾んでいたようです。

  P1070162

        横浜開港資料館の講堂にて

  P1070166_14

             三渓園の美しい藤棚

                ドキュメンテーション学科 原田智子

diamond     diamond      diamond      diamond

平成25年度第一回オープンキャンパス

5月26日(日) 13:00~16:00 ※15:30受付終了
高校1・2・3年生と、保護者の方を対象としたオープンキャンパスを開催します。ドキュメンテーション学科のまなびの内容を詳しく紹介しますので、関心をお持ちの方はぜひ参加ください。

ドキュメンテーション学科ホームページ

 授業を超えた学びと交流を深める目的で、ドキュメンテーション学科の学生と教職員で結成された学内学会、ドキュメンテーション学会の年一回の総会と交流会が、714日(土)の午後に開催され、多数の在学生が参加しました。

Docsokai20120714

 ドキュメンテーション学会の総会は、1号館の401教室で行われました。最初にゲストとして世新大学から研修に来ている5名の大学院生から本日で2週間にわたる研修を修了するにあたって、挨拶と学科の学生との交流が深められたことへの感謝が述べられたあと、総会の議事に入り、昨年度の事業報告、会計報告、今年度の事業計画などが紹介され、承認されました。

Docsokai201207143

  総会終了後に、 記念館の食堂で、軽食を取りながら、卒業生も参加して、活発な懇談と交流が行われました。

Dockonsinkai20120714

鶴見大学ドキュメンテーション学会  鶴見大学司書・司書補講習 共催

講演タイトル:  米国議会図書館が提供する「World Digital Library」~現在のサービス内容と将来の方向について語る~

講 師: アリソン チャン(Allison Zhang)

米国議会図書館 ワールドデジタルライブラリー (メタデータ・マネージャー)

Zhang2_2

デジタルライブラリーのコレクション構築に10年以上かかわっている。主な主題分野はデジタルコレクションの構築やメタデータ戦略。

開催日 :2012年9月1日(土)

開催時間 :13:30~15:00
※講演会後に懇親会を行います。

会 場 :鶴見大学会館 地下1F メインホール
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町3-18
JR鶴見駅西口より徒歩1分
参 加 費 :無 料
申 込 先 :documentation@tsurumi-u.ac.jp

Postersishokosyuu20120901

ドキュメンテーション学科では,平成24年度も新入生を無事迎え入れました.1年生はまだ大学生としての新しい生活で戸惑っているかもしれませんね.

毎年,ドキュメンテーション学会では1年生を主な対象として,見学会を実施しています.

今年の春の見学会は,例年年度末近い2月頃に行っていたバスを利用したものです.鶴見大学附属中学校・高等学校を訪問し,三溪園へ行きました.

先ずは大学から徒歩で附属中高へ移動しました.副校長先生からお話を伺ってから,新校舎の中を4チームに分かれて,ご案内いただきました.新校舎は,教科エリア/ホームベース型校舎で,生徒は自分が受講する授業の教科教室へ自ら移動します.多くの新入生は,自分の高校生時代とは違う方法に驚いていました.私が同行したチームは,数学の教室で設備等も含めて,ご説明を頂戴しました.上下する黒板や,黒板へ投影可能なプロジェクタは圧巻でした.

Fuzoku

附属高校からドキュメンテーション学科へ来たS君も,同級生たちを案内する役を果たしていました.どうもありがとう.

その後,附属中高の先生方へお礼を伝え,徒歩で大学へ戻りました.そして,待っていたバスで三溪園へ向かいました.今年は,参加者の皆さんにサンドイッチとお茶を出しました.上級生が聞いたら怒られちゃいますかね.

三溪園に到着してからは各自,園内を散策する訳ですが,私は学生さんと一緒に三重塔や「さくらそう展」を見て回りました.いつも2月初旬に来ていたので,この春らしい三溪園を見るのは初めてで,興奮してしまいました.1年生は春を堪能できたのでしょうか.そして,バスに乗り込む前に,三溪園の入り口付近で集合写真を撮影しました.この写真は,集合写真を撮影中の団体を,斜めから撮影したものです.:)

Sankeien

実は,バス移動の途中で,赤レンガ倉庫や山下公園,外人墓地に港の見える丘公園を通ったのですが,2号車のバスの中は大変静かで,皆さん寝ていたようです.疲れちゃいましたか?

