横浜市金沢区にある博物館、神奈川県立金沢文庫に行ってきました。

Photo_5

 金沢文庫はそもそもは、鎌倉幕府に仕えた金沢北条氏四代の蔵書のことです。その、かつての金沢文庫の旧蔵本や、北条氏の菩提寺だった称名寺に伝えられた文化財などを保存・研究・展示公開しているのが、現在の県立金沢文庫というわけです。

 今回金沢文庫を訪れたのは、所蔵されている古い資料を閲覧させていただくためです。事前に閲覧申請し、栄花物語や今鏡などの、鎌倉時代に作られた写本の断簡を調査することができました。特に栄花物語の断簡は、今回の調査でやっと正確な寸法が分かり、有益でした。ご対応下さった皆様、ありがとうございました。

 調査後に、現在開催中の企画展「金沢文庫発見ものがたり」も拝見しました。貴重な文化財の数々について、発見時の新聞記事などを添えつつ展示するという、とてもユニークな趣向でした。

 ついでに隣接する称名寺にも足をのばして、少しだけ散策。

Photo_6

 むし暑くても、梅雨の晴れ間はよいものです。亀も甲羅干しをしていました。

Photo_7

 (久保木記)

日時:2010/07/07 17:07研究活動

このページのトップへ