ドキュメンテーション学科教員 元木章博

共催:ドキュメンテーション学科   国際交流センター  文学部国際交流委員会

米国ノースカロライナ・セントラル大学図書館情報学科准教授で、 米国図書館協会(ALA)の全米評議員会議長や教育委員会議長なども担当されているIsmail Abdullahi氏より、現代社会における図書館と図書館員の役割について、講演していただきます。

(講演題目)

Creation of information and Knowledge Societies:The role of libraries and Librarians
情報知識社会における図書館と図書館員の役割

(講 演 者)
Ismail Abdullahi氏  Ph.D

Associate Professor,                                         School of Library and Information Sciences,                              North Carolina Central University
当日の講演は英語ですが、日本語訳付き資料をお配りいたします。
図書館に関係する多くの方のご参加をお待ちしております。

開 催 日 時
2011年12月7日 (水) 18:30-19:30
鶴見大学1号館402教室

参加費 不要

問い合せ・申込先:鶴見大学文学部ドキュメンテーション学科 公開セミナー担当
documentation@tsurumi-u.ac.jp

ポスター(PDF版)

Dr_ismail_poster20111207_rev2

 2011年7月9日(土)に、ドキュメンテーション学会の総会・懇親会・卒業生との交流会を開催しました。

 総会では、会員である学生および教員が出席し、2010年度の事業報告と決算報告、2011年度の事業計画と予算案についての報告があり、異議無く承認されました。引き続き学内で、懇親会が開催され食事と飲み物で歓談しました。その後、卒業生6名と2年生から4年生の在学生と教員、実習技術員が参加して、先輩との交流会が開催されました。

 在学生からは、主に就職活動をどうしたらよいか、在学中にどのようなことを学んでおいたらよいかなど、たくさんの質問が先輩たちに投げかけられ、先輩からは社会人としてたくさんのアドバイスをいただきました。出席した在学生は、とても参考になったようです。

 ドキュメンテーション学科および学会のますますの発展を願って、閉会されました。今回、参加できなかった卒業生や在学生も、次回は是非参加していただけることを願っています。

                       ドキュメンテーション学会 会長

                                  原田智子 記

こんにちは。元木です。

今日は、ドキュメンテーション学会恒例の見学会で、三溪園神奈川県立図書館に行って来ました。去年、好評だった「チャーターバス」での移動です。今年は、立ち寄る場所を減らして、それぞれの場所での滞在時間を確保しました。

先ずは、鶴見大学から三溪園へ。観梅会には、ちょっと早かったのですが、早咲きの白梅や紅梅、薄い黄色の水仙を鑑賞し、香りを愉しむことが出来ました。

次に、神奈川県立図書館への移動中のバスから、山下公園、マリンタワー大さん橋神奈川県庁横浜スタジアム赤レンガ倉庫などを眺めていました。そして、ドキュメンテーション学科待望の神奈川県立図書館に到着です。先ずは、図書館スタッフの方々よりご説明を受けました。その場で、貸出証の発行の説明も頂戴しました。

P1010655

その後は、各自、館内を見学させていただきました。早速、貸出証の発行を依頼して、本を借たり、展示の「平城京と万葉集」を鑑賞したりしていた学生さんたちもおりました。

鶴見大学ドキュメンテーション学会 鶴見大学司書・司書補講習の共催で、「第8回デジタルライブラリ国際セミナ-」を、9月4日(土)13時30分より鶴見大学会館で開催いたします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

本年は、台湾の世新大学から、国際的にも積極的な活動をされている林志鳳 先生をお招きして、台湾での図書館や図書館員の最新動向をお話ししていただく予定です。

本学で学ぼうと考えている高校生、ご父母の皆さまもご参加いただけます。

また、本学の司書・司書補講習を修了された皆さまのご参加を講習担当の教職員一同でお待ちしております。

開 催 日 :2010年9月4日(土)  開催時間:13:30~15:00
会 場:鶴見大学会館 地下1F メインホール
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町3-18 JR鶴見駅西口より徒歩1分
参 加 費 :無 料

※講演会後に懇親会を行います。(1F センタープラザ)

申 込 先 :documentation@tsurumi-u.ac.jp

講演タイトル:台湾における公共図書館・ 学術図書館の動向と図書館員の専門力の育成
(The Trends of Public and Academic Library in Taiwan: Milestones of The LIS Professional Development)

講 師:林志鳳 副教授 (Dr. Chihfeng P. Lin)  世新大学 (台湾)
    (国際図書館連盟(IFLA)アジア&オセアニア地区常設委員会委員・書記、国際図書館連盟(IFLA)情報リテラシー常設委員会委員)

第8回デジタルライブラリ国際セミナ-ポスター(8th-digital-library-20100904.pdfをダウンロード )

8thdigitallibraryseminar20100904

7月10日(土)12時30分から、ドキュメンテーション学会の会員である在学生、卒業生、教員が出席して、401教室で2010年度ドキュメンテーション学会総会が開催されました。

Sokai201001 Sokai20102

総会では、2009年度の事業報告と決算報告、2010年度の事業計画と予算計画の報告がなされ、異議無く承認されました。

総会終了後は、大学記念館1階の学生食堂で交流会が開催されました。在学生と卒業生含めて約170名の出席者があり、学年を超えての交流を深めることができました。

Konsinkai20101

交流会終了後には、図書館や企業に勤務している卒業生を囲んで、就職活動のアドバイスや現在の仕事の状況など、大学の授業では知ることのできない現場のお話などをうかがうこともできました。

卒業生の皆さん、有難うございました。また、大学に遊びに来てください。

                                [原田智子 記]